アルルカン







"ニア・イコール"




日本のヴィジュアル系メタルコアバンドによる1stアルバム。


近年増殖傾向にある、DIR EN GREYフォロワーの進化系(?)であるV系メタルコアバンドの
一角
と言える一組で、音楽的にはエレクトロニカ系のデジタル音も導入したいかにもイマドキらしい
ポストハードコア
で、ヴォーカルだけがV系でメロディーラインそんな感じの
キャッチーさ
を見せているが、バンドサウンドは普通にメタルコアと言うか今風デジタル要素入り
ポストハードコアと言えるだろうか!?


1曲目はデジタルサウンドに始まりいかにも今風なメタルコア、ポストハードコア系の
バンドサウンド
も登場、クリーンVoはやはりいかにもV系らしいナヨナヨ系チャラさも
見られるが、
それ以外は普通に今風なポストハードコア系サビは疾走、いかにも
イマドキっぽいチャラさのあるキャッチーさがあるな。2曲目はデジタルシンセと共に
デスVo
も登場するが、Aメロから急にチャラい女々しさを見せ始めつつも疾走するのう・・・!
ギターソロは普通にHM/HR的なシュレッド
を見せておりV系界隈のスキルの向上
感じさせてくれるな。3曲目はそこまでヘヴィでは無いグルーヴィーなノリ吸いの
スクリーム
が乗るワイルドな曲調で、4曲目もヘヴィ寄りの音作りデジタルシンセが乗りデスVoも登場、
クリーンVoが実にチャラいがこの辺はV系らしい部分だろう。中盤はブレイクダウン風だな。
5曲目はメロデス系メタルコアに接近したリフと共に疾走!音が軽くデスVoが弱いのが
惜しく、サビもどうにも女々しくチャラいんだがそこ意外は良いな(笑)。6曲目はイラッとさせられる
ラップ
に始まりデジタル音ヘヴィリフ、デスVoが登場、サビ等基本的にチャラい曲調だな。
7曲目もイマドキ系シンセが目立ったアップテンポ曲で、バンドサウンドはメタルコア寄りだが
曲調自体はライトで明るめのV系って感じだな。8曲目は怪しげなフレーズを奏でるシンセに始まり
ナヨナヨVoがどこかレトロな印象を放つ淡々とした曲だが、ベースがスラップを披露し
自己主張しているのう・・・!9曲目はピアノに続きV系っぽいツインリードが聴け疾走!ギターリフ自体は
今風のHM/HRだが曲調事態は昔ながらのライト寄りヴィジュアル系な印象があるだろうか!?
10曲目は軽い音作りだが今風メタルコアなバンドサウンドピアノも登場、デスVoも聴けるが
全体的にライトな面も目立っておりサビもいかにもV系なソフトさがあるな。
11曲目はピアノ、デジタルリズムが聴ける穏やかなバラードである。


今風のデジタル系のチャラさを導入したメタルコア/ポストハードコアではあるが、
そういった本格的なバンド勢と比べると軽めな印象があり、聴き易いと言えば
聴き易いのかも知れんが
やはりどうにもチャラさが強く、ただでさえ短小軽薄な
イマドキ系デジタルメタルコア、ピコリーモサウンド
ヴィジュアル系のチャラさ
融合しよりミーハーなムードを放っているのが個人的に好みじゃないなぁ・・・!(爆)
まぁ互いにチャラい畑のジャンル同士相性はいいのかも知れんが・・・!演奏面は
近代V系メタル通過型バンドなんで普通にHM/HRなスキルがあり良いが、ヴォーカルは
例によって例の如くナヨナヨした弱さが目立ち、デスVoはいかにも吸いの
スクリーム
って感じで一本調子な上に弱くそこも弱点だろうな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 墓穴  カレイドスコープ







もどる


inserted by FC2 system