Ark of Phantasm







"Destiny"




日本の打ち込みメタルプロジェクトの1stアルバム。


完全打ち込みのインストで長く活動する何気にベテランなコンポーザー/アレンジャーによる
記念すべき1stアルバムである!基本はHM/HRスタイルではあるがそのルーツは
ゲーム音楽にあり、それ故楽曲もメタルチューンのみならずインダストリアル系や
テクノ、トランス
アトモスフェリックなスタイルやいかにもサントラなシンフォさを
持った曲
まで実に幅広く、さらに本作は収録曲も実に雑多オリジナル曲アレンジが
混在、
しかも東方のみならず様々なゲーム(?)等の楽曲節操無く収録されており
今のようにピザといったらシェイキーズもとい、カヴァー、アレンジといったら
東方一色
みたいな状態になっていない古き良き往年の同人ムードを感じさせる
愛すべきアルバム構成ではないか・・・!

1曲目はハープ、ストリングス、笛の音雄大なムードを感じさせる
ちょいと長め穏やかな民謡曲。2曲目はこれまたハープで幕を開け
ベースも登場、
ストリングスもやはり顔を出しメタルどころかロック要素すら無い
アトモスフェリックというかイージーリスニングというか、そんな感じのムードがあり悪くは無いぞ。
3曲目はメタリックなギターリフインダストリアル系のデジタルサウンドが聴けつつ
牧歌的なシンセが勇壮なフレーズを奏で疾走!今と比べると流石に音は悪いがなかなかに
良いな・・・!
4曲目はこれまたイージーリスニング系穏やかなストリングスシンセ、
牧歌的なベース(?)
も顔を出すぞ。5曲目は妙に明るくほのぼのした
民謡風情が漂う穏やかな曲
でこれもロック要素は皆無サントラの流れを汲んでいるな・・・!
6曲目は東方曲聴き飽きたフレーズアグレッシヴな疾走メタルアレンジで展開!メインは
シンセだがベースがバックで自己主張しておりもし東方じゃなかったらお気に入り曲に
挙げている
だろう・・・!(爆)7曲目も東方で今度はピアノがメインとなっておりバッキングは
ハードロック
だが引っ込み気味穏やかかつ煌びやかなムードがあるな。
8曲目はトランスタイプのアレンジシンセやリズム等モロピアノもそんな感じだ。
9曲目はワイルドなノリのHM/HR中東風の怪しいエキゾチックなメロディー
インパクトを残しアップテンポでなかなかにアグレッシヴだな・・・!中盤のリードギターが
奏でるメロディー
がどことなくイトケン風(?)クサい勇壮さがあるぞ!10曲目は3rdにも
収録される曲で琴、尺八が聴ける煌びやかな和の要素打ち込みバンドサウンド
融合し爆走パートも顔を見せるクロスオーヴァー色濃い曲だ!11曲目はピアノ、ハープ
穏やかな空気を見せるスローチューン。12曲目はミドルテンポでリードギターが勇壮な
メロディー
を奏で打ち込みなのを除けばいい意味でオーソドックスなHM/HRである!
中盤でピアノも聴けるぞ。13曲目は東方が我が物顔でシーンに居座る直前に流行した
有名曲
トランス系のシンセがメロディーを奏で疾走するぞ!14曲目は前曲の
アレンジ違い
ピアノメインのデジタルリズムとなっているな。15曲目も昔流行った有名曲
エレガントなピアノクラシカルかつプログレッシヴなムードを醸し出し
打ち込みバンドサウンドも聴けミドルテンポながらノリの良いリズムで展開するぞ。
16曲目はまたしても聴き飽きて久しい東方ナンバーアグレッシヴな疾走メタルになっているが
打ち込みのためベーストランス風の空気を醸し出しているな・・・!17曲目は
ピアノ、ベースがメインで自己主張しており人間のプレイならばテクニカルだな。
途中で笛の音色ドラムソロも顔を出すぞ。18曲目は東方曲のオルゴールアレンジ
どことなくアンビエントというかアトモスフェリックなムードが強いのう・・・!


今のArk of Phantasmと比べると流石にアレンジもプロダクションも未熟な部分が目立つし
アルバム構成的にも多種多様な曲の寄せ集めみたいな感じが強く散漫な印象もあるのは否めんな・・・!
非メタル、非ロックRPGとかのサントラ色濃い穏やかで牧歌的な民謡系の曲が目立っており
収録曲18曲は流石に多くこれもまたダレを生み出す要因になってしまっているのう・・・。
最近のアルバムは完全打ち込みなのは相変わらずだがアレンジやプロダクション等
かなり進歩して来ている
のが伺える出来になっているがそれも長年かけてコツコツと
研鑽を積み重ねていった結果
である!本作のような下積みが蓄積されているからこそなのだ!
やはり人間はやればやるほど成長、進化するモノなんだなぁ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 67% お気に入り曲 Destiny  Mighty Obstacle  桜の木の下で舞踊る巫女
Fighting of the Spirits  千年城







"Chaos"




日本の打ち込みメタルプロジェクトの2ndアルバム。


全てのサウンドを打ち込み音源で表現しHM/HRサウンドを主体にしつつ様々なアレンジ、
ジャンルを聴かせてくれるコンポーザー
によるプロジェクトの2作目のフルアルバムで、
本作はオリジナル曲に加えカヴァー曲もあり、カヴァーするなら避けては通れぬ東方曲
収録、まるで往年のヴィジュアル系バンドがこぞって黒夢の“親愛なるデスマスク”
インスパイア曲をプレイするのと同じようなノリをここでも感じさせるが(爆)、
メインはあくまでもオリジナル曲なんで安心して頂きたい!

1曲目はメランコリックなピアノのみで構成された曲で、2曲目もピアノで始まる
すぐに打ち込みリフが顔を出しストリングス系シンセがメインメロディーを奏で
アップテンポで展開、リフの音はいかにも打ち込みメタルというよりはテクノ、トランスを
思わせるムード
があるが派手な煌びやかさは無くシンプルにメロディーを聴かせてくれる
アレンジ
になっているな。ギターソロもいかにも打ち込み然とした音色ネオクラ系の
速弾き
を披露する!3曲目は穏やかなアコギ、ピアノなかなかにキャッチーなメロ
聴かせてくれるメロウな曲で4曲目はエレクトロニカ系の打ち込みシンセ、ダンサブルな
デジタルリズムにピアノが乗るテクノ、トランス色濃い曲。5曲目はこれまたピアノに
デジタルサウンド
が乗るトランス系のアップテンポ曲。基本的に反復だが妙に長く
ミニマルが聴けるリスナー
ならともかくメタラーの耳だとダレを覚えてしまうのう・・・!6曲目は
ベース、ドラムがダンサブルなノリを醸し出しシンセがメインメロを奏でる曲でギターリフもオブリも無く
かなりスカスカでチープに感じられてしまう
なぁ・・・!後半ではドラムが手数多く暴れ
打ち込みギターソロ
も顔を出すぞ。7曲目は待ってましたのメタルチューンだが打ち込みバンドサウンドに
トランス系シンセ、リズムも乗っかりリードメロもシンセの音色でやはりダンスミュージック
要素が残っているな・・・。8曲目は東方アレンジ/カヴァー曲でこれまたダンサブルなノリのリズム
毎度お馴染みのメロをピアノが奏でサビでシンセも聴けるが全体的に大人しめのムードが漂う
落ち着いた感じ
だな。9曲目はリードギターが勇壮さのあるフレーズを奏で打ち込みだがバンドサウンドで
疾走する待望のメタルチューン
である!メロディーラインはどこかFFとか、ロマサガとかその辺を
彷彿とさせる感じで良いぞ!もっとこういう曲をやって頂きたいのう・・・!3分と経たず
フェードアウトしてしまう
のが惜しいわい!10曲目は再びテクノ、トランス系の打ち込みシンセ、
リズム
が目立ちピアノも聴けるエレクトロニカ系の曲。11曲目はキャッチーなピアノ
幕を開けストリングスの音色、打ち込みバンドサウンドも顔を出しアップテンポになる明るめのメロハー系(!?)。
リードメロはシンセが奏でそして途中からいきなり疾走開始!ストリングスフレーズもなかなかに
クサい
のう・・・!ラストもまた疾走でギターのメロディーが良いぞ!12曲目はこれまた
東方チューンでやはり聴き飽きた系のメロを今度は打ち込みギターが奏で疾走する
ピアノ入りHM/HRアレンジに仕上がっているな。13曲目は叙情的なピアノが空間に響く
メロウなバラードで中盤からストリングス系シンセも登場、こういうアレンジだとチープさ、未熟さが消え
純粋にメロディー、雰囲気を楽しむことが出来る
な・・・!14曲目は明るくポップなムード漂う
打ち込みバンドサウンドが聴け笛のような音色がメロディーを奏でるミドル曲。やはりアレンジはスカスカでチープだが
途中から疾走するぞ。15曲目は唯一の女性ヴォーカル曲でまるで昭和の場末のバーから
聴こえてきそうなオールドなシャレオツさを感じさせるやさぐれ歌謡ジャジー曲だ!ヴォーカルは裏声スタイルだが
かなり稚拙で線も細くピッチもハズしまくりで厳しいのう・・・!


HM/HRバンド、ミュージシャンよりもゲームミュージックに影響されているらしく、
メタルチューンのみならず穏やかなバラード系打ち込み色濃いデジタルチューン
様々なタイプのインスト曲が収録されておりメタルのアルバムを聴くというよりも
メタル要素のある曲もあるサントラを聴くような心境で対峙したほうが本質を深く
理解できるであろう!
ゲームサントラは元々プログレ等の影響が濃いジャンル
コアなメタルファンならとっくのとうにその良さを認知しているがやはり我々のような
メタル畑の人間としてはこの打ち込みサウンドはどうも物足りなく感じてしまうのも
事実じゃて・・・!非メタル曲が多いのも好みから外れる部分だな。アレンジ面もまだまだ弱く
チープさを拭えない隙間の多い音作りになってしまっており非メタル曲においても
リフやオブリは重要なのだという事を改めて思い知らせてくれるのう・・・!
ただバラード系はメロディーもムードも良くセンスを感じさせる仕上がりになっており
この辺は特筆すべき箇所であろう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 62% お気に入り曲 湖上の妖精、Get Set Ready、闇夜を切り裂く漆黒の翼







"Nova"




日本の打ち込みメタルプロジェクトの3rdアルバム。


M3等で音源を発表する自主制作ミュージシャンによる3作目の
アルバムで、過去のアルバムでは毎度おなじみ上海アリス幻樂団の楽曲をはじめ
他にもいろいろカヴァーを交えつつその中にオリジナルをちょくちょく
放り込んでいたようだが2nd以降は殆どがオリジナル曲で構成されるように
なったようだ。楽器は全て打ち込みオールインストのいかにも自主制作な
を出しているが音楽的には北欧メタルを思わせる冷たさ、透明感
持ち疾走するメロスピ系のスタイルからトランス、アトモスフェリックな
スローチューン
等多様性を持っておりホンマモンのメタルサウンド
シーン中にひしめく中前時代的に感じられるかも知れんが楽曲の
クオリティーはなかなか
でアレンジもそれなりにこなれた感を出しており
音色以外はあまり素人臭さを感じさせないのは良いな!

1曲目は透明感を放つピアノが煌き全て打ち込みのバンドサウンド
メタリックなアンサンブルを放ちライトに疾走!主旋律はシンセが
奏でておりやはり北欧の雰囲気を感じさせるのう・・・!ベースラインも
結構印象に残るな。
意外と長く8分くらいあるぞ!2曲目はどこか
エキゾチックなオリエンタル感を放ちストリングス、琴の音色が
どっかで聴いたことあるような(爆)和風のクサメロを放ち疾走、
ベースもうねりを上げどこかトランス風の空気を出しているのう・・・!
3曲目はトランス風のイントロから冷たいピアノが聴け打ち込みギターも
登場するライトな曲。4曲目はアコギ、ベースにストリングスが聴ける
叙情的なバンドサウンドの無い非メタルチューンで5曲目はモダン寄りの
リフ
に始まりファンタジックな、ファイナルファンタジーやロマンシング・サガ
思わせる勇壮でクッサイメロディーが聴けるアップテンポ曲である!
途中のクラシカルなフレーズもたまらんのう!6曲目はポップな色合い
見せるが笛の音色と共にアトモスフェリックな打ち込みサウンドを聴かせる
神秘的な面も持ち合わせておるな・・・!7曲目は郷愁を感じさせるメロウな
笛、ハープ、ストリングスが哀愁を放つバラード系と言える立ち位置の曲で
8曲目は琴、ベース、ストリングスにどこかメロトロンみたいないい意味で古い、
70年代を思わせるシンセ
が聴けるこれまた雰囲気モノの要素が濃い曲。
9曲目もスローな雰囲気重視だが久々にドラムが顔を出し昔のプログレ
思わせる所があるな。10曲目も大人しい古めの音質の曲だがチャーチオルガン
重厚さを出しておりますますオールドスクールのプログレっぽいな。11曲目は
久々のHR/HMサウンドが聴け多分おそらく何かのカヴァーっぽいが原曲は知らん。
トランス系のうねるシンセがリードメロディーを奏でギターリフは正統派の
ハードロック寄り
で良いな。


北欧メロスピからトランス寄りの打ち込み曲、和風クサメロ疾走チューン
クサクサ勇壮シンフォメタル、アトモスフェリックなバラードと何気に
幅広い芸風を持っており、全て打ち込みで中盤から後半にかけてスロー曲が
続き激しくダレを覚えてしまう
所が惜しいがクオリティーは決して低くは無く
シンフォニックで叙情的なシンセサウンド
を好むリスナーならメタラー、
非メタラー問わず楽しめそう
かも知れんのう・・・!カヴァー曲はまだあるが
もはや殆どオリジナルで活動していると見做して良いミュージシャンである!
上海アリス幻樂団ファイナルファンタジー、ロマンシング・サガの影響を
カヴァーという形ではなくオリジナルで発揮する、同人シーン以外のシーンでは
ごく当たり前の影響の受け方を見せており俺のような他所のシーンから参入してきた
リスナーにとっては非常にとっつき易い1枚ではなかろうか!?そもそも先人達に
インスパイアされる
というのはこういう事を言うのであり、まぁガゼットみたいに
なっちまうのは間違いだが他者の影響をそのままカヴァーで吐き出すのではなく
己の内にて消化吸収しオリジナル曲として発揮するのがフォロワー達の
本来あるべき姿なのだ!自身の個性はそんな中から生み出されるのだしな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 72% お気に入り曲 Tempest Edge、桜の木の下で舞踊る巫女 Returned、決意







"Glide"




日本の打ち込みメタルプロジェクトの4thアルバム。


先人達のカヴァーをしつつも受けた影響をオリジナル曲にて披露する、
他のミュージックシーンでは当たり前の事をキッチリやってる
打ち込み系ミュージシャンによる4作目のアルバムである!今回も前作同様
クッサイメロスピからテクノ、トランス曲、ポップ曲に
インダストリアルチューン
等幅広い楽曲がオール打ち込みによって
形成されているが前作と比べて明るくライトでポップな曲が増え、
バンドサウンドの無い雰囲気重視のアトモスフェリックチューン
連発されるような事は無いが全体的にメタリックな印象はさらに減退しておるなぁ・・・!

1曲目はピアノで幕を開け透明感あるストリングス、笛みたいなシンセ
叙情性を演出するメロウな曲で続く2曲目はゴアトランスというか
インダストリアルな電子音にギターも登場しアップテンポになる
モダンな打ち込みラウドロックである!3曲目はメロスピの疾走感
まるでロマンシング・サガみたいな勇壮でクッサイメロディーを奏でる
シンセが乗ったファストチューンである!リフは弱くオブリも皆無
アレンジは練られていないがメロの良さで楽しめる曲だな。4曲目はピアノが
明るさを演出しポップに展開するミドル〜アップテンポ曲。5曲目は
刻み込むリフにシンセが主旋律を奏でハープの音色も顔を出す前作に
わりかし近い雰囲気のアップテンポチューン
だ。6曲目は毎度おなじみ
上海アリス幻樂団カヴァーでピアノが目立ち軽めの疾走で展開、
鼓太蝋氏の楽曲を打ち込みにしてさらにライトにした感じだろうか!?
ドラムの音が実に80年代チックでベースはダンスミュージック風だな。
7曲目はギター主体の出だしからピアノも登場する明るめのポップな曲。
8曲目は完全にトランスの色合いを醸し出した打ち込みサウンドが聴ける
ダンサブルなアレンジが施されているな。冷たいピアノもいかにも
そんな感じだ。9曲目はメタリックなギターリフが聴けトランス系の
スペイシーなシンセ勇壮なメロディーを奏でどこかロックマンの
サントラ
を思わせるフレーズがフックを放っており全体的な雰囲気は
80年代のメタルに近いか!?10曲目はピコピコしたシンセ、ピアノ
目立ったポップな曲で11曲目も打ち込み色濃いピコピコ系だがリズムは
プログレ的なテクニカル要素があり笛のような音色がメロディーを奏で
どこかフュージョン的な空気があるのう・・・!12曲目は前作の曲
“桜の木の下で舞踊る巫女”女性Voを入れたヴァージョン
ヴォーカルはかなり声量不足で弱弱しい低音で媚びない
歌い方
をしておりその点は評価できるだろう・・・!


前作と比べて音圧が下がったのかどうかは知らんがバッキング全般が
弱くなった
印象があり主旋律の裏で主張するオブリ系統が皆無なのが
どうにもショボさを感じさせる要因となっておるのう・・・!
前作もリフやオブリは弱かったんだがまだハープのアルペジオが聴けたり
ベースラインが何気に目立っていたりしたからなぁ・・・!
また今回6分を超える長めの曲が多いが曲構成は繰り返しが主体
実にシンプルなものでその分やはりダレを感じさせどうにも気になるが
メロディーセンスは前作より向上キャッチーなフレーズを
持った曲が増えた
のは良いな。




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 69% お気に入り曲 Heaven or Hell、Force of Wing、
Play Tag in the Battle Field







"Life Additional Package"




日本の打ち込みメタルプロジェクトの5〜6thアルバム。


打ち込みサウンドによるメロディアスなHR/HMを基本としつつもポップチューンから
テクノ、トランス、アトモスフェリックインダストリアル系まで打ち込みである事を
生かして様々なスタイルの曲を聴かせるインスト系プロジェクトの5作目のアルバムだが名義上は
5作目と6作目の混合アルバムという事になっているようだ・・・。よく判らんが
雑誌の増刊号みたいな立ち位置なのかね!?

1曲目はドラムで幕を開けキラキラしたシンセ、打ち込みギターメタリックな質感を放つ
メロディアスなミドル〜アップテンポチューン
でシンセの音色は北欧メタルに近い感じだが
インストな事も手伝ってかどこかゲームのサントラでありそうな雰囲気も感じられるのう・・・!
2曲目はピアノリフにどこか穏やかかつダンサブルなリズムが聴けホーン・・・というか
サックスの音色も登場、早くもメタル色は薄れるが3曲目はメロウなピアノに始まり
バンドサウンドも顔を出しシンセと共に疾走開始!普通にメロスピに近いノリになるが
その後は再びテンポダウンしキラキラ感に満ちたシンセが北欧的なムードを醸し出すぞ。
何気にベースラインも耳に残るな・・・。打ち込みギターソロも聴けるぞ!4曲目は
うってかわってインダストリアルなダークさを持った電子音が前面に押し出されたモダンな
質感を放つ曲。
ストリングスシンセも無機質さの演出に一役買っておりバンドサウンドも
まさにそんな感じのへヴィさがあるぞ!5曲目は引っ掛けるようなリフで疾走しシンセが
リードフレーズを奏でる疾走チューンでメロディーラインがどこかロマンシング・サガ風
メロスピというよりはゲームサントラメタルに近いスタイルだな。6曲目は笛による和の
メロディー
が聴けダンス系の打ち込みリズムで展開するトランス寄りの曲。展開が一切変わらない
ワンパターン状態なのがダンスらしい所か!?7曲目はピコピコしたシンセが聴けるこれまた
ダンス的な色合いを持ったポップな曲だ。8曲目は切り貼りされた(?)アコギがデジタルミュージック
様相を醸し出しその後はやはり電子音シンセ、リズムで展開していくロック要素の無い曲。
9曲目はストリングス、ピアノ等シンセ主体のアップテンポチューンでギターは無いが
本作の中ではまだメタルに近いほうか!?10曲目はいきなりストリングスがドラマティックに
盛り上がり強烈にイトケン臭を漂わせちょいダサめの(爆)ホーンがどこか哀愁漂うフレーズ
奏でる勇壮な雰囲気の曲である!っていうか曲名からしてロマサガ曲のカヴァーか何かなのかね!?
もしくはインスパイア系か!?11曲目はピアノ、笛、ベースダンス系リズムが聴ける
穏やかな曲。そして12曲目は打ち込みながらも強烈なメタル魂を感じさせるカッコいい
ギターリフ
で始まる疾走チューンだ!まぁその後のリフは微妙なんだが・・・(爆)。メロディーはシンセが奏で
やはりどこかイトケンライクな雰囲気を感じさせるのう・・・!


良く言えば幅広く、悪く言えば散漫だった前作と比べてそこそこメタルの比重が
高まっている
がやはり非メタルナンバーも多く、完全HR/HMを期待すると肩透かしになるが
キラキラしたシンセワークは北欧メタルに近い質感を放ち全編インスト、オール打ち込み
いう事もあってかどこかゲームサントラに近い部分もありメロディーもそこそこ良く
健闘しているのが判るだろう・・・!
本作以前もそうだがメタルチューンはもうちょい
リフやオブリに力を入れたらさらに良くなるだろうな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Raging Soul、Around The World、
Limitation Break、The Great Battle、Romancing佐賀、輪〜Rin〜







"Sphere"




日本の打ち込みメタルプロジェクトの7thアルバム。


全ての音を打ち込みで表現しHM/HRスタイルを軸としつつもメタルバンド、ミュージシャンからの
影響ではなく
おもにゲームミュージックからの影響が強く、テクノ、トランス、アンビエント、
エレクトロニカ系
などデジタルサウンドの要素も目立ったインストをプレイするコンポーザーによる
7作目のアルバムである!前作がCD1枚で5作目と6作目を兼任していた(!)ため本作は枚数だと
6枚目
だが実際は7作目である!

1曲目はチャーチオルガン打ち込みバンドサウンドが乗り疾走するメタルチューン
短いのが気になるがまぁイントロ扱いだと思っておくか・・・(爆)。2曲目は2作目のアルバムに
収録されていた曲のリメイク
だがプロダクションが段違いに向上しており打ち込みではあるがあの頃の
チープさは見事に消え失せ
しかとした説得力に満ちた(打ち込みだが)メタルサウンドに仕上がっている!ただ原曲は途中から
疾走
していたがこっちは終始ミドルテンポで展開しておりそこで評価が分かれそうではあるな・・・!
せめてこっちでも疾走してもらいたかったわい!3曲目は穏やかなアコギが聴けるメロウなバラード系の曲。
4曲目はスペイシーさを感じさせるシンセにベース、ドラムが聴ける軽快なアップテンポで展開しリードギターが
メロディーを奏でるキャッチーな印象のあるポップさの強いメロハー系だ。5曲目は
前作に収録された疾走メタル曲のヴォーカル入りヴァージョンでゲストで世の漆黒の胡桃坂庵嬢が参加、
線は細いが気だるい味のある歌唱を披露
しているな。リレコーディングはしていないのか音は急に軽くなるが
何気にギターの音に説得力があるのう・・・!6曲目はストリングスで幕を開けノイジーな音、
枯れたピアノ
が実に怪しいムードを醸し出しアトモスフェリックな要素も感じさせそして軽い
打ち込みリズム
穏やかかつ荘厳なストリングスが顔を出しソプラノの聖歌風クワイアも登場、
シンフォニックさとアンビエントの融合と言いたくなるドラマティックさがあるぞ!
そして7、8曲目は2、5曲目のインストヴァージョン。2曲目は元々インストだったがリードメロのない
マイナスワン方式
である。ギターでコピれという事だろう!(爆)


過去作・・・特に初期の頃と比べるとアレンジ能力もプロダクションも段違いでアルバム出す毎に
着実にレベルアップしているという事がハッキリと判る強力な1枚である!個人的には2ndを聴いた
直後に聴いた
んで余計にクオリティーの差に驚かされたわい!トランス曲が目立っていた過去作と
比べるまでも無くHM/HR曲の比重が高まっておりそういった部分でもメタラーに嬉しい仕上がりになっておるのう・・・!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 邂逅への扉、闇夜を切り裂く漆黒の翼 Returned、
Around The World Vocal Arrange







"Eternity"




日本の打ち込みメタルプロジェクトの8thアルバム。


メタル、メロスピスタイルの疾走チューンをメインとしつつもメタル以上に
ゲームサントラからの影響が強く
そういった曲や打ち込みの特色を生かしたトランス系の曲
プレイする打ち込みインストメタルプロジェクト通算8作目のアルバムである!
かつてはアレンジ、カヴァーを例に漏れずやっていたが今は完全にオリジナル一本と言う、
安易なカヴァーで利益主義に走るコンポーザーに見習って頂きたい姿勢を見せているが
今回は新機軸としてゲストを招き過去曲を生ギターでアレンジしておる!完全打ち込みの
ポリシーに拘るのも良いがやはりメタラーにとっては生音のほうが良いからなぁ・・・!
またアルバム構成としては前半が疾走メタルチューン、中盤でゲームサントラ系、後半は
これまたゲスト参加のコンポーザーが手がけたデジタル系となっておりメタラーが楽しめるのは
主に前半になってしまうがやりたい事を臆面無く拘ってやるその姿勢や良しである!

1曲目は打ち込みだがモダンなゴリゴリさを見せるギターリフで幕を開け疾走!
パワフルさを醸し出しリードメロはトランス系のシンセだがパワフルなギター、
ベースに耳が行くのう・・・!
2曲目はコミカルさを感じさせるカントリーライクな
バンジョーっぽい音色
にいかにも打ち込み然としたギターサウンドで疾走しリードメロは
妙に牧歌的で穏やかさのあるシンセとなっておりポップともメロハーとも言えない
独特のほのぼのメタルとなっており好みはどうあれかなり面白い曲調に仕上がっているのでは
なかろうか!?
打ち込みギターソロもカントリーライクなメロディーを奏でておりまさに
カントリーメロパワ(?)という異質のジャンルが出来上がっておる!(爆)3曲目は過去曲の
生ギターアレンジ
になっておりピアノの緊迫感あるイントロから生のメタルギターが
ピロピロ舞い勢い良く疾走開始!
かなりギターが前に出て来るプロダクション
なっておりドラムが奥に引っ込んでしまっているがやはり生の音は良いのう・・・!
説得力、迫力が段違いである!ギターテクも中々にタイトメロディアスな
ソロワーク
も良いな。4曲目はイトケンを彷彿とさせるメロディーを奏でるシンセがメインを張る
アップテンポ曲でギターリフは無くゲームサントラに近い曲調となっており物足り無さはあるが
懐かしさも感じさせるか!?5曲目はいかにも打ち込み然としたピアノ、ベース、ドラム
湿った叙情性を醸し出しデジタル音が目立つわけではないがベースがかなり動き回っており
リズム等どこかダンサブルな印象を見せているな。途中で笛の音色やドラムソロも聴けるぞ。
6、7、8曲目は1、2、3曲目のリードメロ無しヴァージョンマイナスワン方式となっている。
9曲目はうねるデジタル音ストリングス系の音色が顔を出しリズムは完全に
電子音
無機質さはあるがストリングスは結構クラシカルでシンフォニックな印象があるな・・・!
途中からピアノも顔を出すぞ。10曲目はこれまたサイバーさ満点の機械的なリズム
インダストリアルな緊迫感あるムードを演出、ダンサブルというよりは
むしろサントラに近い曲調だな。途中から荘厳なチャーチオルガンも聴けるぞ!
11曲目はストリングス、ハープ系の音色が神秘的なムードを放ち無機質なデジタル音、
淡々としたピアノ
のリズムで暗くシリアスに展開するこれまたサイバー系サントラに近い雰囲気の曲だな。


全11曲だがその内3曲が収録曲のマイナスワン方式で、しかもその後にゲスト参加の
デジタルチューン
があるためアルバム収録曲のバランスがちょいとおかしい事になっているが
中盤のトランス曲2曲はともにイトケンタイプのためギターが無い事を除けばメタラーでも
十分に楽しめる仕上がり
になっていると言えよう!ラストのデジタル曲3曲トランス
言うよりはインダストリアルな無機質さが強くありがちな軽薄さが微塵も無いのが好印象である!
それとやはり生ギターはアルバム内でも特に光を放っておりさらにクオリティーを上げたい、
さらに多くのリスナーに聴いて貰いたいと思うのであれば本格的にギターやベースを
生にしたほうが良い結果が得られる
であろうな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 Destiny Returned  Tempest Edge  Fatal Combat







"Unison"




日本の打ち込みメタルプロジェクトの9thアルバム。


打ち込みサウンドのメロスピを主軸としつつもそのルーツはHM/HRよりもむしろ
ゲームミュージックにあるコンポーザーによる通算9作目の最新アルバムで、
ここ最近はシーンのニーズに合わせたのかゲストを多数呼びヴォーカル曲
やったりギターを生にしたりとよりメタラー好みの方向性を見せ始めているが
その一方でまたゲームサントラの流れを汲んだ非HM/HRチューンインダストリアルな
楽曲
も収録し、これが意外と良質な仕上がりを見せていた・・・!そして本作はさらに
方向性を絞った
ようで大半が疾走〜アップテンポのHM/HR色濃い楽曲で占められており
アルバム全体を通して統一感が出た印象があるな。

1曲目はシンセの音色で幕を開けやはり打ち込みらしい無機質さのあるギター
顔を出しそして疾走!全楽器打ち込みではあるが音圧はありストリングス系の
音色を放つシンセのフレーズ
も良いのう・・・!ギターソロは正統的なHM/HRらしい
フレージング
である!2曲目はゲームサントラに近いムードを放ちつつもギターが
リードメロを奏で
アップテンポで展開、勇壮さがあるもメタルと言うよりはやはり
ゲームミュージック的だな。3曲目はちょいインダストリアル風のムードを見せつつも
パワフルに疾走!ストロングなメロパワ要素を感じさせオルガンの音色がリードメロを
奏でており
後半付近ではクラシカルなピアノソロも顔を出し流麗に舞っておるのう!
4曲目はチャーチオルガンが荘厳さを放ち様式美的なムードを醸し出すミドルテンポの
シリアスなメタル
となり非疾走ながら雰囲気モノとしてなかなかに聴かせてくれるぞ。
5曲目は無機質な音作り機械的なムードを見せたかと思いきや荒々しい打ち込みの
ノイジーなリフにピアノが乗り疾走!
メタルと言うよりはインダストリアル、トランスに
近い感じ
だが途中これまた流麗なピアノソロストリングスも顔を出すぞ。6曲目は
意外と正統派HM/HRに近いノリ打ち込みリードギターが聴ける曲だがガチのメタル
言うよりはどこか戦隊モノのテーマ曲っぽいか!?ハモンドソロも顔を出すぞ。7曲目は
これまた正統派のHM/HRに近いノリの曲だがここに来てついにギターが生になり
なかなかにタイトなプレイ
を披露しておる!8曲目も生ギターによる楽曲過去曲の
リメイク
となっており泣きのリードギターに始まりメタルコアに通じるハモリリフ
披露するも曲調自体は正統派に近くリードメロがイトケンに通じる
クサさ
を見せており良いのう・・・!ネオクラシカル系のフレージングも顔を出し
様式美メタラー、クサメタラー好みの楽曲に仕上がっておる!9曲目は
メロウなピアノに始まりチープさはあるがシンセの音色が物悲しさを放つバラード系の曲だ。
10曲目以降は本作収録曲のリードメロ抜きのある意味インストのインスト(?)である。


これまではメロスピ、メタルチューンを主軸としつつもゲームサントラ的な曲や
インダストリアル系の打ち込み曲
も目立ち良くも悪くも散漫としていたというか
アルバムの流れを考えずただ曲を放り込んだだけのような印象があったが本作は
楽曲の方向性をある程度HM/HRに絞ったおかげか上記したよう全体的に統一感が
出た
印象がありアルバム1枚を一つの作品として楽しむ我々のようなリスナーに
とって嬉しい構成になった感があるな・・・!アルバム後半では生ギターの楽曲
顔を出し打ち込みも進化して来てはいるがやはり生音には到底及ぶはずが無かろう!
いつの日か完全生ギターのアルバムをリリースして頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 未来へ続く道  IMPERIAL KNIGHT  決意







"ESKO FAMNA"




日本の打ち込みメタルプロジェクトの企画アルバム。


ゲームミュージックをルーツとし、最近は生ギターも積極的に導入しているが
あくまでも打ち込みのインストと言うポリシーを貫き通す、ある意味オールドスクールな
正統派の同人HM/HRをプレイするコンポーザー
による企画盤で、本作はHM/HRでは無く
ゲストミュージシャン
を複数迎え架空のRPGのサウンドトラックと言うコンセプトを
打ち出してきた!コンポーザー、ファン問わず今でこそ俺を含めガチのメタル畑の
人間
が増えてきているが元は同人音楽と言ったらアニメソング、ゲームミュージックの
畑のモノ!
俺もゲームは齧ってきたがアクションオンリーRPGは数える程度にしか
触っておらん
ので何とも言えんが非HM/HRファンタジックなサントラのムードが強く
そういうRPG関係が好きなリスナーなら楽しめる(共感出来る?)仕上がりになっているぞ!

そんなわけで音楽的にはメタルどころかロック要素すら無い、架空ではあるがガチの
サントラ的仕上がりを見せており
1曲1曲は短いが28曲も収録されておりますます
本気のサントラである!オーケストレーションが当然ながら打ち込みなのが余計に
ゲームっぽく、
映画のそれとはまた雰囲気が異なっているのう・・・!穏やかな曲
基本的に目立っているがやはりゲームサントラだけに場面場面に応じたアレンジが
施されており、
曲によっては民謡ライクなムードを醸し出していたり、焦燥感を煽る
アップテンポ
で展開する曲や勇壮なムードを醸し出すシンフォニック寄りの曲
あったり、民族的な儀式ムード漂う曲やジャズ的なノリで勢いを見せるテクニカルな曲
サントラだけに曲調はなかなかに幅広さを見せており、例によって(?)特に後半が聴き所
22曲目なんかシンセの音は非常にチープ垢抜け無くとも哀愁漂うクサメロを
聴かせてくれる良曲
である!24曲目も凄まじく垢抜けないながらもそれがクサさを
演出する勇壮チープ系のアップテンポ曲
で26曲目はRPGお約束チャーチオルガンが
舞い踊るイトケン的様式美系クサメロチューンだ!
メタルではないがドラムはツーバスも
連打
され完全クサメタル仕様だが何とビートダウン(?)も登場!


完全ガチのサントラ仕様となっておりHM/HRを期待してはいけないがこういった
昔ながらのRPGが好きなリスナーならば楽しめるアルバムだろうな・・・!サントラだが
ユーロロックプレスのレビューにコッソリ紛れ込んでそうな1枚だと言えるか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 64% お気に入り曲 勇敢に歩け  My Bitterest Romance  この刃にかけて(元祖)
星屑の石棺  The Sword of Justice  災厄の残月、から笑う孤高







"ESKO FAMNA2"




日本の打ち込みメタルプロジェクトの2nd企画アルバム。


完全打ち込みながらも北欧メタル、メロスピの影響下にあるインストのHM/HR
プレイするキャリアの長いコンポーザーだが、どうやら本来のルーツゲームミュージック、
サントラ系
らしく、架空のRPGのサントラと言う企画盤を前にリリースしていたが
本作はそれの2作目である!そんなわけで複数のコンポーザーがゲスト参加しており
音楽的にもいかにもゲームサントラってな感じで、全34曲と短い曲が大量に収録されておる!

そんなわけで前作同様の方向性を見せる仕上がりとなっており、ストリングスシンセ
メインにいかにも打ち込みなベースラインが目立ちつつも牧歌系民謡ライクな曲調
結構多く、1曲1曲が短いんで音楽としてガッツリ聴き込むと言うよりも文字通り
BGMとして流しておくのが正しい鑑賞法かも知れん
のう・・・!勿論ゲームサントラの
ルーツはお城系プログレ
なんで、プログレッシャークサメタラーの心に引っかかるような
楽曲も確かに存在しており、6曲目はメロスピと言うよりもイトケン丸出しの哀愁漂うクサさを
放つアップテンポチューン
で、10曲目はいかにも打ち込みなギターハードロック的な
ノリ
を放っており13曲目はシンセの音作りこそ相当にチープなれど軍歌的な勇壮さ
醸し出す硬派な曲だ!14曲目はベース、ドラム手数の多さを見せ疾走感を放ち
メタルでは無い
のでギターは無いスリリングなシンセが舞うプログレ要素のある曲
18曲目も相当にイトケン臭漂う哀愁ストリングスシンセクサさを放つアップテンポの
ゲームミュージッククサメタル(?)
で、21曲目はプログレ要素の強いシンセドラムが聴けるのう・・・!
22曲目も勇壮さのあるシンセが目立ったアップテンポ曲だがちょいと淡々とした印象もあり、
23曲目もまたプログレハード色濃いシンセメインのアップテンポ曲で、24曲目も打ち込みギター
ハードロック的なノリを放っておりピアノも顔を出すぞ。26曲目はシンフォニックな
オーケストレーション
トランス系のデジタルサウンドが融合し疾走パートも顔を出す
なかなかに劇的な曲である!28曲目は打ち込みギターが勢いを放つ、本作の中では最も
HM/HRに近いアップテンポ曲
メロパワ的な要素もあるぞ!32曲目はトランス系シンセが目立ちつつも
メタル的な疾走感も備えたファストチューンである!


もはや言うまでも無い話だが、ゲームサントラメタルプログレがルーツとして
存在しておりFFロマンシング・サガ等の楽曲からHM/HRの世界に足を踏み入れた者
数多く存在する位である!故にこういうアルバムにも需要はあるが、やはり俺は昔こそそれなりに
ゲームやってファミ通とかも読んでたが、
今はもうとっくの昔に興味が失せておるからなぁ・・・!
前作と比べてアルバム後半メタル要素の強い曲が固まっているが、やはり基本は
サントラ
なんでなんちゃってメタルの領域からは脱出出来ておらん感じじゃのう・・・!
そろそろちゃんとしたメタルアルバムをリリースして頂きたいモンじゃて・・・!(爆)




オフィシャルで見てみる





満足度 65% お気に入り曲 Breave Heart  崩れゆく橋、雨降りと止まない剣戟  守れ、ご近所の平和
Destiny Rewritten  Operation Moon Strike







"進撃の社畜"




日本の打ち込みメタルプロジェクトによるシングル。


ここ最近は架空のゲームサントラをコンセプトにした企画アルバムが多くなり、
肝心のHM/HRスタイルが疎かになりつつあるArk of Phantasmだが、本作は3曲入りの
シングル
でいつもながらの打ち込みなれどキッチリとしたメタルサウンドに仕上げておる!
どうやら未だに日本に根強く残る奴隷制度である、クソッタレ権力者どもが己の
利益を楽して得るため作り出したブラック企業
によって酷使される
社畜、奴隷の苦しみを吐き出したコンセプト作らしい・・・!

1曲目はメロウなピアノ、アコギによるイントロで、2曲目は音の悪さを感じさせるが
意外と正統派らしいストロングで無骨な打ち込みギターリフが聴け、ハモンドも顔を出し
アップテンポ
で展開しリードギターも登場するぞ。3曲目は様式美然としたチェンバロ系の
キラキラシンセが聴けこれまた疾走!
シンセフレーズはイトケンを彷彿とさせるが
アレンジ面が弱くリフも不在で、HM/HRと言うよりはやはりゲームサントラが
根底にあるのを感じさせるのう・・・!



音楽的にはHM/HR、メロパワ、メロスピだが珍しく権力者どもに対しての怒りを
露にした反体制、反政府、反権力な思想
を感じさせるパンクな1枚だろうか!?
ブラック企業を作り出したのは政府だ!官僚のブタ共が楽して儲けるために底辺の
人間を奴隷に仕立て上げ酷使しカネを吸い上げるシステム
を構築してやがるんだ!
それに対し反旗を翻す事が出来ない様にマスコミや学校教育が洗脳している!
いい加減立ち上がれや!腐った強欲な権力者どもにNOを突き付けろや!社畜全員が
クソブラック会社に対し同時にボイコットしちまえば連中は何も出来なくなって
消滅しちまうだろうが!
お前が苦しんでいるのを見て奴等は腹を抱えて笑ってやがるんだ!
お前が得られるカネを全て奴等が奪い取り、
その見返りとして得られるのは苦しみ、嘆き、
絶望
のみ!闘え!お前の人生だろうが!腐った奴等に
利用されるだけでいいのかよ!!
ファーック!
拝金主義の背広組なんざブチ殺しちまえ!!





オフィシャルで見てみる





満足度 67% お気に入り曲 Unreasonable







もどる


inserted by FC2 system