Ariabl'eyeS







"蒼い瞳のアリア"




日本の女性Voちょいゴシック風味入りライトポップロックプロジェクトの1stシングル。


本作が1stシングルとの事ではあるがまったくの新人という訳ではなく元々別名義で
活動していたミュージシャンが集まって結成されたプロジェクト
のようだが
詳しい事は判らん・・・!音楽的にはシンセとバンドサウンド、女性ヴォーカル
フィーチャーした王道を行く女性Voモノのゴシック風だが他のユニットやプロジェクトと
比べてプロダクションのせいか幾分かライトなノリがあり軽快なムードを放っており
曲調もそこまで本格的なクサさ、シンフォニックさがあるわけではなくどちらかといったら
ポップスに近い要素が感じられるのが特徴である!

1曲目は早速のオルガン風シンセに始まりそして軽い音質のドラム軽快さを出し
ポップス寄りの女性ヴォーカルが登場、曲調もゴシックと言うよりはライトな
ポップロックに近いムード
がありギターの音もスカスカだな・・・!まぁシンセの
音色はキラキラ系だったりストリングス系だったりで煌びやかなムードはあるな。
ギターソロはメロディー重視のプレイシュレッドは無い。そして2曲目でようやく
本領を発揮したかのようなチェンバロ系キラキラシンセ、リードギターシリアスで
クサめのクラシカルなフレーズ
を紡ぎアップテンポになるぞ!ヴォーカルが入ると
ギターが消えテンポダウンするありがちな展開になるがサビは明るく軽快ながら
疾走しメロディーもなかなかに盛り上がりを見せ
良いのう!ラストのチェンバロも
クサいな・・・!
3曲目はスペイシーなシンセ、ストリングスに始まりリードギター、
軽いバンドサウンド
も登場しミドルテンポで淡々としたムードを醸し出す曲。


まだまだプロダクションも軽くヴォーカルも弱いがアレンジ面でそこまでチープと
言う訳ではなくドラムやギターはスカスカだがベースラインは目立っておりシンセが
それなりにキッチリアレンジされている
ので音質を除けばショボい印象は無いな。
ゴシック系
だが暗くシリアスになりすぎず明るいポップスムードを保っているのが持ち味だろう。
まだまだ改善点は多いが今後の成長が期待出来るプロジェクトである!2曲目のような方向性で
今後クオリティーを上げて言ってくれればクサメタラーが喜ぶものが出来る事じゃろうて・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 Crescent eve







"愛憎悲哀カタルシス"




日本の女性Voゴシックライトポップロックプロジェクトの2ndシングル。


1stシングルとなった前作がゴサーの間で話題となったが音楽的にはそこまで
コテコテ
というわけではなくポップロック寄りの音作りを見せていた新たな
プロジェクト
2作目のシングルである!方向性としては前作の流れを汲んだ
スタイル
となっているがより目指すスタイルが明確になった感がありゴシカルさ、
メタル、メロスピ要素が増強され
前作以上にクサメタラー、ゴサーに激しく
アピールする事じゃろうて・・・!


1曲目はオルガンの音色がクラシカルさを放ち音は軽いがハードロック寄りの
ギターリフが聴け疾走開始!
ストリングスも顔を出しよりメタラーにアピールする
方向性に開き直った
のかAメロ以降は淡々としているがサビで再び疾走しまさに
女性Voのゴシックメロスピと言えそうな曲調になるぞ!ギターソロはメロディー重視の
リードプレイ
を披露し最後まで疾走し通すのう・・・!2曲目はソプラノ系のVoと
ピアノ
で幕を開けゴシカルなクサさを演出、ストリングスも聴けバンドサウンドは
軽め
だがやはりアップテンポになり何気にベースが目立ちつつストリングスのオブリ
印象的だな。そしてサビはスネア表打ちちょっとしたブラスト風味すら見せている!
バックでは微かにピアノも聴けつんのめるようなドラムをバックにメロディー重視の
ギターソロ
も聴けるぞ。3曲目はロマンティックさのあるクラシカルさを見せる
ピアノ、ストリングスで始まり軽快なバンドサウンドも聴けアップテンポになり
ヴォーカルはしなやかな印象があるが明るいムードも漂っておりサビメロは本作中
特にキャッチーでクサいほうか!?ラストはツインVoのような絡みを見せるのう・・・!


前作がまだそこまで本格的なゴシック系ではなくライトなポップロックだったのとは
異なりゴシカルさ、シンフォニックさが一気に増強されバンドサウンドも音こそ
まだまだ軽いもハードロック要素が増しメロスピライクな疾走感も当たり前のように
披露、目指す方向性が明確になった印象があるな・・・!ヴォーカル、ギターソロ共に
もうちょいメロディーにフックが欲しい所だしHM/HR寄りでいくならリフにも
拘りを見せてもらいたい所
だが前作よりも格段に向上しておる!この路線で
質を上げて活動して頂きたい所じゃて・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 全部







"片翼のロマンシア"




日本の女性Voゴシックライトポップロックプロジェクトの3rdシングル。


ここ近年で新たに勢力を伸ばしてきた同人ゴシック新世代プロジェクトの一角である!
本作は通算3作目のシングルで音楽的にはフィメールクサゴシック要素
メインとしつつも結構軽快でライトなポップさ、キャッチーさが目立っていたのだが
CDを出す毎に方向性が定まりクオリティーも著しい向上を見せており本作ではついに
メロディーが凄まじいまでに強化され芳醇な事この上無いキャッチー過ぎる
クサメロ
を容赦無く放ちまくるまでに至っておる!

1曲目は早速の軽快なリズム相当なキャッチーさを見せるヴォーカルが登場!
ストリングスシンセ、叙情的なギターHM/HR要素はあるも基本的には軽めで
同人ゴシック的なクサいアレンジ
を見せつつもやはりポピュラー色は強いが
ギターソロは十分にメタルである!
2曲目は重厚さのあるクワイア系シンセ
始まりクラシカルかつクサい疾走感を見せよりゴシック要素を増した曲調になり
ヴォーカルメロディーも相当にクサいぞ!こりゃクサメタラー好みのキラーじゃわい!
後半のシンフォニックな重厚さを見せるパートやギターソロも熱いぞ!3曲目も
またクサいストリングスと共に疾走!しなやかなムードを見せつつ軽快さもあり
ヴォーカルがまた凄まじくキャッチーじゃのう・・・!ギターソロもまた聴き所だな。


音源出す度に確かな成長を見せてきた感があるが本作におけるメロディーの
向上っぷり
は目を見張るものがあり全曲において強烈極まりないフック
見せつけ多くのクサメタラーをガッツポーズさせる事じゃろう・・・!
ハキハキした女性Voの上手さ
がまたメロディーを引き立てており好印象だな。
何げにギターもかなり良くなっておりあとはプロダクションの軽さ、アレンジの
スカスカさ
をどうにか出来ればシーンのトップに経つのも夢では無いかも知れんのう!
このクオリティーで是非ともフルアルバムが聴きたいわい!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 全部







"碧き幻想のエリジウム"




日本の女性Voゴシックライトポップロックプロジェクトの1stミニアルバム。


同系統の様式美フィメールクサゴシックプロジェクトがバンバン台頭する中
これまでシングルのみをリリースしてきたAriabl'eyeSだがここに来てようやく
アルバムを世に放ってきた!
まぁアルバムと言っても6曲入りのミニアルバムだが
やはり何だかんだでアルバム世に出してナンボなんでな!(爆)そんなわけで音楽的には
王道の同人フィメールクサゴシック系ではあるが他のプロジェクトと比べてそこまで
メタリックでは無くライトなポップロック要素を見せておりストレートなV系や
アニソンに近い部分
がありつつも何気に幅広いスタイルを見せているか!?

1曲目はクワイア系のシンセ神秘的なムードを放ちピアノも登場、さらに
シンフォニックな盛り上がりを見せるイントロで続く2曲目はリードギターと共に
アップテンポ
で展開しハキハキした女性Voが歌い上げるキャッチーなハードロック
シンフォニックさゴシカルなクサさは無く幾分ストレートな印象があるな。
淡々としたメロディー重視のギターソロも聴けるぞ。3曲目はキャッチーさのある
ヴォーカル
で幕を開けいかにもシンセなチープさを残しつつも大仰なシンフォサウンドが
盛り上がり
を見せクサさも放ちソプラノVoも登場し疾走!ギターフレーズやキラキラした
シンセもまたクサくヴォーカルメロも相当なクサさを放っておるわい!ギターソロは
Resonant SoundのIsami氏がプレイしておりしかとしたホンマモンのHM/HRのソロを
披露しているぞ!
4曲目はライト寄りのV系バンド日本のオルタナ勢がよくやる
ジャジーな軽快さを見せつつも怪しげなムード漂うシンセが印象的なノリの良い歌謡ジャズ曲。
5曲目はオルガンの音色がクサくもどこか昔ながらのプログレっぽさを見せるがその後は
アニソン的なライトなキャッチーさを放つアップテンポチューンだ。
6曲目はストリングス、ピアノデジタルリズムが聴け壮麗ながらも
どこか淡々としたバラード
でヴォーカルメロがまたキャッチーじゃのう・・・!


同人クサゴシックでありながらもあまりメタリックでは無かったスタート地点から
次第にクオリティーを向上させていき音作り、プロダクションこそライトだが
しかとしたクサさを纏い始め満を持してリリースされた1stミニアルバムの本作では
何気に幅広いスタイルの楽曲を取り揃え過去作同様そこまでメタリックでは無く
ライトな印象
もあるがやはり最大のキラーチューンである3曲目の存在がデカイのう・・・!
今後この曲の方向性で攻めれば完全にクサメタラー受けするだろうがあえて
メタル化しない
のが彼らの個性なのかも知れんな・・・!メロディーは実に
キャッチー
なのでそこが彼らの武器なのだろうな。




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 慟哭カタストロフ







"月蝕アルカディア"




日本の女性Voゴシックライトポップロックプロジェクトの4thシングル。


音源を世にリリースする事に着実にクオリティーを上げて来ている、新世代
フィメール様式美クサメロゴシック系プロジェクトの一つであるAriabl'eyeSの
通算5作目の音源である!
ここ近年増えてきた一連のゴシックプロジェクトの中では
最もライトな、アニソン寄りのキャッチーさを持ったプロジェクトで、本作も音楽的には
過去作の延長線上にある判り易さを見せており、音作りはやはり軽めだがギターは
Resonant SoundのIsami氏がプレイしているためなかなかにハードロック色が濃く、
ギターソロはエモーショナル
で大きな聴き所になっているな。

1曲目はハープの音色に女性Voが登場、続いてライトさのあるバンドサウンド
顔を出し軽快なアップテンポで展開しヴォーカルは意外と淡々とした印象があり
ギターソロが大きな聴き所だと言えよう!ラストのギターもエモーショナルな
プレイで良いな・・・!
2曲目はオルガンで幕を開け不穏さ漂うムードを演出、
音の軽さ
昔のV系に通じる部分があるもクラシカルさもしかとあり、一部で
ブラストも顔を出すぞ!ヴォーカルも早口系のクサメロを忙しなく歌いやはり
こういう曲調が好きじゃのう!(笑)3曲目は生のヴァイオリンが舞い軽快な
リズムで展開、
女性Voはよりアニソンっぽさを増しAメロは穏やかさを見せるが
すぐにアップテンポに戻り、ヴァイオリンヴォーカルメロ清廉とした印象
あるがリズムワークはやはり昔のV系っぽい所があるか!?ギターソロは
淡々としつつもメロディアスキャッチーさも見せておるのう・・・!


過去作同様ゴシック系としては判り易いアニソン寄りで、やはり2曲目のような
様式美クサゴシック色濃いキラーチューン
が我々クサメタラーの好みである!
過去作にも1曲はこういう曲が収録されているが、あえてそれ一本で攻めない所が
Ariabl'eyeSの個性
なのだろう・・・!音の軽さ、リズミカルさは昔の、初期V系っぽい
所があり
そこも持ち味だと言えよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 群青のメサイア  Arcadia







"瑠璃色のローゼンクロイツ"




日本の女性Voゴシックライトポップロックプロジェクトの2ndミニアルバム。


シーンに多数存在している、フィメールVo様式美クサゴシック系プロジェクトながら
かなりストレートなJ-POP、アニソン寄りポップなスタイルを持ったAriabl'eyeSの、
通算2作目のミニアルバム
である!シングルミニアルバムのみでフルレンスアルバムは
まだリリースされていない
ものの、何だかんだで枚数、キャリアを重ねて来ている
印象
があるが、本作もまたストレートで判り易いアニソン、J-ROCK風のキャッチーさ
見せつつもゴシカルな様式美系の側面を見せており期待を裏切らない仕上がりとなっているぞ!
ゲストミュージシャンも多々参加しており彩りを加えているのう・・・!

1曲目はチェンバロ、チャーチオルガン等のシンフォニックなシンセゴシカルな
クサさを演出するイントロ
で、続く2曲目は何とメロスピ要素のかなり強い
クサめなシンセ
が舞い疾走!淡々とした落ち着きを見せる女性Voも顔を出し
Ariabl'eyeSらしいキャッチーさはしかと健在!ギターソロはメロディー重視だな。
3曲目はピアノ、生のヴァイオリン優雅な中にキャッチーさを放つメロウな
ポップス系の曲
で、女性Voは相当にアニソン声質になるが楽曲自体は憂いを帯びているな。
ギターソロ
も構築されているがタッピング等もちょいと披露されるぞ。4曲目はかなりクラシカルな
印象の様式美サウンド
が展開されチェンバロと共に疾走開始!さらにブラストっぽいドラム
ちょいと顔を出し女性Voも含めてかなり我々クサメタラー好みの方向性を見せているぞ!
中盤以降のシンフォニックさを押し出したパートもまた厳かさがありベースも印象的だな。
5曲目はチャーチオルガン、アニソン女性Voで幕を開け淡々とした中にシリアスな空気を放ち
クワイア風コーラス、生ヴァイオリンも顔を出し実に叙情的だが、ヴォーカルラインはかなり
アニソン、J-POP寄りだな。サビは相当にフックがありアニソン的なクサさを
放っているのう・・・!
途中聴けるギターソロメロディアスエモーショナルじゃのう・・・!
ラストのサビはさらに疾走感を増すぞ!6曲目は叙情的なヴァイオリンで幕を開け
オルガンに女性Voも登場、穏やかで落ち着きを見せつつもどこかホーリーな印象のある
牧歌的な叙情バラードである。
重ねられた泣きのギターも顔を出すのう・・・!


様式美系のクラシカルなゴシカル風味を塗しつつも基本はポップなキャッチーさを
持ったアニソン、J-POP風のスタイル
なんだが、コンセプトがコンセプトだけに(?)
ただ明るいだけの低知能指数能天気ポップスに陥るような事は無く、あくまでも憂い、
叙情性が押し出されている
のが好印象である!やはり我々クサメタラーとしては
4曲目のような様式美クサゴシックメロスピが最も好みなんで、こういう曲をもっと
増やして頂きたい
が如何だろうか!?しかしメロスピ、クサメタルのほうのローゼンクロイツ
果たしてどこに行ってしまったのであろうか・・・!(爆)




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 瑠璃色の姫君  荊冠の旋律  穢れなき薔薇十字







"蒼月ラメント"




日本の女性Voゴシックライトポップロックプロジェクトの3rdミニアルバム。


シーンに多数存在するファンタジック、ゴシック系プロジェクトの中では相当にライトで
ポップ
な印象があるも、実はクサさ満点のメロスピチューンもしかと持ち合わせた
フィメールゴシッククサロックプロジェクト
による3作目のミニアルバムである!過去作と
コンセプトが繋がっているのかどうかは知らんが、音楽的には過去作と変わらぬ煌びやかで
キャッチーな疾走感を放つアニソン風のクサゴシック
ではあるが、ライトさをキープしつつも
シリアスさのある疾走チューンがこれまで以上に目立っており、よりクサメタラー向けの
仕上がりになっているだろうか!?


1曲目はニューウェイヴ風のベースを強調した淡々としたリズムストリングスや
オルガン、キラキラ系のシンセ
が乗るイントロで、続く2曲目は音こそ軽めではあるが
なかなかにドラマティックで大仰なクサさを放ち疾走!いつになくクサメタラー向けの
メロスピ寄り
な感じになるもAメロで失速、サビで再びクサさを振り撒き疾走する、ある意味
定番の曲調
だがやはりクサくて良いな(笑)。中盤のギターソロなかなかにHM/HRしており
聴き所となっているのう・・・!
3曲目はクワイアで幕を開けこれまたクサく軽快に疾走!
女性Voは声質の異なるシンガー二人が参加しておりツインVoの様相を呈しておる!バックでギターが
結構細かいプレイを披露しており、
ソロもタッピングに始まりなかなかにテクニカルな
感じになっているだろうか!?
4曲目はうって変わって思い切りアニソン丸出しな女性Vo
のっけから顔を出すライトなポップロック風になるが、ストリングスの音色も目立っており
ギターリフはなかなかにハードロック寄りだな。ギターソロもかなり目立っており
メタラーとしては嬉しくなるのう・・・!
5曲目もまたアニソン風味を強烈に放つミドルチューンだが、
ギターがかなりの哀愁を放っており80年代メロハーとしてもなかなかに良いか!?サビもフックがあり
ギターソロ
もなかなかにエモーショナルである!6曲目は叙情性に満ち溢れたヴァイオリン
強烈な叙情性を演出、そのまましなやかさを携えた疾走感を放つエモいアップテンポ曲になるぞ!


同人クサゴシック勢の中でもライトでポップなアニソン寄りのキャッチーさを見せる
プロジェクト
だが、本作はそういった要素をキープしつつもよりシリアスでクサい疾走感を
放つ曲が目立っており、
同時にギタープレイに聴き所が増えメタラー好みのサウンドに
より接近した
印象があるだろうか!?ポップさのある曲でもエモい憂いを感じさせるのは
過去作もそうだがやはり好印象だな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Lament  残酷な天秤と鳥籠の少女  Calendula
蒼月オラトリオ







もどる


inserted by FC2 system