Alice Eden







"証誠義國†ニルヴァーナ"




日本のシンフォニックゴシックプロジェクトの1stアルバム。


アルバム名からして何ともALI PROJECT臭プンプンのプロジェクトで、その音楽性のほうも
クサメタラー、ゴサーの間でなかなかに話題になっている通りまんまALI PROJECTな
スタイル
をみせておりその類似性たるやまさしくDIR EN GREYに対するサディが如きである!(爆)
クラシカルなストリングスシンセ、電子音リズム声質も似た早口女性Voが乗る
アップテンポチューン
に始まり完全打ち込みではあるがラウド、インダストリアル系の
バンドサウンド
が聴け疾走する曲、エキゾチックなドラマ性を見せる曲、やはりALI PROJECTがよくやる
右翼オーラ満点のシンフォニックナンバー、ストリングスメインのクラシカルなバラード
和の要素を持ち込んだ曲等など部分的に多少の独自性はあるが基本は見事なまでのフォロワーだ!
ちなみに過去に2枚シングルをリリースしており本作がフルレンスアルバムとしては
初という事になるようだ。また本作は2枚組で1stシングルの楽曲のストリングスアレンジ
インスト曲が収録されている。

1曲目は早速のクラシカルでハイテンションなストリングス、デジタルサウンドで
幕を開け
ヴォーカルもまさしくALI PROJECTフォロワー以外の何者でもない音
出している!早口メロディーを歌い声質も近く相当なフォロワー振りを見せておるのう・・・!
ただ中盤は本家よりも疾走しておりそこが唯一の違いだろうか!?2曲目は打ち込みだが
モダンライクなギターリフが顔を出しメタル、ロック要素も見せ疾走!音はかなり
打ち込み臭が強くチープだがそれに目を瞑ればインダストリアル要素を持ちつつも
なかなかの様式美疾走メタルチューンでリズムはプログレ的なつんのめり感もあるぞ。
ヴォーカルは歌い方を変え意図的に舌ったらずな声を出しておりこれは好みではないな・・・。
3曲目はシタールの音色エキゾチックさを放ちストリングス、ピアノがロマンティック
ムードを演出し淡々としたマイルドな部分もありつつ厳かさも見せる曲。メロディーが良く
ドラマティックさがありラストのサビは半音上がるぞ!4曲目は打ち込みだが重厚な
ストリングス
に始まり日本の軍歌ムードを放つこれもALI PROJECTがよくやる手法だな。
5曲目はストリングス、ピアノ劇的さを演出するも基本構成はバラード
クラシカルなムードが良いのう・・・!6曲目はデジタルシンセダンサブルさ
見せつつもストリングス、早口系ヴォーカルはやはりALI PROJECTフォロワーだな。
ピアノソロがまたクラシカルでまんまクラシックフレーズも拝借するぞ!これはパガニーニの
“ラ・カンパネラ”
だな。7曲目は和のムードを放ちシンセや琴の音色がユニゾン
アップテンポで軽快かつシリアスに展開するやはりALI PROJECTが得意とするスタイルのナンバーだ。
8曲目は打ち込みのヴァイオリンで幕を開けクラシカルさを放つもその後は穏やかな
民謡的ムードを演出、
これはALI PROJECTにはないスタイルだがその代わり
同人クサメロシーンにはありふれたありがちな曲調だと言えるなぁ・・・!
ラストは再びクラシカルなストリングスで締めだ。そしてアルバム2枚目の1曲目は
ストリングス、ティンパニ重厚なムードを醸し出し笛も登場、音色は
チープな部分もあるがドラマティックでクサいメロディーを奏で
アップテンポで展開!途中からピアノやら何やら楽器の数も増え始めるのう・・・!
2曲目もストリングスがアップテンポでシリアスに舞いクラシカルなムードを演出する。
3曲目は1stシングル曲のストリングスアレンジでこの曲はインストではなくヴォーカルも聴け
やはりALI PROJECT要素プンプンである!そういやこういうストリングスアレンジもまた
ALI PROJECTが毎年クリスマスシーズンによくやるな(爆)。まぁあっちは生のストリングスなのだが・・・。
4曲目はストリングスとピアノがクラシカルに交錯し絡み合い優雅さも見せるインスト。5曲目は
重厚なチェロにヴァイオリンが乗りソロ的な部分も見せつつバレエのようなムードも醸し出すぞ。
さらにシークレットで6曲目もあり今度はピアノがメインでストリングスはバックで
優雅なムードを演出、
実に穏やかな曲調になるのう・・・!


アレンジ、音作り、メロディー等相当にALI PROJECTの影響を受けておりまさしく
正しきフォロワーの姿を見せておる!楽曲自体は何気に幅広いが本家と違い
アップテンポのクサいキラーチューン以外のスロー曲は全て捨て曲みたいな事は無く
まんまALI PROJECTな曲以外も聴き所がありそこが本家に勝る美点であろう・・・!
パクリ、個性の無いフォロワーがダメなリスナーにはオススメしないがそういうのを
気にしないクサメタラー
ならば捨て曲の多い本家以上に楽しめるかも知れん!?
ヴォーカル、アレンジ、音作り等バンドサウンドの打ち込み臭さを除けば十分に
仕上がっておりチープさを感じさせない
のは流石である!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 全部







"Android Empire"




日本のシンフォニックゴシックプロジェクトのシングル。


ヴォーカルの声質、歌い回しメロディー、曲調等極めてALI PROJECT色濃い
ガチのフォロワー
による最新作で、計6曲入りではあるがそのうち2曲がイントロと
アウトロのインスト
でさらに2曲がヴォーカル曲のカラオケヴァージョンなんで
実質2曲のシングルである。本作も見事なまでにALI PROJECTフォロワーなサウンドを
踏襲しておりALI PROJECTが好きでパクリが気にならないのであれば再現度は高く
十分以上に楽しめる
であろうな・・・!

1曲目は怪し気なエレクトロニカサウンドに始まりクサめのストリングスも登場、
インダストリアルムードを漂わせつつもシンフォニックな要素もありこの辺がまさに
ALI PROJECTスタイルなイントロで続く2曲目も機械的なムード漂うインダストリアル
出だしからモロにALI PROJECTなヴォーカル、メロ、アレンジになるぞ!サビもまんま
ALI PROJECTなんだが
つまりそれはクサいという事だ!(爆)3曲目は男Voも顔を出し
少しはフォロワースタイルから脱却しようという気概
を見せ始めるもやはりその後は
まんまALI PROJECTな音作りになるのう・・・!メロディーはアップダウンが相当に激しく
ヴォーカルはまだ歌いこなせていない印象があり
改めて本家アリプロの凄みを
思い知らされるわい・・・!
4曲目はクラシカルな叙情性を見せるストリングス、
チャーチオルガン
が聴けるアウトロのインストで5、6曲目はヴォーカル曲のカラオケヴァージョンだ。


DIR EN GREYに対するガゼット、サディ並フォロワー色濃いスタイルを徹底的に
追求しておりここまで来るともはや確信犯としか言えないレベルで、オリジナリティーを、
個性を求めると期待外れもいい所
だがALI PROJECTが好きフォロワーでも
かまわない
というのであればこれほど最適なプロジェクトはあるまい!(爆)
潔すぎる程のフォロワー振り
じゃのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 Android Empire  亡国皇女
廃棄とその傍らの哀れなる魂への鎮魂歌







もどる


inserted by FC2 system