Akashic Records







"幸せの国"




日本の叙情派ポストハードコアバンドのギタリストによる1stソロアルバム。


同人HM/HRシーンにおいて高い評価を受けている叙情派ポストハードコア/スクリーモバンド、
回路-kairo-
のギタリストである毛氏によるソロ名義の新プロジェクトで本作がどうやら
ソロとしては1作目のようである・・・!ギタリストのソロアルバムという事でメタル者は
やれシュレッドだのネオクラだのインストだのといったテクニカル志向のスタイルを
イメージしがちだがそこは流石に叙情オルタナ/ハードコア系バンドのメンバーだけに
一筋縄ではいかない音楽性を披露しておりギタリストのアルバムなのにギターが全然
目立っていない曲もあるぞ!
またインストではなく複数のゲストシンガーを招きあくまでも
キャッチーさを重視した作風に仕上がっておりプレイヤーとしてではなくコンポーザーとしての
アピールが狙いのアルバム
だと言えるだろう・・・!

1曲目はいかにもポストロックな穏やかさのあるシンセに始まりピアノも登場する
インストで2曲目は軽快なドラムに加えアコーディオンが登場し牧歌的な民謡要素
醸し出されJ-POPというかアニソン的な声質の女性Voキャッチーなメロを歌い
ギターは殆ど目立っておらず下手したらベースの方が自己主張しているほどだ(爆)。
3曲目はアコギに女性Voが爽やかなムードを放ったのちにハードさを見せるバンドサウンドが
退廃的な盛り上がりを見せギターもリードプレイを披露、その後はクリーンギターが
ポストロック的な雰囲気
を放ち叙情ポストハードコアらしさを見せているな。ギターソロも
あくまでもメロディー重視だ。4曲目はメタリックなギターリフが勢いの良さを見せ
正統派メタル然としたムードも醸し出しておりライトなカッティングスクリーモ風だが
ギタリストらしいアピールも垣間見られるぞ!ヴォーカルは思い切りアニソン系だが・・・!
5曲目は盛り上がりを見せるバンドサウンド、シンセ、ピアノがドラマティックさを放ち
ヘヴィロックと呼べるほどヘヴィではないがそれに通じるムードはあるな・・・!
中盤辺りからテンポアップし勢いも見せるぞ。6曲目はノイジーな出だしからこれまた
ギターリフが目立っておりメタリックではないがノリの良さを見せエレクトロニカ要素
顔を出しヴォーカルも加工されダンサブルさもあるか!?サビ付近のバッキングは
タッピングを披露しテクがある所も見せ後半は疾走、ギターソロも聴けるぞ!7曲目は
モダン寄りのリフクリーンギターがどこか怪しいムードを演出、淡々とした
退廃さ
も見せており女性Voも気だるい歌唱を披露しているのう・・・!8曲目はエモ、
スクリーモ的
なエコー強めのクリーンギターが叙情ムードを見せアニソン声質の
女性Vo
がハモりポストロックとアニソンを融合させたかのような曲調になるぞ!
9曲目は中性的とも言えそうなオルタナ系の男Vo波のSE、ピアノが聴けるバラード曲。
10曲目はどこか和っぽいオルゴール風の音色が聴ける短いアウトロ。


回路-kairo-のメンバーによるソロという事でそっちに通じるムードはあるがやはり
ギタリストのアルバムだけにギタープレイが気持ち本隊よりも前に出ている印象があり
よくあるメタルギタリストのソロアルバムらしいシュレッド連発のような事は無いが
リフに自己主張が感じられ曲によってはちょい正統派メタルっぽい側面も見て取れるのう・・・!
回路-kairo-よりもギターオリエンテッドな作風だが大きな差は無いので
あっちが好きならこっちも聴く価値は十分あるぞ!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 Mother  魔女裁判  車輪の日々







もどる


inserted by FC2 system