AYUTRICA







"Ende der Traumerei"




日本の女性Voシンフォニックゴシックモダンへヴィネスプロジェクトの1stアルバム。


まるでSKYLARK、PROJECTO等といった往年の伝説のイタリアンクサメタル
世に放ってきたUNDERGROUND SYMPHONYが如きコーティングで
ツルッツルのブックレット
が内に眠りし往年のB級クサメタルマインドを刺激しまくる
新人ミュージシャンのアルバムである!音楽的にはシンフォゴシック
要素を取り入れたモダンへヴィネス、ラウドロックでデス声は無く時に
クワイアも出てくるが女性ヴォーカルモノのスタイルで素人臭さは無く
パワフルに、エモーショナルに歌えているぞ!媚びていない声質なのもまた良し!

リリカルなイントロに導かれ2曲目は重厚なチャーチオルガン
ゴシカルに始まりハープの音、女性ヴォーカルが聴けシンフォニックな
アレンジ
となるもその後SEが入りそして打ち込みトランスリズム
音は軽く引っ込んではいるがモダンなへヴィリフ、暴れるドラム
ストリングスが登場!女性ヴォーカルとなりゴシカルさが出た
SYSTEM OF A DOWN
とでも形容できそうだな。サビはスローになり
広がる雰囲気は近年のメタルコア要素だろう。ギターの音が小さい分
ベースも目立っている。3曲目はクワイアとアコギで始まり
民謡っぽい笛やメロディーが登場するぞ!なかなかにクサく
志方あきこ辺りが好きなリスナーに響くだろうな。途中最近のサンホラや
RHAPSODY
を思わせる英語語りも登場しその後のパートもクワイアが聴け
ラプソっぽいぞ!さながらデス声の無いEQUILIBRIUMと言ったところだろうか!?
4曲目はピアノ、シンセで始まりシンセストリングス、打ち込みリズムが
聴けクサめのメロディー、アレンジが聴ける!モダンなリフも出てくるが
やはり軽めだ。5曲目はハープと笛、ストリングスが聴けるメロウな
民謡クサバラード。6曲目はバンドサウンドで盛り上がりベースも
スラップを聴かせストリングスもダークで荘厳なアレンジを魅せ
チャカポコしたリズムにメタルギターリフと、いかにもサンホラライクな
クサクサキャッチーアップテンポチューン。サビでメロスピになるのを
期待
したがそうはならずリズムは淡々としているがその分メロディーが
かなりクサく強烈だぞ!ベースこそ唸っているが疾走もギターソロも
無いあたりあくまでラウドロック、モダンへヴィネスが下地だと言う事を
主張しているかのようだ・・・!7曲目はオルゴール音と女の英語じゃなくて
イタリア語かなんかの語りが聴け無理をした媚び声イタリア語だか
ラテン語だかギリシャ語
だか判らんがそんな感じの外来語で歌い
ストリングスも遊園地のような盛り上がりを見せディズニーランド風の
雰囲気を放ちまくりBAL-SAGOTHがバラードやったらこうなるような要素を
持った曲。8曲目はハープ、ピアノが聴けインストかと思わせておいて
途中からヴォーカルが聴けさらに後半バンドサウンドも出てくる
シンフォニックパワーバラード。


欠点はプロダクションくらいなもんで楽曲、アレンジ、ヴォーカル共に
しっかりしておりクサメタラーから民謡シンフォ好きまで幅広く
楽しめるだろう。ラウドロックとはいえデスヴォイスは無く
クリーンVoオンリーでラプソ直系のシンフォニックメタル要素も濃いぞ!
捨て曲は無くクオリティーは高いな!これはまた有望な新人
出てきたもんじゃ!今後更なるスケールアップが期待できる
注目株である!モダンへヴィネス化したSOUND HORIZONと呼べる
方向性だがKrik/Krak、少女病とは違う方向性を向いており
そこまでフォロワー色が濃いわけではないのでオリジナリティーを
求めるリスナー
でも問題無く楽しめよう!



オフィシャルで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 全部。特に“硝子の城”、“Pause”







"眠りの森の金糸雀"




日本の女性Voシンフォニックゴシックモダンへヴィネスプロジェクトの2ndシングル。


SOUND HORIZON直系の女性Voシンフォニックゴシック
基調としつつもそこにモダンへヴィネス、インダストリアル
バンドサウンドを導入しよりメタリックさを強調したスタイルで
メタラーの間でも話題となった彼等AYUTRICAの2作目のシングルである!
1stシングルは即座にソールドアウトしもう入手は不可能のようだ・・・。

ストリングス、笛、ハープのシンセが壮麗なシンフォさを
演出、打ち込みリズムがアトモスフェリックな質感を出し
バンドサウンドも登場するフィメールシンフォゴシック
定番を貫きつつも日本人らしいクサメロが堪能でき
オペラティックな低音Voも登場するスローテンポの1曲目、
アカペラで浪々と歌い上げ僅かなシンセサウンドのみをバックに
終始安定した上手いヴォーカルを聴かせてくれる2曲目と
2曲のみの収録で1曲目は本作でしか聴けない楽曲なんで
1stで彼等の音楽性に惹かれたリスナーは値段が安い事もあるし
手をつけておいて損は無かろう!




オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 眠りの森の金糸雀







"紅のLast Dance"




日本の女性Voシンフォニックゴシックモダンへヴィネスプロジェクトの3rdシングル。


サンホラをモダンへヴィネスにしたようなメタルサウンドで
メタラーからの評価も高いAYUTRICAの3作目のシングルである!
1曲目はピアノで幕を開けメタリックなバンドサウンド
アップテンポになりドラムが前で主張、ヴォーカルメロは
日本人らしいキャッチーさに満ちており王道だが良いのう!
クワイアっぽいシンセもゴシカルさを演出しているぞ。
ギターソロは無いがラストでツーバス連打も聴けドラムが
実に目立っておるのう・・・!2曲目は笛の音色が壮大な
雰囲気
を出しシンフォニックに盛り上がるもクラシカルではなく
民謡ライクな空気を演出、そこにクワイアシンセ、デジタルリズムも
登場する神秘的な曲だ!

本作は1曲目が次のアルバムにも収録され2曲目が
本シングルのみに収録される曲との事である。前シングルのタイトルチューンが
スローテンポだったのに対しこっちは爆走ではないが
アップテンポの、モダンへヴィネスからの影響を
感じさせるメタルだがドラムが前に出てきておりギターが奥に
引っ込んでいる
のが勿体無いのう・・・!メロディーセンスは
やはり良くアルバムが楽しみになってくる1枚だ!




オフィシャルで見てみる





満足度 71% お気に入り曲 全部







"The Rose Garden of Nightmare -薔薇庭園は悪夢を見る-"




日本の女性Voシンフォニックゴシックモダンへヴィネスプロジェクトの2ndアルバム。


短くボリューム不足ながらも曲は良く期待を煽るシングルに
続いてようやくリリースされた、ツルツルなブックレットは
もうやめたらしい(爆)、
AYUTRICAの待望の2作目のアルバムである!
北欧的な冷たさも感じさせる壮麗なストリングスクワイア等といった
オーケストレーション、モダンへヴィネス、インダストリアル系の
メタリックなバンドサウンド、そして時折顔を出すデジタルサウンド
WITHIN TEMPTATION、EVANESCENCEから同郷の榊原ゆい辺りを
思わせるフィメールシンフォニックメタル直系の音を放ち実に
クサメタラー受けが良い
ドラマティックで大仰、壮麗な楽曲を聴かせてくれるぞ!

テープ逆回転に始まり演技、SE、そしてアコギ、冷たさを感じさせる
ストリングスが聴けるイントロの1曲目に続く2曲目はチェロ、スキャット、ピアノが
シアトリカルなムードを演出しそして壮麗なオーケストレーション、
モダンへヴィネス系のバンドサウンド、アトモスフェリックな
打ち込みリズムが欧州フィメールシンフォゴシック臭満点
スローチューンでやはり最近のWITHIN TEMPTATION辺りを
思わせるな。メロディーはクサくそこが日本人らしい
美点
じゃのう・・・!後半のクワイア、ピアノ、ストリングスが
滅茶苦茶クサくクラシカルクサメタラー即倒モノの
メロディー
を聴かせてくれるぞ!3曲目はドラムが暴れバンドサウンドも
アグレッシヴさを見せ打ち込みデジタル音、ストリングス
共に疾走するシンフォニックメタルである!サビはテンポダウンするが
やはりクサさが強いのう・・・!アコギも登場し後半は恥ずかしい
男の台詞
も登場!その後さらにリフが刻まれギターソロは無いが
その代わりドラムソロがあるかのようにドラムが手数足数多く
暴れ倒すぞ!
4曲目も壮麗なオーケストレーションが冴え渡る
シンフォメタルでヴォーカルが入るとチェロ、ハープ、鐘の音
アンサンブルを織り成しスローで雰囲気はバラード風だが実際は
十分に大仰なシンフォメタルでどちらかといえばVERSAILLESを思わせる、
薔薇の末裔ライクな要素満点じゃのう!(笑)メロディーはやはり
恐ろしいほどクサい!5曲目は2ndシングルに収められていた曲で
アレンジは異なり笛の音が登場したり民謡寄りになっていたりするが
やはり淡々とした曲調である。6曲目は3rdシングルの曲だがさらに
メタリックさが強調されキャッチーなメロディーも相まって
本作中最も耳障りの良い楽曲に仕上がっているな。まぁ俺はアルバム前半の
ような大仰極まる劇的シンフォメタルのほうが好みじゃが・・・!7曲目は
アコギがメランコリックさを演出しストリングス、笛も登場、
クラシカルな雰囲気を持ったバラード系で女性ヴォーカルがまた上手く
後半の展開、ヴォーカルの声質はサラ・ブライトマンを思わせるな・・・!


ドラムがやけに前に出ておりギターが引っ込み気味のプロダクションは
欠点と言えるだろうがこの大仰壮麗フィメールクサクサシンフォニック
メタルサウンド
はメタラーの琴線を掻き毟る素質十分!ディスクユニオンや
ディスクへヴン辺りに置かれて然るべきクオリティー
が備わっているぞ!
オーケストラアレンジ、超美麗ストリングス、クラシカルかつキャッチーな
芳醇極まるクサメロ!クサさを求めるならば下手な海外の女性Voゴシックメタル
聴くよりこっちを聴いたほうが満足できる結果が得られよう!1stを凌ぐ
壮絶クサクサアルバム・・・いやはや恐れ入ったわい!




オフィシャルで見てみる





満足度 90% お気に入り曲 朱き狂乱の輪舞、隻眼のRose Blood、
天球の聖譚曲、紅のLast Dance、The Rose Garden of Nightmare







"黒曜石の歌 - Das Obsidianenlied -"




日本の女性Voシンフォニックゴシックメタルプロジェクトの4thシングル。


俺の予想通りディスクユニオンメタル館でもCDが置かれるようになった
超本格的クサクサシンフォニックフィメールゴシックメタル
プロジェクトAYUTRICA
最新シングルじゃ!今回は2曲入り
最新アルバムに向けてのお披露目的な音源だが本作に収録されている曲は
アルバムには収録されない、ここでしか聴けない貴重なテイクとなるようだ・・・!

1曲目はさっそく重厚なチェロ、ストリングスホーン系の音色、
パーカッション
壮大なシンフォさを演出、かなり本格的なフィルムスコア系
雰囲気を放ちそしてアグレッシヴなバンドサウンドも登場!笛、ヴォーカルパートは
民謡的なアレンジが施されておりサビは何とも彼等(彼女ら?)らしいクッサイ
キャッチーなメロディー
が聴けるぞ!2曲目はピアノがメランコリックな
叙情バラード
でこれまたチェロの物悲しい調べも登場しサンプリングだろうが
オペラVoもバックで顔を出すぞ。


たった2曲とボリュームは不足しているが次なるフルアルバムに向けての
期待を煽る顔見せとしては十分な働きをしており彼等のファンなら
チェックしておいて損はない1枚だと言えるだろう!シングル曲が
アルバムには収録されないと言うのもまたありがたいではないか・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 71% お気に入り曲 黒曜石の歌 - Das Obsidianenlied -







"眩惑の霧 - Der Nebel des Trugida-"




日本の女性Voシンフォニックゴシックメタルプロジェクトの5thシングル。


前作のシングルに続きまたしてもシングルの登場である!次はアルバムになるようだが
本作、ただのシングルと侮る事無かれ!各地で話題になっている通りタイトルチューンは
13分を超えるプログレッシヴな大作となっておりクサメタラー、シンフォメタラー、
ゴサー
のみならずプログレッシャーにもアピールしようとしているかのようじゃ・・・!


1曲目はそんな大作チューンで5つのパートからなる組曲形式とまさしくプログレ以外の
何物でもなく、
まずはアコギと女性Vo、コーラスで叙情的に幕を開けメタリックな
バンドサウンド
も登場、モダン寄りのリフ、ストリングスが聴けそして疾走開始!
ギターもピロピロ鳴りピアノの音色も聴けテクニカルかつドラマティックな様相を醸し出し
野郎シンガロングも登場、実にシンフォニックで壮大なアレンジじゃのう・・・!
そして一通りのヴォーカル後は展開が変わり穏やかさの中にプログレッシヴな風味を放ち
メタリックな変拍子
プログレメタルスタイルを見せつけさらに展開が変わり
モダンなへヴィリフ、アーミングで唸るギターにクワイアも顔を出しその後はどこか
ノリのよいリズムになり語りも聴けプログレ的かつエピック・パワーメタルの要素も感じ取れ
泣きのギターがハモリで登場、そしてバンドサウンドも聴けるアコギパートになり叙情性を放ち
ドラムが手数多いプログレリズムを叩き出しギターの速弾きシーケンスフレーズ、トレモロ
クサさを放ち壮大なシンフォニックシンセが盛り上がりその後は語り、オーケストレーション、
モダンなバンドサウンドがダークな印象を与える重厚なパートになり、その後はギターとピアノがユニゾンする
ANGRAのような音作りになるぞ!そしてピアノ、クワイアがドラマティックに顔を出し盛り上がりも
加速していき壮大さの演出の後は静かにアコギで幕かと思いきや最後にピアノを叩きつけ
フィニッシュする!2曲目は笛、ストリングス、ピアノが聴ける穏やかなバラード系の曲。メタル要素は無く
1曲目のインパクトに霞みそうだがメロディーもクサくアレンジも劇的で勿論良曲である!


本作はとにかく1曲目の大作に尽きるわい!メタル、プログレはこのシーンのミュージシャンが
最もデカい影響を受けている2大ジャンルだがこれらの美味しい所取りを見せており
冗長さ、ダレる要素皆無で最初から最後まで飽きずに聴かせてくれるわい!いつかフルアルバムでも
DEVIL DOLLみたいに70分超えで1曲みたいな事やってくれんかのう・・・!
彼等ならそれが出来そうな実力が充分にあるしのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部







"ベルンシュタインの王冠 - Die Krone von Bernstein -"




日本の女性Voシンフォニックゴシックモダンへヴィネスプロジェクトの3rdアルバム。


Sound Horizon的なジャパニメーション系ファンタジック要素入りシンフォニックメタルを基盤とし
そこにWITHIN TEMPTATION、EVANESCENCE辺りに通じるフィメールシンフォゴシック系の
モダンさ
を感じさせるラウドなバンドサウンドを放り込み、さらに民謡プログレのスタイルまで
大々的に取り入れ実に大仰な音作りを施したプロジェクトの待望のフルアルバムだ!前シングルは
何と13分超えの大作を収録しておりプログレ方面へのアプローチが見られ非常に
頼もしい仕上がり
になっていたが、続く本作はそこまで本格的にプログレサウンドに傾倒したという
わけではないがメタリックなバンドサウンド、大仰かつ壮麗でゴシカルなシンフォアレンジ、
キャッチーで日本人好みのメロディーラインとコンパクトさを見せつつも美味しい要素全てが
詰まっており
過去作を気に入っているメタラーなら本作でも問題無くガッツポーズ出来よう!

SE主体による妖しいイントロに続く2曲目はシンセが早速民謡的ともプログレ的とも
言えそうなフレーズを奏で女性Voがこれまたどこか民謡に通じるフィーリングを放ち
そしてバンドサウンド、オーケストレーションも登場しシンフォニックゴシックメタル
様相を醸し出すぞ!その後はパーカッション、ヴァイオリン、笛、女性Vo牧歌的な
ムード
を放ち中盤はシンフォニックに盛り上がり後半はストリングスが壮麗な空気を
演出する大仰な曲だ!
3曲目は流麗なピアノに始まりオーケストレーションと共に疾走開始!
シンフォメロスピ要素を出しつつインダストリアルな電子音がモダンさを放つスタイルをも
取り入れ音は軽いがドラムが手数多く暴れリズムは複雑さがありバックでストリングスが
大仰さを放ちアグレッシヴさも濃いのう・・・!サビはテンポダウンするがメロディーは
キャッチーさがあるな。
4曲目もまたピアノで始まりバンドサウンド、ストリングスも
登場するが今度は湿った叙情性を感じさせるバラード系でAメロはアトモスフェリック
空気も放たれメロウなムードが強くメロディーはどこか歌謡曲辺りに通じる日本人好みの
哀愁メロディー
に仕上がっているぞ!5曲目はアコギ、ピアノが聴けウィスパー系の
語りのような声
も顔を出す短い繋ぎで続く6曲目はSE、こっ恥ずかしい台詞が10分以上も
続き曲ではなく少なくともメタラー(音楽リスナー)にとっては不要以外の何物でもない
トラックだ(爆)。
7曲目はキャッチーなヴォーカル、オーケストレーション、バンドサウンドが聴ける比較的
ストレートな楽曲クラシカルでクサいチェンバロも登場、
中盤では珍しくギターソロも顔を出し後半はピアノ、チェロ、哀愁漂うヴォーカルがメロウさを
演出
するぞ。8曲目はピアノ主体でストリングスも美麗さを演出する穏やかなバラード曲。


中盤のSEやらセリフオンリーのトラックやらと(メタラーにとっては)意味不明のパートが続き
足を引っ張っておりその部分で印象が悪くなっているがそれ以外は実に良質な
仕上がり
大仰かつ壮麗でドラマティックなシンセオーケストレーション、音は軽いが手数多く
オカズを放り込み
複雑なリズムを叩くドラム、そこまでへヴィではないがモダン要素入り
メタリックなバンドサウンド、キャッチーさの強いヴォーカルメロディーが安定感を
感じさせる
極めて水準の高い1枚に仕上がっているぞ!それだけにセリフのみのトラックが
尚更惜しい
のう・・・!コンセプトの表現のために必要なのだろうが、そういうのは
音楽で、曲で表現して頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 青と赤の二重螺旋、白霧の檻、刹那の刻







"氷の檻、連珠の枷"




日本の女性Voシンフォニックゴシックメタルプロジェクトの6thシングル。


ライヴでも精力的な活動を見せる女性ヴォーカルシンフォニックモダンゴシックメタル
プロジェクト
による通算6作目のシングルである!最初期からメタラーにアピールする
クサくメタリックな音楽性
を見せていた彼等だが本作のコンセプトは何と北欧!
シンセキラキラな透明感
に満ちた北欧メタルチューンが聴けるシングルに仕上がっているのだろうか!?
ちなみに本作の曲もこのシングル限定でアルバムには収録されないようだ・・・!

1曲目は冷たいピアノ、壮大なストリングスによるオーケストレーションがいかにも
北欧らしいムードを放ち民謡ライクな笛も登場、ヴォーカルもまた民謡、民族音楽系の
雰囲気
を持っており北欧メタルと言うよりは志方あきこに通じる空気を醸し出すも
その後はモダンなギターリフデジタルリズムで疾走、トランス的なスタイルを持った
ラウドロック
と化しあまり北欧という感じはしなくなるがキラキラしたシンセも聴けるぞ。
ギターソロは結構テクニカルな印象のあるパッセージを紡いでいるのう・・・!2曲目はこれまた
民謡的な祈祷ムード漂う神秘的なコーラスが聴けるもその後は北欧ライクな
透明感を感じさせるシンセ
が顔を出しドラムが手数多く淡々とした展開を見せる
ミドルテンポ曲
になるぞ。ヴォーカルメロディーはキャッチーさが強いな・・・!


北欧がコンセプトという事で誰もがSONATA ARCTICANIGHTWISHだったりIN FLAMES、
CHILDREN OF BODOMのような音楽性を期待する
だろうが思ったほど北欧メタル然とした
ムードは無く
どちらかと言えば民謡、民族的フィーリングを持った曲調に仕上がっており
あえてステレオタイプを避けたような印象があるな・・・!まぁそれでもクオリティーはやはり高く
ギターが軽く引っ込み気味
である事を除けばプロダクションも悪くは無く
過去作が好きなら本作でも十分楽しめる安定の仕上がりを見せているぞ!




オフィシャルで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 全部







"白き祈りの交響曲"




日本の女性Voシンフォニックゴシックメタルプロジェクトの7thシングル。


コミックマーケット81にてリリースされた通算7作目、2曲入りの最新シングル
数量少数の限定生産となっているようでプレスされたCDではあるがジャケは無く
さらに本シングルの曲もやはりアルバムには収録されず本作でしか聴く事は
出来ない
ようだ・・・!音楽的には従来通りのキャッチーさをキープしつつも
前シングルで見られたダンサブルなデジタルシンセ、リズムが顔を出すようになっており
根底にある曲調は変わっていないが音使いがモダンなメタリックさから少々ズレてきた感があるか!?

1曲目はハープの音色民謡ライクなしなやかさをもった女性Voが聴けストリングスも登場、
その後はトランス的なデジタルリズム、シンセが顔を出しダンサブルな印象を醸し出す
アップテンポ曲
になりメタル要素を期待すると結構肩透かしになるだろうが一応は
ギターもあり曲調自体はAYUTRICAらしさを失う事の無いキャッチーなアップテンポ曲である!
アコギフレーズからツインリードのギターソロも顔を出しこの辺はメタルしているのう・・・!
2曲目はアコギが穏やかな絡みを見せフィメールスキャット、笛も登場しこれまた
民謡に通じる雰囲気を醸し出す叙情的な曲だな。


メタリックなギターフレーズ民謡的なムードアニソンに通じる
キャッチーさを持った確かな実力を見せるヴォーカル
はそのままにアレンジ面でトランス的な
デジタル要素
を前面に押し出すようになってきておりゴリゴリのラウドロックを期待すると
肩透かしになるだろうがその一方で叙情的な空気もしかと備わっており
クオリティーの面では何の心配も無い
と言えるだろう!このままデジタルサウンドが
さらに強調
されると流石に嬉しくは無いがな(爆)。次のアルバムが気になるのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system