AXEWOUND







"Vultures"




BULLET FOR MY VALENTINEとCANCER BATSのメンバーによる別バンドの1stアルバム。


BULLET FOR MY VALENTINEのマシュー・タックがCANCER BATSのリアム・コーミアーと組んで
結成された新たなバンドで、他にもGLAMOUR OF THE KILLRISE TO REMAINのメンバー等が
参加しており今話題となっておる!
音楽的にはメンツがメンツだけにやはりメタルコアの
要素
があるもそれだけに留まらずハードコア的な部分やモダンなへヴィさ、デスコア要素
顔を出しグルーヴィーなリズムがメインとなっているがビートダウンも聴けたりするのう・・・!

1曲目はモダンさのあるへヴィなリフで幕を開けノリの良いリズムで展開、ヴォーカルは
吐き捨てタイプの高音シャウト系で地声残し要素が強くハードコア的なムードを漂わせ
曲もメタリックでありつつハードコアさも強いが中盤以降で泣きのリードギターが登場!
その後のギターソロはなかなかに流麗でテクニカルだな。2曲目もモダンさのあるリフに
手数多いドラム
が聴けグルーヴィーなミドルテンポになり中盤は気だるいムードを放ち
呟きVoも聴けるがこういう歌い方は微妙か!?(爆)後半はゴリゴリにへヴィなビートダウンが
登場だ!
3曲目は軽快なドラムで幕を開けへヴィリフが鋭く刻まれアップテンポになり
疾走チューンという訳ではないがギターもドラムも手数の多い性急なプレイを見せておる!
後半は爆走しブラストビートも聴けるぞ!4曲目はイマドキっぽいデジタル加工Voで始まり
メタリックでありながらダンサブルなリズムでシンガロング風パートにキャッチーな
クリーンVoも聴けるのう・・・!
5曲目は重厚なギターから一気にアグレッシヴになり
疾走する勢いに満ちたファストチューンである!途中クリーンVoも顔を出しリズムも
なかなかに複雑さを見せ叙情トレモロでテンポダウンするパートもあるぞ!後半は
ビートダウン的なリズムに続きギターソロに突入するのう・・・!6曲目はキャッチーな
クリーンVo
リードギターが顔を出しメタルコアながらライトな質感を漂わせており
AVENGED SEVENFOLDに通じる部分があるか!?7曲目はピアノストリングスが聴け
メタリックなバンドサウンドに壮麗なオーケストレーションが乗るドラマティックな
シンフォニックメタル
と化すが終始スローでちょい単調か!?8曲目はノリの良い
軽快なリズム
でキャッチーさを見せるストレートなアップテンポチューンで9曲目は
手数の多いドラムが暴れリフはメタルコア然とした叙情的かつキレのあるフレーズを弾き
疾走するアグレッシヴな曲でサビはダミ声Voが聴けテンポダウンしいかにもなメタルコア
化すぞ!10曲目はドラムに始まりベースが顔を出しギターも登場、淡々とした
ムード
を放っているがその後は勢い良く疾走開始だ!後半は泣きのギターソロ
ドラマティックで叙情的なムードを放っているのう・・・!


BULLET FOR MY VALENTINE要素もある事はあるがサイドプロジェクトだけにそれだけに
留まらずゴリゴリのビートダウンハードコア的なノリを見せたかと思えばさらには
ストリングスアレンジが施されたりと中々に手の込んだイマドキっぽい音を披露しておる!
バンドサウンドはへヴィだがヴォーカルが完全デスVoではなくハードコア寄りの地声残し
吐き捨てシャウト
なのが特徴的でドラムの手数の多さ、軽快さがまたインパクトを残しているのう・・・!
まぁ個人的にはもうちょいメロディーにキャッチーさが欲しい所だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Victim Of The System  Burn Alive  Blood Money And Lies
Church of Nothing







もどる


inserted by FC2 system