AWAKEN THE EMPIRE







"Aurora"




シアトル出身のオルタナティヴロックバンドによる1stアルバム。


ワシントンはシアトルから登場した新人バンドによるデビューアルバムで、
音楽的にはオルタナ系とされつつもなかなかにハードな勢いがあり、ノイジーさも
見られるギター
分厚いコーラス、エモ寄りのクリーンVoが聴け、デジタル要素
目立ちつつメタリックな部分もしかと見られ、オルタナと言うよりもエモメタル、
ゴリゴリ過ぎないラウドロック
の系譜に位置するバンドかも知れんな・・・!

1曲目は美麗さもあるシンセに始まり軽快かつ意外とノイジーなハードさのある
バンドサウンド
が登場、後半はストリングスも聴けシンフォニックさもあるか!?
2曲目はシンセも目立ち穏やかなエモさがあり、サビ等キャッチーな印象が強いぞ。
3曲目は怪しげな空気オルタナらしい気だるさを演出、4曲目は穏やかさ漂う
クリーンギター
ベースポップなマイルドさを放っており、5曲目は淡々とした
暗めの気だるさ
が見られつつヴォーカルはキャッチーで、ギターはヘヴィさもあるな・・・!
6曲目もヘヴィさ、デジタル要素がありながらエモさも強く、軽快なノリの良さと共に
キャッチーさも醸し出されるぞ。7曲目は軽快な中にノイジーなギター、デジタル音が聴け、
モッサリしている中にこれまたキャッチーさがあるな。8曲目もギターはヘヴィ寄りだが
デジタルサウンドも目立ち、軽快さも見られつつシリアスでもあるのう・・・!
9曲目は穏やかさを見せつつ盛り上がりもあり、10曲目はアトモスフェリック
印象の強いデジタル系スローバラードだ。11曲目は淡々とした穏やかさの中に
湿った叙情的なエモさが見られ、12曲目はヘヴィかつ壮大な印象のあるミドル曲となるぞ。


オルタナティヴ畑のバンドながらにそこまでゴリゴリなヘヴィさは無いながらに
なかなかのハードさ、勢いを見せており、それでいてエモ的な憂いある情緒、
キャッチーさ
も目立ちつつデジタルシンセシンフォニックなアレンジも見られ、
ルーズな気だるさ、ノイジーな怪しさオルタナらしい部分ではあるも、オルタナという
単語のネガティヴイメージから避けるには勿体無いバンドだろうか!?
まぁサビ等似たり寄ったりだし、輪郭のぼやけたプロダクションに不満はあるが
エモ要素の強いキャッチーなラウドロックが好きなら聴く価値はあるな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Insomniacs Unite  Cruel World
Cross My Heart  Saviour







もどる


inserted by FC2 system