AUVERNIA







"Towards Eternity"




アルゼンチンのプログレッシヴメタルバンドの1stアルバム。


アルゼンチンとはまたマニアックな辺境の地から現れたもんで、
音質は辺境バンドらしくまぁそれなりなんだが演奏、楽曲面は
なかなかどうしてしっかりしておりメロパワ、デスメタル要素を持った
テクニカルなプログレメタルをプレイしているぞ!どうやら自称
デス、ブラック畑
のバンドとの事らしいが、あまりそういった要素は無く
やはりプログレパワーメタルのカテゴリーで語られるべきバンドである。
実はタレコミも以前来たんだがamazonにも無く自称デス、ブラックメタルなので
ユニオンでもそっちのコーナー探してたから一向に見つからなかった
というのはココだけの秘密だ(笑)。

1曲目からさっそくゴリゴリしつつも変拍子を持ったリフ、リードギターが
登場!デス声の咆哮も聴こえデスメタル要素もあるがクリーンVoの声質、
シンセの音色などはやはりプログレメタルの範疇に入るものだな。
テクニカルなギターにシンセ、ハイトーンシャウトも飛び出しサビは
メロスピのクサさを感じさせ技巧ではなく曲の良さで聴かせる術も
心得ているようだ・・・!2曲目はクワイア系のコーラスで幕を開ける
パワーメタル要素の濃い曲でメロスピ系の疾走感を見せシンセも
シンフォニックさを演出する!ヴォーカルはけっこう怪しくなる
プロダクション・・・ドラムの打ち込みみたいな軽さのせいで
B級色は濃いがこういうメタルが好きだった俺は大して気にならん!(笑)
3曲目はプログレと言うかカオティックな出だしで始まるがやはり
疾走メロスピ要素も多くプログレメタラーよりもクサメタラーに受けそうだな。
変態的なピアノ、ギターカオティックコアを通過した俺としてはたまらんわい!
音の悪さが失われし往年のクサメタル魂を刺激し逆に良い(爆)。
後半ブラストも聴けるぞ!ラストはシンフォニックになり幕を下ろす。
4曲目はプログレッシヴな演奏の中に様式美要素を内包しSYMPHONY X
思わせる要素もあるが久々にデスヴォイスも登場しこの辺の半端な
エクストリーム要素INTO ETERNITYを思い出す。サビはこれまた
クワイア風に重ねられたコーラスが聴け疾走するぞ!後半はチェンバロ、
ストリングスシンセ、フィメールVo
が聴け様式美と化しヘナチョコ気味の
ハイトーン
も登場だ!5曲目はSEの上にアコギが聴ける繋ぎの小曲だが
もの悲しくエキゾチックなメロディーは良いな。それに続く6曲目は
チェンバロと共にブラストで爆走!リフもトレモロで咆哮も聴け
ブラックメタルの風情を放ちつつもやはり演奏は変拍子まみれの
カオティック要素
が濃くクリーンVoはメロスピだ!キラキラした疾走感
クサメタラーにはじつにたまらんのう・・・!7曲目はダークなリフ
始まりデス声も聴けデスメタル的な曲調だがクリーンのハイトーンも
登場する。アコギとベースの美しいパートが良いな!ラストはその
アコギとベースがコミカルにやらかすのだが・・・(笑)。8曲目は
イントロからバリバリのメロスピだがテンポダウンしプログレメタル化
したりへヴィになったりといろいろ聴かせてくれるな。後半のギターソロは
メロディー重視クサいメロを弾いているぞ!9曲目はSE的な音とシンセで
始まりミドルテンポのプログレメタルとなる。スペイシーな雰囲気があり
アレンジも凝っており決して捨て曲にはならないセンスの良さを感じさせるな。
そして中盤で疾走しようやくヴォーカルが登場するぞ(笑)。ブラックメタル
パートもありドラマティックなクワイアもありでさまざまな要素が詰め込まれており
かなりやり過ぎな感があるがそれが良いのだ!

そして10、11曲目が本作の話題をさらったお待ちかねのカヴァー曲である!
何とXとQUEENのカヴァー“Blue Blood”、“The Show Must Go On”
取り上げているぞ!Blue Bloodはシンセ入りだがけっこう忠実にカヴァーされており
歌詞も何と日本語だ!(笑)DRAGONLANDRusty Nailにおける
赤いティクビの恐怖が呼び起こされるがなかなかに頑張っており実に楽しく
聴けたぞ!
共に歌っちまうな(笑)。再結成ライヴも観てグダグダな演奏
ゲンナリしたんだが、やっぱX最高だわ(爆)。
The Show Must Go Onも忠実にカヴァーしているが後半から疾走しギターも
オブリを入れシンセソロも登場しツーバスも踏み出すぞ。やはりヴォーカルは
ちゃんと歌えているもののフレディには遠く及ばんのう・・・!Blue Bloodでは
気にならなかったのはやはりTOSHIと実力的に差がなかったからだろう。


INTO ETERNITYよりはメロスピ、様式美メタル要素があるのでクサメタラーも
十分楽しめるであろう。QUEENやXのカヴァーで話題が先行した感があるが
それらのカヴァーが無くても十分楽しめるぞ!捨て曲は無い!B級臭さも
逆に往年のクサメタルを思い出し俺みたいなリスナーにとってはプラス要素である!(笑)








満足度 92% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system