ASPHYX







"Deathhammer"




オランダ出身のオールドスクールデスメタルバンドによる8thアルバム。


1987年に結成され、AUTOPSY、BOLT THROWER、OBITUARY辺りと共に
デスメタル黎明期を支えた大御所バンドの一組とされる存在で、
通産6作目のアルバムをリリースしてからしばらく解散するものの、
8年後に復活し、今もまだ現役で活動しアルバムを出しているようだ・・・!
音楽的にはオールドスクールな昔ながらのブルータルデスを基本としつつ
様々な側面を見せるバンドでもあったようで、ドゥームハードコア、
さらにはゴシックメタルの要素なんかも持っており、アルバム毎に
方向性が変わるバンドだったらしい・・・!
本作の方向性はなかなかに
パンキッシュな勢い、ノリの良さを見せる疾走チューン主体な感じだが、
曲によってはスローテンポの重苦しいドゥーム要素も見せており、
その幅広さ(節操の無さ?)に驚かされるな。

1曲目は出だしから早速デスラッシュ的に疾走し、オールドスクールな
ブルデス風味
も漂わせ2曲目もそんな感じの昔ながらのデスメタルに
近い疾走チューン
だが、パンキッシュなノリもあり軽快だな・・・!
3曲目は一気に邪悪で退廃的スローテンポのドゥームメタルと化し、
後半で荘厳さのあるハモリギターも聴けるぞ。4曲目は再びストレートに疾走し
パンク、ハードコアブルデスの中間と言えそうだが、途中でスローテンポになるぞ。
5曲目は再び荘厳で重厚なスロー曲となりつつ、途中でテンポアップしており
6曲目は勢い良く疾走するファストチューンだ!7曲目はパンク的リフが主体の
ミドル曲で、8曲目は倦怠感あるリフ、リズムのスロー曲。9曲目は疾走チューンで、
やはりリフ、リズム等ハードコア的なノリが見られるな・・・!10曲目はリフで引っ張る
スロー、ミドル曲となり、荘厳さは薄いがドゥーム感はあり、後半で疾走するぞ。


上記したよう、パンク、ハードコアに通じるノリを見せる疾走チューン
聴けたかと思えばそれとは間逆の、重厚で退廃的、荘厳な印象のスローな
ドゥームメタル
が聴けたりとかなり幅が広いデスメタルを展開しておる!
昔ながらのオールドスクールなブルデスを再現しているからか、現代の
バンドとは思えぬプロダクションの軽さ、チープさが気になるし、
パンク的な要素があるが故に疾走曲のリフが単純で物足りないのが
弱点だろうか!?ドゥーム曲で聴ける荘厳さ疾走チューンにも
あれば大分好印象になった
だろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 Into The Timewaste  Deathhammer
Reign Of The Brute







もどる


inserted by FC2 system