ASPERITY







"The Final Demand"




スウェーデン出身の正統派メロディックメタルバンドによる1stアルバム。


デスラッシュバンドCARNAL FORGEのメンバーによって新たに結成されたバンドで、
音楽的にはエクストリームメタルの欠片も無い正統派かつメロディアスな王道の
HM/HR
で、基本はミドル、スロー派手さは無く淡々としたムードを放っており
ヴォーカルは正統派パワーメタルと言うよりもメロディアスハード系に向いた
甘めの声質
叙情的な空気を醸し出しておるのう・・・!

1曲目は早速のストロングなリフメロウなリードギターで幕を開けミドル、スローで
淡々と展開、
ヴォーカルはメロハー系に通じる甘めの声質無骨なバンドサウンドとは
ちょいとミスマッチ
かも知れんが、プロダクションがさほどゴリゴリじゃないんで
そこまで浮いてはおらずメロディアスなメタルとしてなかなかに良質である!
ギターソロもメロディー重視で良いな。
2曲目はちょいと緊迫感を見せ始め疾走!
一瞬ネオクラ風ギターも聴けるがその後はまた淡々としたミドルテンポになるのう・・・!
サビがキャッチーで良くギターソロもなかなかの流麗さを見せ縦横無尽に弾いておる!
3曲目はこれまたスロー気味のミドルテンポで淡々としているがギターは叙情的だな。
ギターソロはこれまた主張が強いぞ!4曲目はアップテンポの正統派だがAメロで
マイルドなクリーンギター
が聴けたりとメロウな要素も強いな。ギターソロも速弾きながら
メロディアスさもあり聴き所になっているぞ!
5曲目も勇壮なギターで幕を開けるが
淡々とした印象も強いミドル曲。
6曲目も出だしは淡々としているがその後テンポアップ、
駆け足程度
だが多少は疾走感を見せノリの良さを放つぞ!7曲目は正統派らしい
ストロングな硬派さ
を見せるパワフルなギターが聴けるアップテンポ曲だ!8曲目も
いかにも正統派な無骨さ、力強さ劇的さを見せる疾走チューンでサビもキャッチーだな!
9曲目はクリーンギターメロウさを見せるパワーバラード風の曲。メロディーは80年代に
通じるキャッチーさがあるな・・・!
10曲目はアップテンポ正統派的なストロングさを
見せるも
ヴォーカルメロディーは相当にフックがありこれまた実にキャッチーである!
ボーナストラックの11曲目はベースが唸りつつ淡々としたムードを漂わせパワーバラード然とした
雰囲気
を放ちサビはやはりキャッチーに盛り上がるのう・・・!


疾走感や派手さは無く全体的に淡々としているが、正統派系のメロディックメタルとして
なかなかに良質
ツボを押さえた曲作りをしておるのう・・・!甘めのヴォーカルが
何気に良い仕事をしており、
ただ無骨なだけではないキャッチーなメロディアスさ、
叙情性
を放っておりデスラッシュ畑とは思えない芳醇さを湛えておる!本作1枚で
消えてしまったのが惜しいバンド
じゃのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Pleasure and Pain  Soul Collector  The Man with 1000 Faces
Past Life  My Sad Eyes







もどる


inserted by FC2 system