AS BLOOD RUNS BLACK







"Ground Zero"




アメリカ出身のメタルコア/デスコアバンドによる3rdアルバム。


カリフォルニアから登場した5ピースバンドで、デビュー以来何度かメンバーチェンジがあり、
さらにレーベルとも揉めて本作はクラウドファンディングで資金調達して制作されたと言う、
なかなかに波乱万丈なバンド生活を送っているようだ・・・!本作は彼らの通産3作目で、
THE BLACK DAHLIA MURDERとよく比較されており、そんな感じの北欧メロディックデス直系の
叙情リフ
が聴け疾走、ヴォーカルもハイピッチのスクリーチ低音グロウル等を使い分け
THE BLACK DAHLIA MURDERらしさを感じさせるも、メタルコア要素の無い完全メロデス
向こうと異なりブレイクダウンも多用され、クリーンVoも一部で使われておるのう・・・!

1曲目から早速THE BLACK DAHLIA MURDERを思わせるメロデス、ブラックメタル的な
ギター、絶叫
と共に疾走!デスVoも高低使い分けておりそれっぽいが、メタルコアらしい
咆哮やブレイクダウンも聴けるぞ。2曲目もメロデス的な叙情リフと共に疾走し
途中ブレイクダウンになるが、その後はギターソロが聴けクリーンVoも少し登場、
後半は美麗なストリングスが顔を出すのう・・・!3曲目も叙情リフ、絶叫と共に疾走しつつ
テクニカルな手数も見られ、4曲目もまた叙情ギターと共に疾走しておりエモいパート
シンガロングも登場するぞ。5曲目もメロウなギターが聴けつつベースも目立ち、
細かいフレーズ
はどこかエモメタル寄りだろうか!?中盤クリーンギターがマイルドさを演出、
ギターソロもアダルトな泣きを見せているのう・・・!6曲目は穏やかながら怪しげなギター
目立ちベースがテクニカルインスト。7曲目はこれまた穏やかな感じで
エモさ
を放っており、疾走パートもメロデス、メタルコアと言うよりプログレッシヴな
スクリーモ
と呼べそうな感じじゃのう・・・!8曲目はテクニカルさを放ち疾走!
クリーンVoも聴けこれまたプログレスクリーモ的な印象があり、ギターソロも流麗だな・・・!
9曲目もギターやベースが唸りテクニカルさを見せるが、多少はメロデス的な
リフ
も見られシンガロングブレイクダウンも登場、10曲目はストロングな
印象のあるリフ、リズム
で力強く展開、チープな音色のリードギターも聴けるぞ。


まさしく上記したよう、ブレイクダウン入りのTHE BLACK DAHLIA MURDERと言えそうな
サウンドなんだが、結構テクニカル寄りな部分があったりヴォーカルが向こう以上に
器用な使い分け
を見せたりとただのフォロワーでは無い面も見られるだろうか!?
音作りはそこまでゴリゴリなヘヴィさは無いが、ギターリフは引っかかるような
硬質さがあり演奏もタイト
なんだが、ドラムが軽くそこが気になるだろうか!?
メタルコア寄りのTHE BLACK DAHLIA MURDERではあるが、アルバム後半で
やけにエモくなったりテクニカル路線になったりと焦点が定まっていない印象もあるな。
今風なチャラさの無い、昔ながらの叙情メロデス要素入りメタルコアだと思って
聴いたほうが楽しめるバンドかも知れんのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Insomniac  Ground Zero  Vision
Surrender







もどる


inserted by FC2 system