ARMORY







"The Dawn Of Enlightenment"




アメリカ出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


以前レビューしたビデオゲームメタルバンドVOMITRONと同じく、METAVANIA MUSICに
在籍しているバンド
で、今回もVOMITRON同様うちのサイトに直接コンタクトして
頂いた
わけだが、彼らの音楽性はアメリカ出身とは思えぬ程にヨーロピアンな
メロディックパワーメタル
となっており、ツインギターキーボードを配した
煌びやかさと力強さの双方を兼ね備えているぞ!

1曲目はシンセ荘厳なムードを演出しギターも顔を出すエピック的なイントロで、
続く2曲目は煌びやかなシンセ、ギターハイトーンVoが顔を出し疾走開始!
とてもアメリカのバンドとは思えぬヨーロピアンメタル振りを発揮しており
北欧メタルとジャーマン足して2で割ったような印象があるな・・・!
ギター、キーボードのソロバトルも熱く大きな聴き所である!3曲目は正統派寄りの
勇壮さ、男の哀愁を感じさせるミドルテンポ
で始まりその後はアップテンポで展開、
ギターリフがしっかりしている
所がパワーメタル的で良いな。ギターソロがまた
ドラマティック
でその後はさらにテンポが上がるのう・・・!後半のギターがまた
メロディアス
である!4曲目は叙情的なアコギ、シンセストリングスメロウさを
演出するバラード曲。
サビはクワイア的な分厚いコーラスが聴け男らしさを放ち、
その後はホーン系の音色も顔を出しバラードなのにエピックな勇壮さもあるか!?
5曲目はキャッチーなノリを放つリードギターが聴ける軽快なアップテンポ曲で、
正統派に近い部分もありリフやリズム等どこかIRON MAIDENに通じる要素があるか!?
8分近くある長めの曲
で、シンセも顔を出しつつ中盤のパートもどこかIRON MAIDENライクだが
その後は疾走しシンセソロ、ツインリードにギターソロが聴けるぞ!6曲目もまた
印象的なリフ、リードギターで幕を明けるアップテンポの正統派寄りメロパワで、
インストパート
におけるギター、キーボードの絡みが熱いのう・・・!7曲目もまた正統派メタルの
要素が強いギターリフ
カッコ良さを放つインストのアップテンポチューンだ!
ギターフレーズがまたIRON MAIDENっぽくどこかプログレッシヴな印象もあるか!?
8曲目は正統派系のリフシンセが乗り疾走するメロパワチューンで、キラキラした
シンセ
も顔を出しまさしく北欧メタルとジャーマンメタルのいい所取りと言えそうな曲調である!
途中聴ける勇壮なコーラス、クリーンギターのパート、その後のリードギター
メランコリックな印象があるな・・・!9曲目は明るめのシンセ、ギターフレーズが聴ける
これまた正統派寄りのメロパワとなり、勇壮かつ叙情的なリードギターも聴けるぞ!
10曲目は何と14分近くある大作で、ピアノとシンセで幕を開けどこかプログレ的な
雰囲気
を放つ出だしからこれまたIRON MAIDENに通じる正統派HM/HRとなりアップテンポで展開、
途中で穏やかなシンセ、ベースをバックにギターがエモーショナルなソロを披露し
こういう部分がまたプログレッシヴロックに近いのう・・・!その後はシンセがシリアスさを放ち
ダークかつワイルドなノリ
を見せ始めるぞ!ラストでは哀愁漂うギター男らしいクワイアも聴け
実に勇壮じゃのう・・・!11、12曲目はボーナストラックとなっており、前者はIRON MAIDENの
“Flight Of Icarus”のカヴァー
で後者は何と日本の有名ゲーム“ロックマン”の楽曲のカヴァーである!
こういうチョイスがVOMITRONとの繋がりを感じさせてくれるのう・・・!


アメリカ出身のバンドとは思えぬ本格ヨーロピアンメロパワである!今風の要素は
微塵も無い、モダンでも無ければデジタル要素も無い、正統派HM/HR、ジャーマン、
北欧メタル
の流れを見事に受け継いだメロディックメタル振りが実に眩しいのう!
プロダクションは少しだけ軽い気がするものの決して悪くは無く、演奏もそれなりに
タイト
でしっかりしておりヴォーカルも北欧メタル的な声質である!長めの曲もあり
ちょいと冗長な部分も無きにしも非ずだが、総じて良曲、佳曲揃いのアルバムだと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Faith In Steel  Riding The Cosmic Winds  Forged In Dragon Flames
The Eyes Of Time







"Empyrean Realms"




アメリカ出身のメロディックパワーメタルバンドによる2ndアルバム。


アメリカのバンドとはとても思えぬ本格派ヨーロピアンメロディックパワーメタル
プレイし評判となった6人組バンドによる2作目のアルバムである!本作もまた
北欧やドイツのバンドのような欧州型メロディックメタルを徹頭徹尾追求しており、
さらに洗練された印象もありプロダクション、演奏面でも向上が見られるぞ!

1曲目はメロパワ、メロスピと言うよりも洗練された上質のメロディックメタル然とした
佇まいを見せるミドル〜アップテンポチューンで、正統派ライクな要素もあるがパワーより
メロディアスさを重視した
ような印象がありこういう部分がヨーロピアンメタルじゃのう・・・!
ソロパートもまた充実しているぞ!2曲目は正統派ライクなリフシンフォニック系の
ストリングスシンセ
が乗り、勇壮さと共にメロパワ的な疾走感を放つぞ!ソロパートが
これまた長め
プログレッシヴな要素もあるか!?3曲目もどこかプログレハードと
言えそうな雰囲気を持ったミドル曲
で、明るめのシンセが目立っておりバッキングも
また結構細かい部分があるな・・・!
中盤で短いながら唐突に疾走しその後の雰囲気も
変わってくるのう・・・!ギター、シンセのユニゾンソロネオクラシカル様式美だ!
4曲目は唸りを上げるベース、シンセで幕を開けこれまたプログレハード的なテクニカルさを
見せつつも疾走!
ヴォーカルやギターのメロディーは勇壮かつどこかゲームミュージック風
言えなくも無いだろうか!?5曲目はホーン系シンセシンフォニックな勇壮さを見せギターも登場、
シンセの音色やフレーズがこれまたゲームミュージックに通じる空気を醸し出すインストで、
6曲目はシンセを交えつつも正統派メタル的なノリの良さを放つアップテンポチューン。
リードメロディー
勇壮なフックを見せておるのう・・・!7曲目はちょい淡々とした
ミドルテンポ
で、ギターやシンセが自己主張しているがプログレッシヴな部分は少なく
80年代メロハーに近いムード
もあるだろうか!?8曲目はストロングかつシリアスな音作りを見せる
正統派寄りのアップテンポチューンで、ワイルドさを放つリフがカッコ良いが
その後はテンポダウンしこれまたプログレハード風のミステリアスさも演出されるぞ。
9曲目は煌びやかなメロウさを放つシンセ、ホーンの音色に始まり正統派メタルライクな
リフ、リードギター
が顔を出しアップテンポで展開、これまた80年代メロハーに通じる
キャッチーさ
がありメロパワ的な疾走パートも顔を出し実にドラマティックである!
後半もシンフォニックなシンセが目立っているぞ!


前作同様の本格派ヨーロピアンメロディックメタルで、前作でもそういう要素はあったが
今回プログレハード的な側面もちょくちょく目立つようになって来ておりテクニカルな
アンサンブル、シンセの音色
等がそういった雰囲気を強めているが、だからと言って
テクニック重視になってしまうような事は無く、あくまでもメロディックメタルの範疇で
プログレ要素を見せているだけ
なんで冗長さが目立つような事は無い!
彼らの影響元
と思しきIRON MAIDENにもプログレッシヴな素養はあるんで、
そういった側面が表に出て来たような印象だろうな・・・。全体的にメロパワ、
ジャーマン要素は薄れた感があるが
それでもクオリティーは高いぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Dreamstate  Reflection Divine  Horologium
Elements of Creation  Quest for the Fleece







もどる


inserted by FC2 system