ARMAGEDDON REV.16:16







"Sundown on Humanity"




キプロス出身の正統派HM/HRバンドによる1stアルバム。


結成は1985年と意外と古い、キャリアのあるベテランバンドなんだが、当時は
EPのみしかリリースしておらず、そのEPもマニアの間では相当なプレミア品と
なっているようだが、
その後沈黙を経て何と2014年にようやく初のフルアルバム
リリースする事になったようだ・・・!音楽的にはダークでミステリアスなムードを
内包した、
ちょい様式美的な空気を漂わせた正統派HM/HRとなっており、部分的に
シンセオーケストレーション等がシンフォニックさを放つが、基本的には怪しく
シアトリカル
な空気を醸し出すドラマティックな正統派パワーメタルだな・・・!
音はチープだが演奏は意外としっかりしており、Voも正統派らしい声質で芝居がかった
歌い回し
を披露しておりそれなりに歌えているのう・・・!

1曲目はシンフォニックなオーケストレーションに怪しげなバンドサウンドが聴ける
イントロで、2曲目はいきなりのアカペラVoに始まりダークで淡々としたムードを演出、
その後は正統派HM/HRライクなノリを見せつつオーケストレーション、クワイア等も
顔を出すのう・・・。3曲目は淡々としつつVoが多少は勇壮さを感じさせるだろうか!?
ギターソロがメロディアスで良いな。4曲目は正統派らしくも怪しげな軽快さがあり、
ギターソロがこれまた劇的である!5曲目は淡々としたエキゾチックな怪しさが見られ、
6曲目はか細いギターが目立ったアップテンポ寄りで、7曲目は悩ましげなVoが印象的な
メロウさのある80年代っぽい曲だな。8曲目は淡々とした穏やかな曲に見せかけ
本作中最も疾走感あるメロパワ色濃いファストチューンだ!9曲目は口笛
クリーンギターで幕を開け、その後は淡々としたミドルテンポの正統派となり、
10曲目は怪しげなギターが目立ったスロー、ミドルテンポで11曲目は穏やかな出だしから
妙に牧歌的なギターが登場、12曲目もやけに牧歌的な軽快さがあるな・・・!


部分的にシンフォニックなシンセが彩りを加えるが、基本的にはバンドサウンド主体の
正統派HM/HRとなっており、ダークでミステリアスなドラマティックさを放ち
シアトリカルな歌い回しを見せるVo等と相まってかなり劇的な印象があり、
所謂メロパワ、メロスピネオクラシカルとは異なるが、様式美的な
正統派HM/HR
としてチープながらも良質なサウンドを聴かせてくれるのう・・・!全体的に
80年代のアンダーグラウンドなNWOBHM的如何わしさもあり、
クサメタラーよりもそういう怪しさを好むマニアックな
オッサンメタラー
が喜ぶタイプのバンドだな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Human Sundown  Strange Dreams
13-Seventh Eleven







もどる


inserted by FC2 system