ARKAIK







"Nemethia"




アメリカ出身のテクニカルデスメタルバンドによる5thアルバム。


どうやらバンドでは無くシンガーギタリストによるユニット体制のプロジェクトらしく、
ドラムを含めゲストを数人招いてレコーディングされているようで、本作は彼等の
通産5作目のフルアルバムとなっているようだ。音楽的には緻密で複雑な演奏と共に
ハイテンションな勢い、疾走感も見られるテクニカルデスで、硬質なプロダクションが
タイトでソリッドな演奏をより引き立てており、Voは高音喚き、低音グロウル
テンションの高さを増強、ユニット形式ながら纏まりのある質の高さが見られるな・・・!

1曲目は早速の硬質さを感じさせるテクニカルさが見られ、勢いある疾走感もあり
クリーントーンによるギターが独特の浮遊感を演出、2曲目はシンフォニック
出だしから怪しげなムードを漂わせるテクデスとなり、3曲目はピアノ、ストリングス類
さらにシンフォニックさを増強する、ドラマティックさのあるテクデスだ!
9分以上あるがオーケストレーションに加えギターソロもメロディアス
聴き応えあるのう・・・!4曲目はエキゾチックな怪しさを放つ笛メインのアンビエントな
繋ぎのインスト
で、5曲目はテクニカルな勢いを放ちつつDjent的な要素も見られ、
流麗かつ捩れたようなギターソロも登場、6曲目は意外にもネオクラシカル的なギターが
顔を出すテクデスで、7曲目はクリーンギター、オーケストラがクラシカルさを演出する短い繋ぎとなり、
8曲目はドラマティックかつアグレッシヴ劇的爆走テクデスとなるぞ!
9曲目は怪しいクリーンギターに始まる、これまた重厚で壮大なテクデスだな・・・!


技巧重視テクデスでありつつ、随所でオーケストレーション等を導入しており、
ただの技巧ひけらかしバンドとは異なるドラマティックさ、聴き応えを持った
実力派バンドである!プロダクションも硬質さがありこの手のテクデスに
マッチ
しており、疾走パートが多く勢いで聴き通せるのも好印象である!
テクデス初心者にも上級者にもオススメ出来る、真の実力派バンドだと言えよう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Occultivation  Order Of Hierogon
The Eupnean Relic  Telegnosis  Nexion Stargate







もどる


inserted by FC2 system