ARCITE







"The Escape Key"




イギリス出身のメロディックデス/メタルコアバンドによる1stアルバム。


イギリスはニューキャッスルから登場した新人バンドで、音楽的にはとりあえずは
メタルコアのカテゴリーに入るのだろうが、実際にはかなりメロデス、デスラッシュの
要素が強い感じ
で、最近のメタルコア勢には無いメロデス直系の叙情性を放ちつつ
タイトな疾走感デスラッシュに近いが、咆哮タイプのデスVoやサビ等で顔を出す
エモ、スクリーモ上がりのクリーンVoメタルコアらしいのう・・・!

1曲目はクリーンギターに始まり叙情的なハモリギターも聴けるメロウなイントロで、
続く2曲目はデスラッシュ的な勢いある突進力を見せつつもメロデス寄りのリフワークを
披露するファストチューンだ!
ヴォーカルは咆哮タイプのシャウトクリーンVoで、
この辺がメタルコアらしい部分だな。ギターソロは後半で顔を出しメロディアスさ重視の
プレイ
を披露しているが、フレージング的にどこかスクリーモっぽいか!?3曲目もまた
エモ、スクリーモに近いギターで幕を明け、ストリングス系の音色も顔を出し淡々とした
叙情性
を演出、その後はミドルテンポで展開し一昔前のメロデス系メタルコアにかなり近い
音作りになるのう・・・!
ヴォーカルは基本メタルコア系咆哮だがサビはやはりクリーンVoだ。
中盤以降で疾走し、パンク的かつ男臭いシンガロングも聴けるぞ。4曲目もまたリフがメロデス由来の
叙情性
を醸し出しており、退廃的な空気も放たれる不穏なスロー/ミドル曲だが途中からメロデスリフ
共に疾走開始!ストリングスも顔を出し壮麗さもあるだろうか!?5曲目はモールス信号のような
ノイズ
淡々としたバンドサウンドが登場、へヴィさを放つグルーヴィーなスローチューンとなり
ノリの良いテンポになりつつサビはやはりクリーンVoだな。6曲目はグルーヴィーさ重視のリズムが聴ける
ミドル〜アップテンポチューンで、ワイルドな側面も見られ一部で疾走もするぞ!
7曲目はメロデス系のリフを披露しつつもスローテンポ重苦しさを演出、デスVoは早口で
捲し立てるようにシャウト
しており、ちょいとカオティックなリズムもあるが同時に
ストリングスシンセも顔を出しシンフォニックな盛り上がりもあるな。中盤以降で
デジタルサウンドも唐突に聴けるぞ。8曲目は穏やかなベース、クリーンギターで幕を開け
淡々と展開ポストロック的な印象もあるがその後はメタリックな音作りになり疾走するぞ!
9曲目も退廃的かつ胸を焦がす叙情性を醸し出す出だしから疾走開始!メロデス要素もあるが
ニュースクール系にも通じる雰囲気があるだろうか!?10曲目はクリーンギター穏やかさを放ち
デジタルリズムがちょいとイマドキっぽさを演出するポストロック風メロウなインストで、
11曲目はストロングな突進力を見せるメロデス系のファストチューンだ!リードギターがまた
叙情的なメロディーを紡いでおり良いのう・・・!


メタルコアタイプのバンドと見せかけておいてその実相当にメロデス、デスラッシュ的な
側面
が強く目立っており、サビ等でなかなかに自己主張しているクリーンVoや部分的に見られる
グルーヴィーな乾いたノリメタルコアっぽさを放っているが、それ以外は完全に
メロデス、デスラッシュ系
となっており、近年のモダンなメタルコアに辟易している
メタラーの溜飲を下げさせてくれるバンドだと言えそうか!?まぁ特にこれと言った
個性は無いが、
新人としてはタイトで平均点は突破しているだろうな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Removed  Perfect  For The Night  Amongst Ashes







もどる


inserted by FC2 system