APSALUS







"ツバサヲクダサイ"




FluoriteやLONGINUSのプロデューサー、Taihoo氏によるミニアルバム。


元GALNERYUSのベーシストTsui氏によるFluoriteLONGINUS
プロデュースを手がけるTaihoo氏によるプロジェクトである!
俺自身も数回ほど彼と会いアドバイス的なもの(?)を頂いているが
そんなTaihoo氏が満を持して放つ本作の音楽性は女性ヴォーカル
擁し様式美メタルからポップなメロハー、プログレなど幅広い
スタイルのHR/HMをプレイしておりヴォーカル以外は全て
打ち込み
のようだが六弦アリスを思わせるリアルさがありその辺は
流石にホンマモンのメタルをプロデュースしているだけあって
安心のクオリティーを備えているな・・・!ちなみにこの女性Voは
Fluoriteでも歌っているYuri氏である。

1曲目のイントロで早速チェンバロが登場しバンドサウンドは
打ち込みだが女性ヴォーカルが堂々と歌いあげるシンセ入り
様式美メロディックメタルとなるぞ!ヴォーカルはなかなかに上手く
媚びた声ではないパワフルさも感じさせ好感が持てるな。
途中の間奏はいかにも様式美なクッサイチェンバロ、ギターソロが
聴けネオクラ者に響く展開となっているぞ!2曲目はうってかわって
明るいシンセが聴けるポップなメロハーとなりVAN HALENとかを思わせる。
ギターソロは打ち込みだろうがなかなか説得力のあるリアルな音
出しているな。3曲目はちょいモダンなリフハモンド音、シンセ
聴けるプログレ的な雰囲気を持った曲だ。アコギソロも面白くドラムソロに
スペイシーなシンセ、スラップするベース、ギターソロの上で聴こえる
笑い声、そして語りが聴き所か!?4曲目はこっ恥ずかしい語りのみの
トラックでそれに続く5曲目はこれまた妙にポップで明るい
メタルかどうかも怪しい楽曲
となる!(笑)ギター以上にシンセが目立った
アレンジとなっており歌詞も実に恥ずかしいのう・・・!(笑)


5曲中ポップな雰囲気の曲が2曲もあり特に5曲目なんかは
もうほぼ脱メタルしており歌詞も含めてTaihoo氏のコワモテからは
想像がつかない
んだがそのギャップが良い!?(爆)アレンジ面で多少の地味さ
感じさせつつも部分的なフレーズ、展開がメタルやプログレの
ツボ
を心得ている辺りは流石である!もしギターが生なら
バッキングとかももっと前に出てきて地味さを感じさせない
音作り
になったのかも知れんな・・・!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 73% お気に入り曲 ツバサヲクダサイ、呪う言葉







"雪の林檎"




FluoriteやLONGINUSのプロデューサー、Taihoo氏によるシングル。


プロのミュージシャンの中で活動するプロデューサーTaihoo氏による
プロジェクトの新たなシングルである!音楽的にはポップな
女性ヴォーカル
を基本としつつも様式美メタルからライトなメロハー、
プログレハード
までさまざまなスタイルを持っており、
前作は女性Voのみだったが今回は語り、男VoをTaihoo氏自らが
行っており語りはどこか筋肉少女帯っぽく、ヴォーカルは
日本語詩で元GALNERYUSのYAMA-B氏に近い声質だと思う。

1曲目はいきなり流麗なアコギに始まりモダンなリフ、ベースが
聴け男声による大仰なファンタジック語りが登場!なぜかラップ的(?)な
掛け声にシンセ、ギターの速弾きが切り込みそして野郎の掛け声が登場し
筋肉少女帯をミクスチャーにしたかのような雰囲気だ!
それに続く2曲目はシンセが使われた正統派のメロディアスな
HR/HM
となり今度は男女ツインVoとなるぞ!ミドルテンポで
バリバリのメロパワとかではなく所謂シングルカット向けの
キャッチーさ
があるな。まぁこれシングルだが(笑)。ラストは
ツーバス連打も登場し女性ヴォーカルもハイトーンで歌い上げる!
3曲目は笛の音のシンセが聴け北欧メタル的な冷たさを感じさせ
ギターが打ち込みとは思えないリアルな音でソロを奏でるぞ!
そしてラストは鐘の音で終了する。


打ち込み臭さを隠すためなのかプロダクション的にギターの
リフが奥に引っ込んでしまっているのが勿体無いが
シンセの使い方や部分的なアレンジにメタル魂が牙を剥く、
ポップな雰囲気を出しつつもあくまで根底はメタルなんだと
主張するかのような音作りが良いな。バリバリのメロパワ、
思い切りメタル然とした楽曲
も聴いてみたいがこれはこれで
個性があるといえるだろう!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 雪の林檎







"微痛の楽園"




FluoriteやLONGINUSのプロデューサー、Taihoo氏によるカヴァーシングル。


FluoriteLONGINUSのプロデュースを手がけるTaihoo氏によるプロジェクトによる
久々の音源だ!今回は2曲入りのシングルでそのうち1曲は何と日本のプログレバンド
月比古、死蝋月比古でヴォーカルをとる女性プログレミュージシャン畑 亜貴
楽曲のカヴァーである!最近じゃアニメ畑で知名度を上げてきているらしいが
俺らにとっては間違いなくプログレ畑のミュージシャンよ!そんなわけで
ジャップスプログレ者にはグッと来るものがあるシングルに
仕上がっているのではないだろうか!?そんでもう1曲は伊藤千夏なる人物の
楽曲で全然知らんがAV女優なのかね!?(爆)
ググってもそっちのほうしか出てこないんだがどうなのだろうか!?

1曲目は早速緊迫感あるシンセ、ドラムで幕を開けるも女性Voが入ると
ポップな印象になるアップテンポ曲でギターソロは打ち込みだろうが
なかなかにエモーションがありメタル心を刺激するフレーズを聴かせてくれるぞ!
2曲目はチェンバロで幕を開け妙にポップな曲調になり80年代ライクな
明るいシンセがEUROPEの“THE FINAL COUNTDOWN”を思わせヴォーカルメロディーは
かなりクサく叙情的で、曲調自体は淡々とした昔風のハードロックだがメロディーは
まさにクサメタルのそれである!ワウをかましたようなギターソロも打ち込みだが
妙に説得力があり流石にこの辺はなんちゃってメタルではない、
本物のメタル畑の人間ならではのアレンジ、フレーズじゃのう!


たった2曲のカヴァーシングルだがどれもメロディーがクサくキャッチー
アレンジは淡々とした古き良きオーソドックスなハードロックスタイル
踏襲しておりここ最近の派手なメタルとは異なりアグレッションもテクニカルさも
無いがHR/HMのツボを突いており、ポップなアニソン要素が受け入れられる
80年代メタル好きなら楽しめるだろうな!まぁこういうタイプのメタルにしては
ちょいとリフが弱めで地味に感じられなくも無いが打ち込みなのに妙にリアルなのは良い!
非東方カヴァーは貴重なんで是非フルアルバムも聴いてみたいものじゃて・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 全部







"恋人たち"




FluoriteやLONGINUSのプロデューサー、Taihoo氏による最新シングル。


どうやら本作はAPSALUS名義と言うよりも別プロジェクトのBANSHEE、MAGNA MATERも
ひっくるめての1作
らしいが驚くべき事に音楽的にはまったくもってHM/HRではなく何と
バリバリのメジャーキーで書かれた完全ポップススタイルとなっておる!(爆)
そんなわけでコアなメタラーはそっぽを向きそうだが何気にシンセの使い方インストパート
プログレハード的な側面を見せておりやはりこういう部分で素が出てしまうのだろう・・・!

1曲目はキラキラしたシンセに始まり妙にポップなムード漂う音作りになり
明るくある意味こっ恥ずかしいムードが漂うもその一方でプログレに通じる
シンセワーク
が顔を覗かせておりデジタルポップでありつつも通好みな部分が
あるだろうか!?
2曲目はこれまた何故かシンセメインのポップな曲調
男Voが顔を出し続いて女性Voも登場、男女ツインVoとなりシンガー両者の声質は
シリアス系
なのに曲がポップスなので妙なギャップがあるのう・・・!中盤で
唐突に雰囲気が変わり語りに続きメロディアスな泣きのギターソロも聴けるぞ。
3曲目はベースがジャジーなムードを放つもやはり曲調はポップス系
男女ヴォーカルも無理矢理(!?)明るく歌おうとしているのが伺えるだろうか!?(爆)
中盤はプログレハードっぽくなり速弾きシンセソロ泣きのギターソロも顔を出し
やはりこういう部分で下地が透けて見えてくるな・・・!


メタル畑のプロジェクトなのでそういう音を普通に期待していたら意外にも思い切りポップスで
肩透かし
を食らったが2、3曲目の中盤等部分的ではあるが本来の素養
見られるしヴォーカルがポップスらしくないHM/HR寄りの歌唱で押し通そうと
しているのがある意味好印象だろうか!?女性Voなんて陰陽座の黒猫っぽいしな(笑)。
まぁそれでもHM/HRではなくポップスなのでメタラーが安易に手を伸ばすと
危険な一枚
である事は確かじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 62% お気に入り曲 仄かな情熱







もどる


inserted by FC2 system