APOTHESARY







"A Harsh Reality"




カリフォルニア出身のデスラッシュバンドによる1stアルバム。


HATCHETのギター、Clayton Cagleによって結成されたカリフォルニア産バンドで、
本作は2011年にリリースされたデビューアルバムとなっており、音楽的には
かなりスラッシュメタル然としたノリ、勢いが見られるデスラッシュで、部分的に
パンク寄りなリズミカルさ、頭の悪さが感じられるが、それと同時にメロデス的な
ギターフレーズ
も一部で顔を出すのう・・・!Voはデスメタル然とした吐き捨てグロウルである。

1曲目は意外とパンキッシュなノリを放ちつつスラッシーでダーティーなリフも聴ける
イントロで、2曲目はデスラッシュ色濃いリフが目立ち、ギターソロはかなり勢い良く
弾きまくっているが
ソロパートのリズムは淡々としたミドルテンポだな。
3曲目はメロデス的なギターワークが見られ、4曲目はパンク、ハードコア的な
ダーティーさ
が見られる疾走チューンだな。5曲目はややB級な正統派っぽい
勇壮さがあり、スラッシュメタル要素も強いんだが、下手糞なクリーンVo
サビで顔を出すのは何とかして欲しい所である(爆)。6曲目はパンクらしい頭の悪いリズム
繰り返されるコミカルなノリのミドル曲。7曲目もパンク、ハードコアテイストが見られる
疾走チューンで、ブラストも顔を出し8曲目はクリーンギターに始まり淡々とした
ミドルテンポ
で展開、9曲目は怪しく細かいギターが目立ったミドル曲。10曲目は怪しくも
マイルドなクリーンギター
に始まり、スラッシュメタル的なノリを放つアップテンポになるぞ。
11曲目は怪しくも叙情的なツインリードが登場、その後は勢い良く疾走し突進力を感じさせるな・・・!
12曲目はヘヴィ寄りかつノリの良いミドル〜疾走曲だ。


スラッシュメタル、パンク、メロデスの要素を3等分したかのような
曲調が見られるデスラッシュで、プロダクション不鮮明さがあり
演奏もそこまでタイトと呼べる程では無く、まだまだ甘い部分もあるが
パンク要素、メロデス要素
適度なアクセントになっていると言えなくも
無いかもな。人によってはやや散漫に思えるかも知れんが・・・!







満足度 77% お気に入り曲 Passage Beyond Thought  American Rust
Ashley







もどる


inserted by FC2 system