ANOTHER STORY







"Truth or Dare"




日本のメタルコア/スクリーモバンドによる1stアルバム。


世界に通用するバンドを目指して2008年に結成された若手で、本作リリース前に
既にLAでのライヴも成功させているらしく実力派である事が伺えるが、音楽的にはいかにも
今風なデジタル系のシンセを部分的に導入したメタルコア、スクリーモ系となっており
HM/HRと言うよりもラウドロック寄りなスタイルではあるが、演奏はかなりタイトで
目立ったギターソロ
は無いがオブリで細かいピロピロを披露、ヴォーカルも絶叫デスVoと
伸びのあるクリーンVo
を使い分けているが、クリーンVoが大半を占めており
この手のバンド
にあって相当に上手いのう・・・!

1曲目はメロウな流麗さを放つピアノで幕を開けデジタルリズムオペラVoのサンプリングも
登場するイントロ
で、続く2曲目はへヴィな音作りと共にピロピロギターが登場し絶叫と共に
劇的に疾走!
リードギターがキャッチーなメロディーを奏でており、ヴォーカルもシャウトと
クリーンVoを使い分け
クリーンVoがまた伸びがあり上手いぞ!中盤はデジタルサウンド入りの
穏やかさ
を見せておりアトモスフェリックさがあるな。3曲目も細かいギターフレーズが聴ける
タイトなラウド系スクリーモで、ギターは正統派寄りながらリズミカルなノリの良さも見られ
ヴォーカルは殆どクリーンだが絶叫もテンション高いのう・・・!4曲目は怪しげな遊園地ムード
醸し出すイントロに続きドラマティックなリードギター、絶叫と共に疾走!その後はまた
何とも胡散臭くクサさすら漂わせる遊園地メタルコアとなりつつキャッチーな叙情性も見せ、
珍しくギターソロも顔を出しクサめのフレーズを交えつつ流麗なシュレッドも披露するぞ!
5曲目はメロウな出だしに続きメタリックかつどこか退廃的な憂いを内包した音作りとなり
軽快なアップテンポで展開、クリーンVoがスクリーモ的なムードを放っており日本人らしい
J-ROCK風のキャッチーさ
もあるな。6曲目はスクリーモタイプの劇的さを放つギターフレーズが聴ける
軽快なアップテンポ曲で、ギターのオブリがまた細かく流麗でサビはこれまたJ-ROCKらしい
キャッチーさ
を放っているな。正統派メタル寄りのツインリードが聴けるギターソロも顔を出すぞ。
7曲目は絶叫で幕を開けるも、リズムはミドル〜スロー退廃ムードを放ちつつも落ち着いた感じで、
テンションの高いブチ切れ絶叫も聴けるがエモいクリーンVoが大半を占めているのう・・・!
中盤で一瞬だが吸いのホイッスル絶叫も披露、今や出来て当然な風潮があるか!?8曲目はシリアスな
ギターフレーズ
が聴けるモダンなへヴィチューンで、メタルコアらしい疾走感も
見せており
ギターリフもメロデス上がりのメタルコアムードを強烈に発散!サビはこれまた
キャッチーなクリーンVoで、その後はクリーンギター穏やかなムードを放つパートも
顔を出すのう・・・!9曲目はまるでGALNERYUSのようなドラマティックでクサい、
和田メタルなギターフレーズが顔を出しその後は疾走!サビのメロディーもまるで歌謡曲のようで、
いくらラウド、エクストリーム畑オシャレにやっていようとこういう部分がやはり日本人らしいのう!(爆)
ギターソロもまた日本人丸出しのクサめの歌謡メロディーを弾いているぞ!10曲目はスクリーモ然とした細かい
ギターフレーズ
に始まり穏やかさとキャッチーさを醸し出す、スクリーモ要素の強い曲調となり
ピコピコ系のデジタルサウンドも聴けるが流麗なギターソロも顔を出すぞ!11曲目はメロウなピアノに始まり
ソフトでエモーショナルなクリーンVoも聴けるバラードである。


メタルコアと言うよりはラウド寄りの今風スクリーモと呼べるであろうスタイルで、
COLDRAINCROSSFAITH辺りが引き合いに出されるであろう音作りを見せているが
これらの先人バンドに劣らぬタイトさ、クオリティーの高さがあるぞ!特にクリーンVoの
上手さ、正統派HM/HRに通じるドラマティックなリードギター
大きな武器だろうな。
ラウド畑のバンドではあるが、メタラーでも十分に楽しめるであろう本格派である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Happy Deathday  Masquerade  Beautiful World
The Greatest Plan







"The Company"




日本のメタルコア/スクリーモバンドによるミニアルバム。


鳴り物入りでデビューを果たした国産実力派メタルコア/スクリーモバンドで、本作は彼らの
ミニアルバムとなっており音源としては通産2作目である。音楽的には前作の流れを汲んだ
メタルコア、ラウド然としたヘヴィさを持ちつつもシャウト、スクリームは多くなく、
エモいクリーンVo
が大半を占めているスクリーモ寄りな感じだが、今回一部でそれなりに
ミクスチャー、ピコリーモ的な要素
も見せ始めておりこの辺で賛否分かれるだろうか!?
似たようなバンド名のANOTHER STREAMが解散してしまった今、音楽的にもそう
遠くない彼らに期待を託したい所である(爆)。


1曲目はメタルコアと言うかラウドロック然としたリフが聴けONE OK ROCKライクな
クリーンVo
シャウトも乗り疾走!サビはピロピロギターも聴けつつキャッチーだな。
途中ラップ、スクラッチが登場しミクスチャー要素を取り入れているが、これは正直
不要じゃのう・・・!
2曲目は短い繋ぎで、3曲目はクサメタル的な叙情性を放つ
ツインギターに始まり疾走!メロデスに近い印象もあるがやはりクリーンVoメインだな。
中盤の遊園地的な怪しいパートクサさを放っており良いな・・・!4曲目はいかにも今風な
チャラいトランス系シンセ
が目立ったピコリーモで、こういう方向には走って欲しく無いなぁ・・・!
5曲目は再び叙情的なギターが聴けつつキャッチーなノリの良さがあり、中盤以降のピアノ等が
クラシカルさを放ち吸いのホイッスル後は壮大な印象もあるのう・・・!6曲目はヘヴィさが減退した
軽快な音作りポップ路線だな。7曲目はアコギも聴ける穏やかなバラード風である。


オシャレでスタイリッシュな、洗練された印象のあるエクストリームメタルなんだが、
それと同時に日本人らしい叙情性、クサさが随所で見られ海外のバンドには無い
国産バンドならではの美点
を感じさせてくれるのう・・・!一本調子な印象のあったエフェクト強めの
スクリーム
も気持ちパワーを増しており、吸いのホイッスルVoもそれなりに多用するように
なってはいるが、それよりグロウル、ガテラルを習得したほうがいいと思うがどうだろうか!?(爆)
上記したように一部でミクスチャーやピコリーモ的な要素を取り入れており、
こういうスタイルは好みじゃないんであまりそういう方向性に足を向けられると
厳しくなってしまうわい!あくまでもクサメロ路線で曲の良さを追求して頂きたいモンである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 The clown in the light  System







もどる


inserted by FC2 system