ANORMA







"Hellucination"




インドネシア出身のメロディックデスメタルバンドによる1stアルバム。


シラットで有名なインドネシアから2001年に登場したバンドで、
EPを1枚リリースしており本作はそれに続く2011年リリースの
デビューアルバムとなっている。音楽的には土着的なムード
一切感じさせない、王道路線の北欧叙情メロディックデスメタル
なっており、DARK TANQUILLITY、AT THE GATES、良かった頃の
IN FLAMESの流れをそのまま汲んだイエテボリスタイルの音を
見事に踏襲しておる!
ただプロダクションは流石に10年近く前の
インドネシア
故に甘さが残り、演奏や楽曲もまだまだこなれていない
部分
が見られるだろうか!?

1曲目はアコギ、クリーンギターによる泣きを見せる叙情的なイントロで、
2曲目はダーティーな印象を放ち吐き捨ての喚きグロウルと共に
唐突な疾走感も見られ、いかにも北欧叙情メロデスなギターも登場!
3曲目は寒々しい北欧情緒を発散するスローテンポで、4曲目も叙情的なギター
主張するミドル、スロー曲だな。5曲目は気だるい女性クリーンVoも顔を出し、ツインVoで
ゴシカルなムードも無くは無いミドル、スローテンポの叙情メロデスとなり、
6曲目は久々に疾走感を放つ王道の叙情慟哭メロデスだ!サビで僅かに弱弱しい
クリーンVo
が顔を出し不要に感じるが、ストレートなメロデスとして楽しめるわい!
7曲目はミドル、アップテンポの叙情メロデスで、ダーティーかつ軽快なノリが見られ
8曲目はクリーンギターが淡々としたメロウさを演出、弱いクリーンVoも顔を出しつつ
グロウルと共に盛り上がりも見せ、泣きのギターソロも聴けるバラード路線だな。
9曲目は禍々しさも交えブラストも顔を出す疾走メロデスチューンとなるぞ!
10曲目も勢いある疾走感が見られ叙情慟哭ギターも自己主張するのう・・・!
11曲目も叙情ギターと共に疾走感を放つファストなメロデスだ!フレーズ的に
ややエモっぽい要素も感じられなくは無いか!?


インドネシア出身とは思えない、本格的な北欧叙情慟哭タイプの
メロディックデスメタル
を徹底的に踏襲しており、まさしく往年の
上記したバンド郡のあのリフ、あのメロディー
が詰め込まれておる!
全体的にはまだ未熟な面も残ってはいるが、当時のメロデスバンドも
これ位だったし、ややB級っぽい部分も含めてのイエテボリスタイルと言えるかもな・・・!
あまり疾走感が無くミドル、スロー曲主体なのもそんな感じか!?
アルバム後半で急に疾走チューンが目立ち始め、アルバム構成の雑さがある意味
辺境バンドらしい部分か!?当時の北欧叙情慟哭メロディックデスが好きなら
確実に楽しめるであろう1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 What You Hold Dear Is None  Red Storm Rampage  
Supramortal  Flame To Blame  Dark Design  Sleep Walker







もどる


inserted by FC2 system