ANIMA SACRA







"Rastros De Luz"




スペイン出身のメロディックメタルバンドの1stアルバム。


クサメタル大国スペインから新たに姿を現したバンドのデビューアルバムで、
音楽的にはキラキラ系のシンセを取り入れたメロディックメタルで、疾走しまくりの
メロスピでは無く
意外とアップテンポ止まりの曲が多く適度にシンセも目立っており
北欧メタル的な質感
を持っているが流石にそこはスパニッシュメタルだけにヴォーカルは
母国語で歌っておりこれだけで実にスペイン臭いのう!(爆)

1曲目はいかにもシンセながら大仰さのあるオーケストレーションが盛り上がる
定番のイントロで続く2曲目はメロパワ、メロスピと言うよりもメロハーに近い
質感
を持った音作りのアップテンポチューンでヴォーカルは巻き舌スペイン語だ!
キラキラ系のシンセが結構目立っておりモタり気味だがギターリフもしかとあり
ギターソロはなかなかにそつないプレイをしているな・・・!3曲目は疾走感ある
メロパワ系
で音は軽いがそれなりにストロングな所がありギターリフもしっかり存在しており
単音ピアノも顔を出しヴォーカルはクサさがあるぞ!ギターソロは疾走感を増し
タッピングを披露、
さらにバックでオーオーいうコーラスも聴けるのう・・・!
3曲目は北欧メタル的なシンセが目立ちキャッチーなノリを見せるメロハー風の曲。
冷たさのある単音ピアノ
が印象的でギターソロはどこか勇壮なメロを弾いているな。5曲目は様式美系の
チェンバロ系シンセ
細かいリフが絡み疾走する北欧系のメロスピチューンだ!
中盤で何故かミドルテンポになってしまいダレを覚える初期のSONATA ARCTICAに
通じる曲調
クサメタラー好みのキラーだと言えるだろうな。ギターソロはクサめの
勇壮なツインリード
も顔を出すぞ!6曲目はアコギシンセストリングスが聴ける
メロウなバラード。スペイン語がまた妙に哀愁を放っておるのう・・・!7曲目は早速の
勇壮なリフ、シンセで幕を開け疾走とは行かないがなかなかにストロングさを見せる
ミドル〜アップテンポ曲
でヴォーカルは淡々としているキラキラチェンバロ系シンセが
バックを彩り
サビは暑苦しく歌い上げるぞ!ギターソロはネオクラシカル臭満点
モロにパガニーニ、イングヴェイ的なフレーズである!(爆)8曲目はアップテンポリフが
正統派寄り
となっておりさらにネオクラ要素のあるオブリも登場、曲調も派手さは無い
かなり正統派メタルに近いスタイルとなっているな。9曲目はクサさのある北欧ライクな
シンセ
と共にメロスピ的な疾走を披露、ヴォーカルがサビでクサく熱く歌い上げ
ギターソロは唐突に疾走感を増すピアノをバックに泣きを見せるパートも顔を出すぞ。
10曲目は劇的さのあるイントロからメカニカルさのあるストロングなリフが聴けるミドル曲。
テクも無いのにプログレ志向になっちまった典型だがラストは疾走するぞ!
11曲目は7曲目のヴォーカル違いでこれまた上手くはない暑苦しく歌っており
ロニー・ジェイムズ・ディオを100倍ショボくしたような歌い回しも見せるぞ!(爆)


疾走一辺倒のメロスピでは無くメロハー北欧メタルに通じるシンセの目立った
メロディックメタル
ギターリフがしっかりあるのが好印象だな。演奏は上手くないし
プロダクションも軽く
ヴォーカルもどうにも腰の無い感じで楽曲もそこまでクサく
大げさな盛り上がり
を見せる事も無く淡々とした印象があるもスパニッシュメタラーなら
聴く価値は十分にあるバンド
だろうな。疾走チューンは少ないがアップテンポメインなのも
聴き易さを増している要因だろう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 Guerra  Codigo de Hammurabi  Vuela Atras







もどる


inserted by FC2 system