ANIMALS AS LEADERS







"Animals As Leaders"




アメリカ出身のインストプログレッシヴメタルバンドの1stアルバム。


アメリカ出身の8弦ギターを操る黒人ギタリストTosin Abasi率いるテクニカルメタルバンドで、
音楽的には完全インスト凄まじいまでのテクニックを見せ付ける事を主体とした超絶技巧系の
プログレッシヴメタル
をプレイしており、ギターフレーズはフュージョン的な味わいもあり
8弦ならではのタイトなへヴィさに加えデジタルサウンドを導入する事もためらいなく行い
流麗な高速シュレッドMeshuggah辺りを彷彿とさせるへヴィかつ引っかかりのあるポリリズムの
リフ
がインパクトを放っており最近モダン系のシーンで話題のDjent要素を存分に披露しておる!

1曲目は早速のデジタルビート、電子音が意外性を出しつつもすぐにモダンさのある硬質かつ
テクニカルなへヴィリフ
ポリリズムで顔を出し流麗な高速シュレッドを連発!中盤で
穏やかなクリーンギターが顔を出すも基本はテクニカルメタルである!2曲目はベース、
クリーンギター
怪しげなムードを醸し出しフュージョン的な要素も見せているな・・・!
中盤以降はエレクトリックサウンドで弾きまくっているぞ。3曲目はモダンさのある
へヴィリフ
ポリリズムを披露しテクニカルなオブリも放り込みシンセも登場、後半は
スローテンポだがユニゾンでやはり強烈な技巧を見せ付けるぞ!4曲目はクリーンギター
これまた怪しげなムードを放ちクラシック的な対位法の絡みを見せたりつんのめるような
変拍子
も披露したりと実に奥深い音を出しているが途中からデジタルリズムが顔を出しこの辺は
メタラーにはウケない部分だろうな・・・!後半はフュージョン的な弾きまくりギターも
聴けるぞ。5曲目もクリーンギター、ベースが絡み合う怪しいフュージョン系の短い曲
6曲目はアトモスフェリックなムード漂うデジタルシンセクリーンギターが登場、
リズムはやはり変態的でギターはクリーンのままテクニカルな速弾きを披露し後半で
メタリックになるぞ。7曲目も漂うようなムードクリーンギターが登場、叙情性よりも
知的なテクニカルさが強くアカデミックな味わいもプンプンなフュージョン色濃い曲
中盤はメタリックなギターも聴けるがその後はデジタルビートが自己主張しまくっておる!
8曲目はイントロからスウィープ連発で技巧を見せつけへヴィかつ変態的なリズムも登場、
完全なる技術至上主義スタイルなれどこのへヴィさはやはり良いな・・・!その後はまた
クリーンギターが顔を出しテクニカルなフレーズを聴かせシンセも顔を出すぞ。
9曲目はノンピッキング系のレガートな変態リードギターが暴れスローながら緊迫感漂う中
速弾きギターも登場、細かいフレーズを弾きまくりピコピコしたシンセも聴けるぞ。
10曲目は定番の(?)クリーンギターが複雑に絡み合いバンドサウンドも登場するがメインは
クリーンギターの短い曲。
11曲目もクリーンと言うかアコギが聴け穏やかかつどこか
オシャレなムード
が漂っているな。12曲目は軽快なクリーンギターオルタナ的なムード
見せつつもやはり根本的にテクニカルでリズムやオブリも凄まじくデジタル音も顔を出す超絶技巧ナンバーだ!


少々・・・というかかなりテクニック至上主義な所があり緊迫感はあるが音楽に
メロディアスさや曲展開、ドラマ性等を求めているとこのめくるめく奔流のような
技巧連発スタイル
には辟易するかも知れんな・・・!だがモダンな切れ味を見せる
へヴィリフ
によるポリリズム、クリーンギターによる怪しげかつ穏やかなフレーズ、
デジタルサウンド
によるイマドキの感性等何気に様々な要素を放り込んでおり
ダレる箇所は多い
ものの聴き応えはある1枚である!さながらモダンさ、
テクニカルさを増したMintJam
と言った所だろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 68% お気に入り曲 Thoroughly at Home  Cafo  Inamorata







"Weightless"




アメリカ出身のインストプログレッシヴメタルバンドの2ndアルバム。


8弦ギターを武器とする超絶技巧の黒人ギタリストTosin Abasi率いるインスト変態
プログレッシヴフュージョンメタルバンド
2作目のアルバムである!音楽的には前作と特に
変わる事の無いインストによるテクニック至上主義全開の弾きまくり技術ひけらかしまくり
スタイル
を主軸とし変拍子、ポリリズム、へヴィリフ、フュージョン的レガートさの
リードギター
及びソロ、クリーンギターによる速弾き、テクノ方面にも通じる
デジタルサウンドを縦横無尽に見せ付けておる!


1曲目は得意のクリーンギターがボリボリと弾き倒されデジタル音も登場するがすぐに
モダンなへヴィサウンドが顔を出しプログレメタル然としたムードを演出、2曲目は
オルガン風シンセに近いデジタル音が聴けるが途中からへヴィサウンドも登場しテクニカルで
無機質なプログレメタル
と化すぞ!3曲目はクラシカルな絡みのクリーンギターからタイトで
硬質なメタルサウンド
になり所々で電子音を交えつつギターはテクを存分に見せ付けんと
するかのようなプレイ
を披露、4曲目はベースがスラップでテクニカルに唸りまくり
クリーンギターもスラップのようなプレイを見せハイテンションで展開、デジタル音の後は
メタルになりギターはリフやソロで高度なプレイを繰り出すぞ!5曲目はクリーンギター、
デジタル音
ミニマル的な反復を見せへヴィリフ、ピロピロいいまくる流麗な速弾きも聴けるが
後半はまたミニマルだ。6曲目もデジタル系のダンサブルさを見せるもへヴィリフも登場、
スリリングなアップテンポでモダンな質感を放つぞ。7曲目はキラキラしたシンセで幕を開け
モダンなへヴィリフ
引き摺るようなドゥーミーな空気を醸し出すもリードギターはやはり
プログレというかフュージョン系レガートなシュレッドである!8曲目はクリーンギターが
淡々とした怪しさを見せその後はメタリックになり強烈なエグさを持ったスウィープを披露!
モダンなポリリズムDjentである事を激しく主張しておるな・・・!9曲目はクリーンギターに
アンビエント系のデジタルサウンド、ノイズがアトモスフェリック的ムードを演出、シンセが
顔を出しトランスの要素もあるぞ。10曲目はこれまた怪しいクリーンギター
幕を開けピロピロギターが切り込み重厚なへヴィサウンドに突入、電子音が
バックで舞い
ベース、クリーンギターが手数多い細かいプレイを見せつつもモダンな
要素が強い曲
だな。11曲目はクリーンギターへヴィなポリリズムが纏わり付き
やはりフュージョン色濃いリードギターも登場、怪しげなムードも漂っているな・・・!
12曲目は穏やかなクリーンギターが聴け多少はメロウな要素も感じられるが
バックのSEも含めてやはりどこか捻くれた部分があるのう・・・!


前作よりも心なしか各曲がコンパクトになったというか焦点が絞り切れてきた印象が
多少はあるも基本は同じモダンなへヴィさデジタルサウンド、クリーンギター
盛り込んだテクニック重視のフュージョン色濃いプログレメタルでやはり
音楽に、ロック、メタルにメロディーやドラマ、叙情性を求めるとこの自己満足サウンド
激しくダレを覚えてしまうなぁ・・・!8弦ギターによるモダンなリフデジタルサウンド等
イマドキの感性
を積極的に導入しているとは言え何だかんだでやってる事はシュラプネル系の
速弾きギタリスト
と大差無く、あっちのようなネオクラシカル要素も皆無なんでプレイヤーだったり
こういう技巧派プログレメタルが好きじゃないと厳しいだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 68% お気に入り曲 Odessa  Somnarium  Cylindrical Sea
To Lead You To An Overwhelming Question







もどる


inserted by FC2 system