ANGRY FROG REBIRTH







"MUSIK"




日本のスクリーモ/メタルコアバンドの1stミニアルバム。


POP SCREAMO COREを自称する日本の若手バンドで、音楽的にはメタルコア的な要素を
持ち込んだメタリックなスクリーモ
だが、それと同時にライトさ、ポップさも内包しており、
絶叫シャウトも聴けるがキーの高いクリーンVoも目立っており、共に線は細くギターリフも
メタルコア風のパートへヴィさに欠けるがメインはキャッチーさなのだろう・・・!

1曲目は早速の勢いのあるドラム、ギターリフで疾走し絶叫シャウトも登場!
だがゴリゴリのメタルコアでは無くエモ、スクリーモ的なクリーンVoも多用され、
穏やかなパートも顔を出しサビはキャッチーだな・・・!中盤ではお決まりの
ビートダウンも炸裂だ!
2曲目はスクリーモに接近したギターサウンドが聴け
喚くような高音シャウトも顔を出すが、音作りは非常に淡々としておるのう・・・!
サビはまんまメロコアな疾走感を見せラストでは速弾きギターソロも登場だ!
3曲目はメタルコアに接近するもやはり重みは無く、どちらかと言ったら
メタル風スクリーモってな塩梅だな。ビートダウンもゴリゴリさは皆無
すぐにクリーンギターとクリーンVoの穏やかなパートが顔を出し展開は
なかなかに忙しないのう・・・!
中盤以降は曲調が変わり穏やかなクリーンギターに
あざとさのあるコーラス
も登場、ポップメロコア、青春パンク風この辺は
メタラーにはウケない
だろうな(爆)。4曲目もエモ、スクリーモ寄りライトなギターが登場、
マイルドで穏やかなムードがあるもシャウトも顔を出しサビはキャッチーさがあるぞ!中盤以降は
これまた雰囲気が変わり怪しくもハードコア風のノリを見せるのう・・・!5曲目はメタルに接近した
シリアスさのあるリードギター
が聴け疾走!その後はちょいと変拍子チックなリズム
顔を出し勢いある絶叫シャウトも登場、チャラさの無い硬派さを見せてくれるが
サビはやはりクリーンVoになり浮遊感を放つぞ。後半はビートダウンだ。


メタルコア要素もあるがやはり根底にあるのはスクリーモのようで、音作りは
非常に軽くヴォーカルも絶叫、クリーン共に線が細く
物足りなさを覚えるが、
メロディーは自称する通りのポップさがありこの辺が持ち味だろう・・・!
やはり個人的にはゴリゴリのへヴィさが欲しい所じゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 65% お気に入り曲 Tonight  Black Out







"BRAVE NEW WORLD"




日本のスクリーモバンドによる1stフルアルバム。


上記のデビューミニアルバムでは特に個性も無ければクオリティー面でも
未熟さが目立っているも
ここ最近それなりにはプッシュされてるっぽいバンドで、
本作が彼等の初のフルアルバムとなっているようだ。音楽的にはメタルコアと呼べる程
ヘヴィでは無いスクリーモ系
で、最近のバンドのようにデジタルサウンドに頼らず
バンドサウンドのみで勝負している
姿勢は好印象で、流石にプロダクションや
演奏、ヴォーカル等
以前と比べて成長の後が伺えるのう・・・!

1曲目はライトなギターで幕を開けそこそこハードさのある軽快なバンドサウンドに
クリーンVo、デスVoが登場、
流石に上記の1stミニと比べると成長しておりサビも
キャッチーさがあるな。後半はシンガロングも聴けるぞ。2曲目はハードな音作りながら
淡々とした出だし
に続きスカのようなリズムに加え50年代ロックンロールのように
捲し立てるヴォーカル
が乗りサビはキャッチーなクリーンVoになるぞ。3曲目はまるで
メロコア、ポップパンクのような軽快なノリを見せチャラい情けなさも感じさせつつ
バート・シンプソン臭を醸し出しているな(爆)。4曲目もまるでポップパンクのような
軽快さ
を見せつつシャウトも聴けるぞ。5曲目は淡々としたクリーンギターに
ラップのようなヴォーカル
が顔を出すミクスチャー風味漂う曲。後半はシャウトと共に
勢いを見せるぞ。
6曲目は淡々としたギター日本語詩のクリーンVoが聴ける大人しめの
女々しい曲調
となり、中盤で激情ハードコア風の絶叫ポエトリーリーディングが登場し
青臭さを放つのう・・・!7曲目は絶叫シャウトが目立ち本作としてはアグレッシヴな
サウンド
となるが、サビはやはりクリーンVoになるぞ。中盤はビートダウンそれなりには
重さもあるが
やはりスクリーモ止まりホンマモンのメタルコアのヘヴィさ、
タイトさには遠く及ばんのう・・・!
8曲目は加工ドラム、クリーンギター、クリーンVo
淡々としたユルい大人しさを放つオルタナ寄りのスロー曲で正直捨て曲である(爆)。
9曲目はナヨナヨしたクリーンVoに始まりそれなりにハードなバンドサウンド、
シャウト
が聴けるんだが、どうにも淡々としたユルめの部分も目立っているなぁ・・・!
10曲目はガレージ系のラフさポエトリーリーディングが乗りイラッとさせられるが、
その後はメロコアと言うかポップパンク風の音作りになるぞ。11曲目はクリーンギターに
加工されたヴォーカル
が乗る穏やかなバラード風。ヴォーカルの加工が正直邪魔で不要だなぁ・・・!


非ラウドなメタルコア未満のスクリーモながらもデジタルサウンドに頼らずあくまでも
バンドサウンドオンリーでやっているのは非常に好感が持てるんだが、ポップさの強いサビ等
イマドキのバンドらしいチャラい軽薄さ
も目立っておりそこがシリアスな
サウンドを好むメタラーには喜ばれない部分
だろうか・・・!演奏、ヴォーカル等確かに上記の
デビューミニよりは向上
しているものの、まだまだ未熟さも目立ち演奏もタイトさは無く、絶叫も非力
クリーンVoもオルタナ寄りのナヨナヨさが強く好き嫌い分かれるだろうなぁ・・・!
スクリーモのみならずメロコアやオルタナ、ミクスチャーの要素を持った曲も多く
アルバム後半で捨て曲ばかりになるのもアカンな!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 65% お気に入り曲 GHOST INSIDE







もどる


inserted by FC2 system