ANGE







"Moyen-Age"




フランス出身の大御所プログレッシヴロックバンドによる41thアルバム。


フレンチプログレ界隈を代表する超大物バンドで、70年代から活動を続ける大ベテランであり
アルバムリリース数も半端では無く、ライヴアルバム等も含め40枚くらい出しており
本作は2012年にリリースされた通産41枚目(!?)のアルバムらしい・・・!
音楽的には初期の頃はとりあえずフランスのGENESIS等と称されており、そんな感じの
大仰で演劇的な要素
を持ったシンフォニック系のプログレをプレイ、そこに名物シンガーの
クリスチャン・デカン
による異様にオペラティックでシアトリカルな朗々とした歌唱が乗り
独自性を発揮、流石にキャリアが長い分時代毎に音楽性も変化しており、本作で聴けるのは
意外にも穏やかでマイルドな楽曲で、そこにオルガンやシンセ等壮麗な味付けを加え
大仰で濃厚なヴォーカルが盛り上がりを見せるスタイルとなっているぞ。

1曲目はハモンドアコギ等が妙に牧歌的な穏やかさを放つも、そこに凄まじく大仰で
濃厚なオペラティック歌唱
が乗り怪しさを演出、2曲目はシンセが穏やかな空気を放ち
泣きのギター
も顔を出すぞ。3曲目も淡々としているがシンセやヴォーカルが大仰な
盛り上がり
も見せてくれるのう・・・!後半はサイケデリックなギターが登場しドラムも
パーカッシヴ
だな。4曲目もまた穏やかなんだがヴォーカルがやはり相当に濃く、ピアノやシンセがまた
牧歌的な叙情性を放っておりメルヘンチックですらあるか!?5曲目はダークな怪しさを感じさせ
シンセがシンフォニックさを演出、大仰なヴォーカルも曲調にマッチしており、後半ではクワイアのような
コーラスワーク
も顔を出すぞ!6曲目はキラキラしたアコギ、ピアノヴォーカルが乗る短い小曲で、
7曲目はシンセを入れつつもオーソドックスなロック色が濃く、サビ(?)で「サムラァ〜イ、
サムラァァ〜イ!」
と濃厚に歌い上げるぞ!(爆)8曲目はシンフォ系のシンセが大仰に盛り上がり
プログレらしいテクニカルさを披露!途中怪しげなマイルドさを放ち後半また盛り上がるぞ。
9曲目はどこかブルージーと言えそうな淡々とした空気を演出、途中からまたシアトリカルな
怪しさ
を見せ始めるのう・・・!10曲目はヴォーカルがまた強烈な胡散臭さを放つも、バンドサウンド自体は
オールディーズらしい穏やかさ
があるか!?11曲目はアコギ、シンセヴォーカル神秘的な
美麗さ
を演出するバラード系の曲だが、後半は怪しげな空気を放つぞ。12曲目はシンセが主体
どこかエキゾチックな印象のある穏やかな曲調である。


ベテランバンドの近年のアルバムだからか(?)、あまりプログレらしいテクニカルな演奏、
長々と続くインタープレイとかは無く、
全体的に穏やかでマイルドな空気が漂っており
オルガンやシンセ類も多用、そこに個性的なヴォーカルが乗りある意味ヴォーカルが
一番の聴き所
だと言う、本来プログレにあるまじきスタイルを見せておる!初期作とは異なる
方向性だろうが、大仰で暑苦くも異様に上手いヴォーカルが乗るシアトリカルなサウンドを
聴きたいのであれば楽しめる
だろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Les Mots Simples  Un Gout De Pain Perdu
A La Cour Du Roi Nombril







もどる


inserted by FC2 system