ANDEM(Андем)







"Winter Tears(Зимние слёзы)"




ロシア出身のシンフォニックゴシック/パワーメタルバンドによる3rdアルバム。


KOLIZEY、KALLISTO、LEGIONの元メンバーが女性シンガーのYuliana Savchenkoと組んで
2005年にモスクワで結成されたバンドで、本作は通産3作目らしく音楽的には
女性Voのシンフォニックゴシックとされてはいるんだが、本作で聴けるサウンドは
どちらかと言ったらデジタルシンセが目立ち、全体的に軽快でキャッチーな女性Voの
メロハー
と言いたくなる感じで、ロシアンメタルでありながらもなかなかに洗練された
音作り
を見せており、歌詞こそロシア語なれどもし英語詩ならワールドワイドな活動も
出来そうな印象
があるんだが、どうやら前作までは疾走感あるクサメタルだったようで
本作でつまらなくなったとも言えるだろうか!?(爆)。

1曲目はデジタルシンセシンフォニックなクワイアが乗り、リードギターや
女性Vo、笛の音も顔を出すイントロで、続く2曲目はシンセと共に軽快さのあるバンドサウンドが聴け
アップテンポで展開、3曲目は笛に始まりこれまたメロウでキャッチーなミドルテンポとなり、
4曲目は琴の音色が和なムードを演出、穏やかなミドルテンポでよりハードさが減退しているな・・・!
5曲目は落ち着きあるメロディアスな曲調で、6曲目はソプラノVoがゴシックメタルらしさを
演出するスロー曲となるぞ。7曲目はベースラインが目立ったメロハー風で、
8曲目はピアノ、シンセノイジーなギターが顔を出すこれまたメロハーだな。
9曲目もかなりシンセが目立っており、メタリックさは薄いもののギターもちゃんと顔を出し、
10曲目もシンセ主体の穏やかな北欧風メロハーなれど、ギターはハードでメロディアスな
ギターソロ
も聴けるぞ。11曲目もキャッチーさのある北欧メロハー風のミドル曲だ。


俺は過去作は未聴なんで何とも言えんが、疾走シンフォニッククサメタルを期待して
本作を手にしたクサメタラーの期待は見事に裏切られてしまうだろうなぁ・・・!
プロダクションは荒さがあるも、女性Voの北欧メロハー風でなかなかに質は高く、
先入観無しに聴けば十分に楽しめるだろう・・・!ロシアンメタルとしてはやや
洗練され過ぎている印象があり、そういう意味でもクサメタラー向けでは
無い
かも知れんが、メロディックメタルとしては良質だな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 これと言った曲は無いがどの曲も悪くは無い







もどる


inserted by FC2 system