ANCIENT BARDS







"The Alliance of the King"




イタリア出身の女性Voを擁するシンフォニックメタルバンドの1stアルバム。


シンフォメタルの国イタリアから突如として現れた強烈なクサさ、大仰さを持った
女性シンガーをフロントに据えたシンフォニッククサメタルとして
クサメタラーの間で話題となった新人バンドのデビューアルバムである!
その音楽性は女性Voを擁したシンフォメタルという事でゴシック的なものを
連想してしまうであろうがそうではなく彼等のスタイルはまさにRHAPSODY、
初期DARK MOORタイプ
のメロパワ、メロスピに通じる疾走感を持ったエピック系の
サウンド
を展開しており、ストリングスからホーン系の大仰さ、壮大さを放つ
シンセオーケストラ
と共にギターがピロピロクラシカルかついかにも
RHAPSODYフォロワー臭を放ち
ついでにベースも部分的に目立ち
疾走しまくるクサクサシンフォメロパワ
を聴かせてくれるぞ!

オーケストレーションとナレーションによるイントロに続く2曲目はいきなりの
唸るベース
からクッサイストリングス、タッピングでピロピロするギターと共に
疾走開始!昔のDARK MOORを彷彿とさせる女性Voシンフォニッククサメタルが炸裂するぞ!
この手のメタルで媚びた日本語Voじゃないのが久々で逆に新鮮に感じるな(爆)。
中盤のオーケストレーションとピロピロしたギターのパートはRHAPSODYっぽいのう・・・!
シンセソロベースソロも登場し詰め込みまくった印象もあり若干クドい
これもまた持ち味か!?続く3曲目はホーン系のオーケストレーションが大仰さを演出し
メロディーラインは民謡ライクでやはりクサいのう・・・!得意の(?)ベースも目立ち
伸びのあるヴォーカルが何気に実力を感じさせるな。中盤のオーケストレーション後
急に疾走しギターソロになりこの辺はかなり唐突じゃのう・・・!4曲目はどこか
ダーティな雰囲気を放ち疾走するメロスピ寄りのシンフォメタルでサビはクワイア系の
コーラス
で盛り上がるぞ!ギターソロもネオクラシカルでクサいのう・・・!
やはりベースソロもあるな(笑)。5曲目はホーン系オーケストラがシリアスさと
壮大さを放つ
もヴォーカルはどこか明るいポジティヴなメロディーを歌い
アップテンポで展開しクワイア系のオペラVoQUEEN的に重なり合いこれまた
クサいぞ!サビのクサさもかなりのものだ!シンセのフレーズはどこか聴き覚えが
ある感じ
だが(笑)やはりクサいなぁ・・・!ピアノ、ストリングスが聴ける
クラシカルで静かなパートもありその後はホーン、クワイアが重厚さを出し
映画のサウンドトラック的な雰囲気を放つぞ!6曲目は大仰なクワイアが聴ける
これまたサントラ風の空気を感じさせる短い繋ぎの曲で続く7曲目はうってかわって
穏やかなアコギが聴けオーケストラも盛り上がるがどこか牧歌的な所がある
バラード系の曲
だ。サビでバンドサウンド、オーケストラ、クワイアが盛り上がりを見せ
シンフォニックだが曲の作りはオーソドックスなメタルバラードか!?
中盤で急に民謡クサくなりやっぱRHAPSODYっぽいがやがてギターが切り込み
テンポアップしこれまたRHAPSODYっぽいソロを披露し疾走を開始する!
8曲目は早速クッサイギター、キラキラシンセが聴け疾走する初期DARK MOORというか
イトケンっぽい雰囲気を感じさせる様式美クサメタルだ!メロディーがやはり強烈にクサく
サビはクワイアで盛り上がるぞ!そしてアコギ、シンセ、ベースがユニゾンする間奏
突入しホーンが壮大さを演出、ストリングスがクラシカルかつクサいFF、ロマンシング・サガっぽい
アレンジ、メロディーを披露しそしてメロディアスなギターも登場しギター、シンセのソロバトル
展開、そして語りと共に再びホーンが壮大さを出しもろRHAPSODYなスウィープも聴けまたベースも
唸り非常に長くクドいインストパートが続いていくがメロディーがクサいのでまだ許せるな(笑)。
9曲目はファンタジックなストリングス、ホーンがサントラ的な盛り上がりを見せ
ヴォーカルが入るとシリアスなストリングスのみになり緊迫感を出すが
やがてホーン、バンドサウンドが顔を出しアップテンポになりそしてクワイアも
登場、フィルムスコア風の空気をプンプン演出しヴォーカルも伸びのあるハイトーンで歌い上げるぞ!
ラストは中世ヨーロッパの戦争モノ映画っぽいオーケストレーションが重厚さを出し幕を下ろす。
10曲目はストリングスで始まりホーン、バンドサウンドも登場、スローテンポファンタジックな
クサメロ、クワイア
を聴かせ盛り上げる曲でギターソロもマイルドなトーンで
泣きのフレーズを紡ぎ出し
その後は急にチャーチオルガンダークさ、重厚さを放ち
疾走するかと思わせておいてまだスローテンポが続くがその後フェイントを
かけたかのようなタイミング
唐突に疾走開始!オーケストラがかなりの
大仰さ
を見せストリングスが恐ろしくクサい、日本のRPGばりのメロディーを聴かせホーンが盛り上がり
彼等得意のクサくもクドい間奏長々と続き(爆)盛り上がりを見せ
ファンタジックなまま終幕となるぞ。ちなみに日本盤ではボートラでファイナルファンタジーの
カヴァー
をしておりこの辺の感性は日本人バンドに通じるものがあるのではなかろうか!?


この手のシンフォニックメタルはRHAPSODYなんかまさにそうだが得てしてベースが
埋もれがちで全然目立たない
んだが彼等の場合所々でベースソロを半ば無理やり
挿入
し普段目立たない分そこで自己主張している感があり、さらにギターも
かなりピロピロしておりこの辺がうっとおしく感じるリスナーも多そうだし
曲展開もやや唐突だったり無理がある詰め込み方をしている箇所も目立ちまだまだ
未熟な部分もあるがそういった点を帳消しにするかのようにメロディーがクサい!
ヴォーカルはソプラノではなくどこかポップス系の声質をしており媚びた感じではないが
人によってはややポップすぎるように感じられるかも知れんがヘナチョコではなくよく歌えているな。
ここ数年はこの手のクサメロは日本人バンドの専売特許だったが久々に海外からも
こういったクサクサシンフォバンドが出てきたか!実に良い事じゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 全部







"Soulless Child"




イタリア出身の女性Voを擁するシンフォニックメタルバンドの2ndアルバム。


デビュー作となった前作がクサメタラーの間で話題となったイタリア出身の
女性Voシンフォニックメタルバンド
の待望の2作目である!チープさを残しつつもシンフォニックに
盛り上がるストリングス系シンセ、
必要以上にピロピロとせわしなく弾き倒しつつもやはり
クサさに満ちたギター、そしてシンフォメタル、メロスピの先人のみならず何とFF、ロマサガ
ような日本のクサいゲームサントラからも影響を受けた豊潤なクサメロが我々のクサクサハートを
捕らえて離さなかった
のが前作なんだが本作もその方向性は踏襲されておりどちらかと言えば
様式美系ではなくファンタジックなムードが濃いシンフォニックメタルをプレイしておる!

1曲目は早速得意のストリングスシンセ、語りが聴けるイントロで続く2曲目はクワイア系の
コーラス
シンセ、バンドサウンドが早速大仰なムードを醸し出し疾走、
ホーン系シンセをバックに女性Voが乗り部分的にクワイアも顔を出しファンタジックな
ムード
がプンプン放たれているのう・・・!ギターソロはどこか民謡ライクなメロディーを弾き
その後はピロピロと速弾きを披露、ベースもタッピング系のソロを見せ
さらにシンセもソロを聴かせてくれる
ぞ。3曲目はクラシカルさのあるクサいチェンバロ、
ストリングス
で幕を開けバンドサウンドも登場しやはり疾走するぞ!メロディーの質感はRHAPSODYに
通じるものもあるクサさ
だな・・・!クワイアも実にクサいメロを歌っているのう!4曲目はどこか
正統派メタルに通じるリフが聴けるもすぐにホーン系シンセがバッキングを奏で疾走する
シンフォニックメタルと化すぞ!
途中で聴けるストリングスがまたクサいな・・・!サビは
明るい飛翔系のムードがありその後のチェンバロ、ストリングスファンタジックな
クサさ
を見せマイルドで穏やかなベースも登場、そしてシンセソロになりさらに
プログレッシヴさのあるパートからギターソロに入りインストパートが
何気に充実
しているな。5曲目はストリングス、ピアノフルート叙情的なムードを
演出するバラード系の曲
でどこか民謡ライクな要素もありつつ途中でクワイアや
妙にへヴィなバンドサウンド
も顔を出すぞ。何故か中盤で雰囲気が変わりストリングスが
重厚さを出した後メロディー重視のギターソロが登場、クワイアも聴け後半は疾走するが基本的に
大して曲調が変わらないのに10分くらい続き全然纏め切れておらず
激しくダレを覚えてしまうのう・・・!この辺がまだB級バンドか!?6曲目は民謡的というか
ヴァイキングメタル風の勇壮なメロディーが聴け疾走、クワイアも顔を出し実にクサい
メロディーが堪能出来る曲だ!
中盤は雰囲気が変わり緊迫感あるクワイアがどこか
ターヤ時代のNIGHTWISHみたいなムードを醸し出しギター、シンセ、ベースソロも聴けるぞ!
7曲目は混声クワイアクラシカルなムードを演出する繋ぎの曲で8曲目は
スローテンポで重厚さのあるバンドサウンド、シンセオーケストラで幕を開けやはり
テンポアップ妙にノリの良いリフが聴けその後は疾走するぞ!
中盤はまた曲調が変わり重厚なスローパートからメロディー重視のギターソロ、
そしてシンセソロになりクワイアも登場、これまた長い曲だがあまり長くする
必然性が感じられない
なぁ・・・!(爆)9曲目はここに来て男Voの弱弱しいシャウトで幕を開け
パワフルなムードのあるアップテンポ曲になるぞ!とりあえず男女ツインVoと言える曲調で
男VoはデスVo未満のがなり気味の歌唱正直微妙だな(爆)。中盤は重厚な
スローパート
となりホーン、クワイアソフトなTHERIONといった所だろうか!?
10曲目はピアノ、ストリングス、笛に始まり重厚なオーケストレーションが登場、
1分半くらいからバンドサウンドも顔を出しヴォーカルは叙情的な入りを見せクワイアが
ファンタジックな哀愁ムードを放ちスローで展開する15分位ある大作だ!
後半で多少は疾走するものの基本的に雰囲気は変わらずやはりダレはあるな・・・!


ホーンやストリングス、チェンバロ等といったシンセやクワイア強烈なクサさを醸し出し
爆走とまでは行かないが疾走感のある軽快でファンタジックなシンフォメタル
本作でも堪能出来るが前作と比べて大きく変わったような部分は無いので安心して聴ける分
衝撃は薄れた感があるな・・・!ギターがあまりピロピロやらなくなり大人になった感が
あるのはちょいと寂しくもあるか!?この手のメタルの宿命かギターリフは非常に弱く
メインのバッキングはシンセ
なんでそこも物足りない印象があるし長い曲も何曲かあるが
特に曲展開が凝っている訳でもなく無駄に冗長になっている印象があるわい!Dragon Guardianのように
リフをしっかりと練り込みシンセも派手さをもうちょい出せばさらに良くなっただろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Gates Of Noland  Broken Illusion  Valiant Ride







"A New Dawn Ending"




イタリア出身の女性シンフォニックメタルバンドによる3rdアルバム。


フィメールVoを擁したエピック系のシンフォニックメタルでデビュー当初からクサメタラー達の
熱い支持
を集めているイタリア産クサメタルバンドによる通算3作目のフルアルバムである!
どうやら本作レコーディング終了後にギターの片割れが脱退しているが、音楽的には過去2作と
同じ方向性
を向いたRHAPSODY OF FIRE直系シンフォニックなメロパワ
大仰なシンセオーケストレーション、クサさ漂うメロディーラインを纏い疾走する姿勢は
本作でも一切変わっておらず、またRHAPSODY OF FIREからファビオ・リオーネ
ゲストで1曲歌っており、ここ最近は地元のマイナーなローカルバンドでも幅広くゲスト参加し
仕事を選ばないファビオの姿勢も見て取れよう・・・!(爆)

1曲目は定番の(?)語りに始まりシンセオーケストレーション壮麗なムードを演出する
イントロ
で、2曲目はクワイア系コーラスシンセオーケストラ壮大さを演出し
バンドサウンドも登場、エピック系のシンフォニックメタルなムードを醸し出し疾走!
女性Voがまた期待通りのクサさを放っており初期DARK MOORに通じる部分もあるだろうか!?
サビがまた分厚いクワイアと共にポジティヴさを演出しいかにもメロスピ、クサメタルだな(笑)。
中盤でベースソロに続きピロピロしたギターソロが聴ける辺りRHAPSODY OF FIREからの影響が
滲み出ているのう・・・!
3曲目はストリングスシンセに始まりバンドサウンドも登場、
これまたエピック的なクサさを見せるもAメロは大人しめのファンタジックな叙情性を演出し
サビはこれまたクワイアと共にクサく盛り上がるのう・・・!中盤以降のクワイアもまた
クサいな。
4曲目は珍しくワイルドな印象があるも、ギターリフよりシンセのほうが遥かに
目立っており
クワイアも登場、女性Voも弱いなりにそれなりにはダーティーに歌おうとしているが
やはり耳に入るのはクサいクワイアだろうな・・・!5曲目はピアノ、ストリングス
民謡ライクなムードを醸し出すバラードで、こういう曲調もまたRHAPSODYからの影響だな。
サビは盛り上がりを見せてくれるぞ。ギターソロも珍しくエモーショナルだが、こういう曲調でも
ピロピロは忘れずまるでイングヴェイのようだ(爆)。6曲目は叙情的なストリングスピアノが聴け
バンドサウンドも登場、淡々とした面も強くこの曲はどこかNIGHTWISHに近いだろうか!?
ファビオ・リオーネもゲストで歌い男女ツインVoの要素を見せこういう部分もまたNIGHTWISH的か!?
7曲目は12分ある大作で、叙情的なストリングス女性Voが乗り北欧のようなムードを醸し出す
淡々とした曲調だが途中からシンフォニックな盛り上がりを放ち、エピック的な
側面
も見られ疾走!さらにクサいクワイアに続きブラストも部分的に披露され
いつになくアグレッシヴな面もあるか!?ピロピロするギターソロ、ベースソロもやはり
RHAPSODY OF FIREっぽい感じだな・・・!8曲目はフォークテイストを強く漂わせたシンセに始まり
勢い良く疾走!フォークメタル的なクサさが強い感じでヴォーカルメロディーもまたクサいぞ!
後半は壮大さを感じさせるのう・・・!9曲目もまたフォーク、民謡ライクなムードを醸し出すバラード的な曲調となり
穏やかなアコギ、笛が目立っているがサビばバンドサウンドシンセオーケストレーション
盛り上がりを見せるぞ。10曲目は再び大作16分もあり、ファンタジックかつエピック的な
シンセオーケストレーション
で幕を開けスローテンポで重厚に展開、結構淡々としており中盤では
RHAPSODY OF FIRE丸出しな英語台詞が顔を出しその後にようやくテンポアップし、
さらに珍しくデスVoも登場するぞ。11曲目は日本盤ボーナストラックで、日本の有名ゲーム、
ファイナルファンタジー
の曲のようで原曲は知らん和っぽいフレージングを持った
ピアノバラード
に仕上がっているのう・・・。


過去2作の流れを踏襲した、RHAPSODY OF FIREの影響を強く感じさせるエピック系の
大仰でファンタジックなシンフォニックメタル
クサさはしかと感じさせてくれるが、
特に成長したような部分は無く基本的には過去作の焼き回し感が漂っており、相変わらず
リフの無いギター、一本調子で抑揚の無いヴォーカル、大仰ではあるがまだまだチープな
シンセオーケストラ
欠点も残っているが、それでもクサさはしかとありクサメタラーで
あるのなら本作でも存分に楽しめよう・・・!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 A Greater Purpose  Flaming Heart  Across This Life
Showdown  In the End







もどる


inserted by FC2 system