AMPERA







"A Vulcanized Mingle"




ノルウェー出身のプログレッシヴロックバンドによる1stアルバム。


メロトロン、ムーグをプレイするTrond Egli Aasenによって2005年に結成された
女性Voバンドによるデビュー作で、音楽的には気だるく退廃的なムードを醸し出す
ダークでゴシカルかつサイケデリックで胡散臭い味わいもある
北欧薄暗系プログレとなっており、どちらかと言ったらヘタウマ寄りの女性Vo
ルーズな怪しさ、タルさを醸し出し、テクニカルでも無ければ
シンフォニック系の壮大な叙情性も無く、ゴシック的な薄暗い空気
味わうための雰囲気モノと言えなくも無いだろうか!?

1曲目は怪しくも気だるく淡々とした薄暗い曲調で、途中メロトロンも顔を出し
2曲目はサイケかつエキゾチックな細かいギターが登場、3曲目もサイケ要素が見られ、
古臭いスペイシーさを放つシンセにメロトロンが淡々とした怪しさを演出するぞ。
笛やアコギが叙情的で良いな・・・!4曲目はこれまたどこかエキゾチックな怪しさがあり、
次第にオルガンが盛り上がりを見せるのう・・・!5曲目は細かいギターメロトロンが聴け、
6曲目はパーカッシヴなドラムノイジーなギターがこれまた怪しげなムードを放つ
中東要素入りの淡々としたスロー曲。7曲目もまたパーカッシヴなドラムが
印象的な曲でメロトロンも顔を出し、8曲目はVoラインが中東風な感じで、この曲もまた
ドラムがやけに自己主張しているな。


メロトロンがそこそこメロウな叙情性を醸し出すが、全体的にルーズで
ダウナーな薄暗いゴシック的情緒
を感じさせる雰囲気モノの女性Voプログレと
なっており、70年代サイケデリックプログレ的な印象もありつつ近代的な
薄暗系ポストプログレ
の要素も見られるな・・・!テクニック重視という訳では無いが、
細かいフレーズを弾きこなすギター、手数の多いドラムは流石に
プログレらしいスキルを見せてくれるな。まぁ全体的に雰囲気モノで、
この怪しくも気だるくゴシカルな暗いムードに浸るための1枚だろう。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 Mellow Dramatic  You Don't Surprise Me - I Am D







もどる


inserted by FC2 system