AMARANTHE







"AMARANTHE"




スウェーデン出身のメロディックデスポップメタルバンドの1stアルバム。


一応カテゴリーとしてはメロディックデスという扱いになっているのだがそういった要素は
せいぜいデスVo、ちょいへヴィ寄りのモダンなリフ程度なモンで、彼らの大きな特徴は
デスVoに加え別に男女二人のクリーンシンガーがおりトリプルヴォーカルの様相を
醸し出している事にある!かといって対位法的な使われ方はされておらず掛け合い、
コーラス
がメインで音楽的にもメロデス要素は極めて薄く基本はシンセをかまし
今風のムードを放ちつつ
もメロディー、曲調等かなりポップでキャッチーな要素が強く
メロハー、産業ロックを今時の感性でプレイした
かのようなスタイルである!

1曲目はシンセも交えたアップテンポのバンドサウンドで軽快でキャッチーな印象があり
ヴォーカルは早速デスVoエモ/パンク系の男クリーンVoが顔を出しそして女性Voも登場!
トリプルヴォーカルスタイルがインパクトを放ち妙にポップな印象があるな・・・!
中盤でビートダウンする辺りは今時だがその後女性Voとシンセのパートも聴け普通なら
シンフォニックになる所を彼らはあくまでもポップなスタイルで魅せている!ラストの
サビのバックでなかなかに流麗なギターソロも聴けるぞ。2曲目は電子音系シンセが
印象的
なミドル曲でキャッチーなメロディー、展開が特徴で後半のギターソロが
なかなかに確かなテクを披露している。3曲目はちょいモダンなバンドサウンドに
シンセが乗り
ヴォーカルがこれまたキャッチーで軽快なノリを放っているな・・・!
ギターソロも流麗じゃのう!4曲目もバンドサウンドと電子音シンセが絡みアップテンポで
軽快に展開しサビが実にキャッチーである!ギターソロもレガートなプレイタッピング
披露しているぞ!5曲目はモダンなリフ、うねるシンセに始まりサビはアップテンポで
やはりキャッチーになるのう・・・!
ギターソロもエモーショナルかつ流麗だな。
6曲目は電子音シンセ、ピアノ、女性Voが穏やかかつ神秘的でキャッチーなメロディーを歌い
アトモスフェリックなムードを放ちその後バンドサウンド、男Voも顔を出すバラード寄りの曲。
サビのメロディーはかなりフックがありセンスの良さを感じさせるのう・・・!
7曲目はモダンなギターリフ、デスVo、電子音シンセが聴けるラウド寄りのアップテンポ曲だが
クリーンVoはやはりキャッチーな印象があるな。ギターソロもコンパクトだがテクニカルだ!
8曲目はトランス色濃いシンセに始まりバンドサウンドも聴けるがリズム等かなりダンサブルな印象があり
サビなんかメロディーもまんまトランスじゃのう!9曲目はキャッチーな女性Vo、モダンなリフ、
電子音シンセ
が聴けるラウドかつノリの良い曲でサビがやはりポップである!
中盤のクリーンギターによる穏やかなパートは彼らとしては珍しくギターソロも泣きのプレイを披露するぞ。
10曲目はシンセに導かれバンドサウンドが続きオブリがちょいとプログレメタル風味を醸し出すも
当然複雑なリズム、曲展開は無くキャッチーなサビがメインとなっているな。ギターソロがまた
流麗な泣きのプレイも披露しているがコテコテの泣きではなくテクニカルギタリストが見せる
泣きのプレイ
ってな塩梅だな。11曲目もミドル〜アップテンポの電子音シンセ入りモダン寄り
今風ポップメタル
で男クリーンVoがハスキーな枯れた声ちょいメタルな声の張り上げを披露し
パンクVoだけではない所も見せ付ける!ギターソロは例によってテクニカルなムード満点じゃのう・・・!
12曲目は女性Vo、トランス系シンセ、モダンなバンドサウンドがどこか淡々としたムードを放つが
デスVoはノリが良くサビはお決まりのキャッチーさがある彼らの王道を行く曲だ!


メロデス、モダンメタル要素は確かにあるがそれ以上にポップでキャッチーな
ノリの良さ
が印象的でラウド要素、デスVo入りの男女トリプルVo歌詞が普通な
マキシマム ザ ホルモン
とも言えそうな感じだがカオティックさ、コア要素は低く
曲展開もポップさを追及しておりそのため良くも悪くも単純な所がありとっつき易さは
強烈だが飽きが来るのも早そうじゃのう・・・!シンセがテクノ、トランス系の電子音
披露しておりパートによってはアトモスフェリックな要素を放つ箇所もありこういった所もまた今風である!
何気にギターソロが流麗な速弾きを披露しており演奏スキルは高いのかも知れんな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 72% お気に入り曲 Leave Everything Behind、Automatic







"Nexus"




スウェーデン出身のメロディックデスポップメタルバンドの2ndアルバム。


DRAGONLANDのギター、オロフ・モルク秘めたポップセンスを開花させた、
異例のトリプルヴォーカル
豊潤極まりないキャッチーさで話題のバンドである!
本作は通算2作目で、音楽的には前作の流れを汲んだデジタル、トランス系の
チャラいシンセ
をメインにしつつトリプルVoが交錯、ヴォーカルメロディーは
外タレとしては異例とも言えるポップさ、キャッチーさ
をこれでもかと見せつけており
あざとい事はあざといんだがそのセンスは見事である!

1曲目はシンセノリの良さを出すバンドサウンドが聴け、デスVoも顔を出すが
メタルと言うよりももはやポップスと呼んでしまったほうが良さそうなキャッチーさ
強烈に見せ付けており、ビートダウン的なパートも出てくるが決してへヴィにはならず、
トランス系のシンセ
が目立ちバンドサウンドは軽めじゃのう・・・!2曲目もギターの音作り自体は
モダン系
なんだが決して重くはならず、これまたトランス系シンセが相当に目立ちキャッチーさを
見せておる!
ギターソロは流麗なプレイを披露しておりレガートじゃのう・・・!3曲目もトランス系の
シンセ
モダンなギターサウンドが聴け淡々としたムードを見せるも、ヴォーカルがやはりキャッチー
サビの憂いを帯びつつも即効性抜群のメロ相当なセンスを感じさせるな・・・!4曲目はモダンなリフ、
煌びやかなシンセと共に疾走
するも、メロスピ的なノリでは無くあくまでもポップ系の
軽快なノリの良さ
である。サビがこれまた凄まじくキャッチーじゃわい!5曲目は淡々とした音作り
トランス系シンセが目立っているな・・・!6曲目は気だるいムードを放ちクリーン男Voが
ラップ風かつポップス系のノリの良さを見せ、サビはやはりキャッチーさを演出する
バラード系の曲調
北欧らしさも目立っているか!?7曲目も淡々とした雰囲気があるも
リフはモダンデスVoも登場、ワイルドな印象を放つがやはりキャッチーさはしかとあるな・・・!
ギターソロは相当に流麗な速弾きテクニックがある所もアピールしておる!8曲目はちょっとした
緊迫感を醸し出すアップテンポ
だが、ヴォーカルにはしかとキャッチーさがありサビのリズムはダンサブルで
相当にチャラいわい!(爆)
9曲目はデジタルシンセモダンなリフが聴けイマドキらしさを演出、
アップテンポになりこれまたサビは相当にキャッチーテクニカルなギターソロも登場だ!
10曲目はリフこそモダンだがそれ以外は相当にトランス、ユーロビート寄り実にチャラい!(爆)
11曲目は淡々としたリズムデジタルシンセも目立ち、サビは明るめのポップさを見せているな。
ギターソロがまた相当にレガートじゃのう・・・!12曲目もまんまポップスなキャッチーさ
存分に見せ付けるフック満点のヴォーカルが聴けるメロディアスな曲だ!ギターもまた良いのう!


売れ線狙いなのか、イマドキらしいチャラいシンセを目立たせつつもメタルコアとしては
相当に軽くそこに不満を覚えるメタラーも多いだろうが、この凄まじすぎるキャッチーさ
特筆すべきである!前作からそうだったが本作もあざといまでにフックに満ちたポップネスが
自己主張しまくっており、
ある意味日本のLIGHT BRINGER、
Art Of Gradationに通じるものがあるか!?





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Afterlife  The Nexus  Theory Of Everything
Mecanical Illusion  Infinity







もどる


inserted by FC2 system