AMADEUS AWAD







"Death Is Just a Feeling"




レバノン出身のプログレッシヴメタルプロジェクトによる3rdアルバム。


HM/HRが根付いている印象の無い中東はレバノンから登場した、ソロ名義で
活動しているマルチプレイヤー
によるアルバムである!DEEP PURPLEDIO、
RAINBOW等の楽曲をカヴァーするバンドでキャリアを積んでいた
らしく、
その後2010年からソロ名義で活動を始めたようで、本作は通産3作目と
なっており、
音楽的にはシンセギターがかなり穏やかなムードを放ちつつ
ヘヴィでメタリックなプログレメタル要素も見られ、それでいて中東らしい
エキゾチックな部分
も顔を出しており、テクよりも楽曲重視な印象があるか!?
またゲストがやけに豪華で、アルイエン・アンソニー・ルカッセンやら
アネク・ヴァン・ガースバーゲンに加え、ジョー・サトリアーニの所で
プレイしていたドラマー、マルコ・ミネマン
等有名所が一同に会しており、
謎のコネに驚かされるのう・・・!(爆)

1曲目はシンセがかなりプログレ的なムードを放ち、ギターや語りが穏やかな
アンビエント感
を演出、後半から女性Voが顔を出すぞ。2曲目はヘヴィさのある
ギター
も顔を出しプログレメタルとなるが、やはり中東らしくエキゾチックで
オリエンタルな味
もあり、昔ながらのオルガンがまた70年代風じゃのう・・・!
3曲目は怪しくもまた中東的なシンセやアコギが細かく絡みストリングスも登場、
ミニマル的な反復要素の強いインストで、4曲目はハモンド、アコギに始まり中東ライクな
雄大さ
を演出、怪しげな男Voも顔を出し砂漠を闊歩するラクダの光景が脳裏に浮かぶのう・・・!
後半のギターソロが良いな。5曲目もまた穏やかかつ雄大な楽曲で、女性Voが聴け
途中から中東フレーズを奏でるメタリックなギターが登場、後半はシンセが反復しつつ
プログレメタル的ムードを放つぞ。6曲目はチェロ、ピアノ、男Vo穏やかな
美麗さ、叙情性
を演出しプログレ「メタル」では無いプログレとなり、
後半のギターソロがまたかなりエモーショナルで良いのう・・・!7、8曲目はボーナストラックで、
前者は淡々としつつも細かく無機質なギタープログレメタル的ムードを演出、
さらにネオクラシカルな面まであり、後者は淡々とした中にほの暗さを内包し
粗野な男Voも聴け、スペイシーかつシンフォニックでもあるプログレとなるぞ。
エキゾチックで叙情的なメロ、アコギが良いな・・・!


複数のゲストを迎えて製作されたアルバムで、基本的にはプログレメタルなんだが
中東らしいエキゾチックさ、オリエンタルな要素も随所で見られ、ヘヴィさ、
テクニカルさ
もあるがそれ以上に楽曲重視な印象があるだろうか!?HM/HR後進国ながらに
辺境っぽいチープさ、稚拙さは無く普通に洗練されており、演奏、楽曲、
プロダクション共に文句無く楽しめるクオリティーを見せているぞ!
HM/HR要素の薄いアンビエント風の曲
も目立っておりその点がHM/HR的には
評価が割れる
かも知れんが、プログレッシャーなら聴いてみる
価値がある1枚だな・・・!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Sleep Paralysis  Temporary  Poetry of Time







もどる


inserted by FC2 system