ALSCHAIN







"Withering Season"




日本のメロディックデスメタルプロジェクトによるEP。


今話題の国産高品質劇クサメロデスバンドGYZEサポートギターを務めるギタリストによる
プロジェクト
で、音楽的にはGYZEと同タイプの慟哭系メロディックデスメタルとなっており、
まだまだプロダクションは軽く楽曲アレンジもそこまで詰め込まれている訳では無いが、
サビやリードギター
GYZEに通じるメロディアスさ、クサさがありギタープレイも流石に
GYZEのサポートギターを務めるだけあって達者な流麗さを見せているぞ!

1曲目はリズミカルなリフ、リズム軽快さを放ちつつも冷ややかなシンセも登場、
ワイルドさのあるシンプルでテクニカルさを省いたCHILDREN OF BODOMと言えそうな曲調か!?
ギターソロはなかなかに流麗である!2曲目はこの手のメタルには珍しい、穏やかで
オシャレなジャズ風のイントロ
に始まりドラマティックさを放ち疾走!Aメロは淡々とした
印象
がありヴォーカルもウィスパー系だが相当に引っ込んでいるのが惜しいな・・・!
サビのリードギターGYZEに通じる要素がありギターソロがまた劇的で良いぞ!
3曲目は細かく刻まれるリフがまた初期CHILDREN OF BODOM風だがAメロはかなりライトな
カッティング
が見られ非メタルな素養もあるか!?やはりリードギターが印象的だな。
4曲目は北欧メロデスライクなシンセが顔を出すもクリーンギター、ウィスパーVo
Aメロで顔を出しありがちなメロデスにならないような工夫が見て取れるか!?ギターソロも
クリーントーンメロディアスな穏やかさを見せておる!5曲目はイントロから突進力ある
疾走感
を放つデスラッシュ風のファストチューンだ!テンポダウンするサビのバックで聴ける
リードギターがまたクサいぞ!6曲目もまたメロディックデスラッシュ的な
ストロングな疾走感、叙情リフ
を披露しているがスローパートのリードギター相当に泣いており
実にクサい!
この辺のセンスはまさしくGYZE譲りである!ギターソロも構築された展開で
大きな聴き所じゃのう・・・!
7曲目は4曲目のヴォーカル無しカラオケヴァージョンだ。


全体的にシンプルな慟哭寄りCHILDREN OF BODOMと言えそうな印象があり、GYZEの
サポートメンバー
だけあって曲の節々からそういう感じのサウンドが顔を出し
クサさはしかとあるな・・・!
ギタープレイは流石に良くエモーショナルなリードプレイ
流麗さのあるシュレッドを披露し好印象である!あとはプロダクション、
楽曲アレンジの練り込みの弱さ
が課題だろう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 Calling  Against  Withering Season







もどる


inserted by FC2 system