A LOATHING REQUIEM







"Acolytes Eternal"




アメリカ出身のテクニカルデスメタルプロジェクトによる2ndアルバム。


叙情メロデス要素とテクニカルさを融合させ良質の変態エクストリームメタル
プレイするINFERIのギタリスト、Malcolm Pughによるソロ名義の別プロジェクトで、
全てのパートを担当しているらしく音楽的にはINFERIの流れを汲みつつも、
より変態的なテクニカルさを見せておりメロデス要素は減退したが、その代わりに
完全にプログレデス、テックデスと呼んで差し支えないサウンドになっているな・・・!

1曲目はSEに始まり禍々しくもドラマティックなギターが登場、エキゾチックかつ
変態的な細かさがありテクニカルに疾走!2曲目はプログレデスらしい怪しさ、
テクニカルさ
が見られミドルテンポで展開するが、途中から疾走しギターソロも
勢いがありつつメロディアスさもあるか!?ラストはシンフォニックにもなるぞ!
3曲目もテクニカルで細かいギターが聴け疾走!4曲目もまたテクニカルさ満点
ギターやドラムが手数多く暴れまくる疾走チューンで、5曲目はSEの短い繋ぎとなり
6曲目もまた変態的なテクニカルさを存分に発揮しつつ疾走!7曲目は怪しくも叙情的な
雰囲気漂うギター
で幕を開けるも、やはりテクニカルさ重視の爆走プログレデスとなり
8曲目もブラスト変態テクニカルギターが乗る忙しないテックデスである。
9曲目もやはりブラスト、細かいギターが暴れ回る似たようなテクニカルデスだな。
一応途中から叙情的なギターフレーズも顔を出すのう・・・!


上記したようメロデス要素が見られたINFERIとは異なり、こっちはよりテクニカルで
プログレッシヴな変態デスメタル
を追及しており、叙情性は薄れたが怪しげなフレーズ
随所で顔を出し、テクニカルメタル好きにはよりたまらんサウンドとなっているのう・・・!
やはり俺はメロディー派なんで、メロデス要素のあるINFERIのほうが好みなんだが
テクニカル系を好むタイプのリスナーであればこっちのほうが楽しめるだろう!
似たような曲が多いものの、INFERI同様音は軽いが質は高い1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Lords of Lavish Filth   Withered on the Vine
Worthless Vessel Flawed







もどる


inserted by FC2 system