ALL SHALL PERISH







"Awaken The Dreamers"




アメリカ出身のテクニカルデスコアバンドによる3rdアルバム。


SUICIDE SILENCEにシンガーが加入した事でも知られるバンドで、Nuclear Blastから
アルバムをリリースする実力派の有名バンドでもある。本作は通産3作目で、
音楽的にはとりあえずデスコアとされてはいるが、かなりテクニカルで細かい
ギター
が目立ち、カオティックコア、テクデス的な印象もあるが、同時に意外と
メロデス直系のメタルコアに通じるメロディアスさすらも感じられ、ゴリゴリに
重苦しいメタルコア、デスコアでありながらメロディー志向のメタラーでも
楽しめそうな印象があるな・・・!
ちなみにVoはごく一部でクリーンも顔を出すが、
基本的にグロウル、スクリームオンリーである。

1曲目は早速細かいリフが聴け疾走!サビは退廃感があり、2曲目もまた細かく
テクニカルでありつつメロディアスなギターが登場、Voはグロウルのみならず
何と正統派HM/HR然とした本格的なハイトーンシャウトまで披露!後半は怪しくも
穏やか
になるぞ。3曲目はヘヴィなスロー曲だが細かいギターも聴け、HM/HRらしい
メロディアスさ
もあるのう・・・!4曲目はクリーンギターがメロウさを演出する
短いインスト。
5曲目は叙情ピロピロギターが聴け、ベースも目立ち珍しく
クリーンVoも顔を出すスロー曲だ。6曲目も穏やかで大人しく、呟きVoも聴ける
バラード系で、7曲目は絶叫に始まりストロングに疾走!ブラストの突進力が
強烈だがグルーヴィーさもあり、8曲目は怪しくも叙情的なギターが聴けつつも
やはりスローテンポだな。9曲目も細かいギターの刻みが目立ったミドル曲。途中から
一気に疾走するぞ!10曲目もスローだがスウィープが聴け、テクニカルだが
怪しげなメロも登場するインスト。ジェイソン・ベッカーから影響を受けてそうだな・・・!
11曲目は怪しげな叙情性を醸し出す短い繋ぎで、12曲目も怪しげな
スローテンポ
だが叙情ギターは決して忘れておらん!


基本的に疾走感は無く、グルーヴィーなスロー、ミドルテンポ主体ながらも
テクニカルなピロピロと同時に叙情メロディーを奏でるギターが印象的な
実力派バンドでかなり好印象だが、どうやら前作は疾走感がもっとあったらしく、
未聴なれど個人的にはそっちのほうが好みだろうな(笑)。まぁそれでも最近の
この手のデスコアにしてはちゃんとメロディアスさがあるし、叙情フレーズは
ヨーロピアンメタル的な泣きが感じられ俺等好みのセンスをしているのが嬉しいわい!
ヴォーカルも部分的にハイトーンシャウトを披露する等、かなりの歌唱力を感じさせるが
クリーンVoはごく一部のみで大半はグロウル、スクリームなのが好感持てるのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 When Life Meant More...  Black Gold Reign
Stabbinng To Purge Dissimulation  From So Far Away







"This Is Where It Ends"




アメリカ出身のテクニカルデスコアバンドによる4thアルバム。


ヘヴィでグルーヴィーなデスコアながら同時にテクニカルさ、メロディアスさを
忘れない良質バンド
による通産4作目である!どうやら前作リリース後に
ギターとドラムが交代、バンドの要であったギターの脱退はかなりの痛手だが、
音楽的には前作の流れを汲んだゴリゴリにヘヴィかつピロピロギターが目立った
テクニカルかつメロディアスなデスコアなんだが、グルーヴ重視でミドル曲が
多かった前作と比べてかなり疾走曲が増えているぞ!

1曲目は早速のテクデス感漂う高速テクニカルフレーズと共に勢い良く爆走!
後半はブレイクダウンになるが、2曲目はメロデス寄りのリフでこれまた爆走!
ギターソロは流麗かつメロディアスでもあり、3曲目は退廃ムードが漂いつつ
叙情性も見られる無骨なミドル曲だ。4曲目はヘヴィグルーヴにテクニカルなオブリが絡み合い、
基本はスロー、ミドルだが一部疾走もするぞ。5曲目は判り易いメロデス的リフで疾走!
正直ベタではあるが俺はこういうのが好きじゃ!文句あっか!(爆)
6曲目もまたテクニカルなギターが聴けつつ不穏さもあり、ミドルパートと
疾走パート
が交互に顔を出すぞ。7曲目もまたメロデス寄りのリフで疾走しており、
サビは怪しげなギターをバックにタフなシンガロングが登場、ラストはピアノで締めだ。
8曲目も細かく叙情的なギターが聴け疾走しておる!9曲目はメロディアスな
トレモロ
が目立ったミドル曲で、10曲目はブラックメタル的トレモロ、ブラストで爆走しているが
音が良いので素直に楽しめるな(笑)。さらにメロウなアコギも挿入され、メロデス寄りの
疾走感
もあり、後半の叙情ギターが良いのう・・・!11曲目は禍々しい勢いを放ち疾走!
ヘヴィなスローパートを交えつつブラストも聴けるぞ。12曲目はピアノ、ストリングスに始まり
ブラストを交え禍々しいヘヴィさを演出、デスコアらしいダーティーな空気が目立っており
メロディアスさは薄いな・・・!


メンバーチェンジの影響もあまり無く、前作を踏襲したヘヴィでテクニカルかつ
メロディアス
な面も見られるグルーヴィーなテクデスとなっており、ギターの技巧も
前任者に劣らぬ流麗さがあり、メロディーを忘れていないのも好感が持てるな・・・!
何だかんだでミドル曲が多かった前作と比べると疾走曲が増えており、
Voのブチ切れ具合
も健在で、前作の一部で見られたクリーンVoがさらに減退し
グロウル、スクリームオンリー
なのがまた潔い!プロダクションも良く全体的に
高水準なメロディックテクデスを堪能出来る良盤である!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Divine Illusion  There Is Nothing Left
Embrace The Curse  The Past Will Haunt Us Both  Royalty Into Exile  Rebirth







もどる


inserted by FC2 system