ALEX CARPANI







"4 Destinies"




スイス出身のプログレキーボーディストによるソロ名義の3rdアルバム。


スイス人でありつつ近年イタリアで活動を続けているキーボーディストによる
ソロ名義で、2010年には来日公演も果たしたようだ・・・!本作はどうやら
通産3作目に当たる1枚のようで、VAN DER GRAAFE GENERATORのサックス奏者
David Jackson
を始め、BAROCK PROJECTUBI MAIORのメンバーが参加したらしく、
音楽的にはサックスやフルート、ピアノやハモンド等を大々的に導入した、
ジャズ、フュージョン的なオシャレなテクニカルさを見せつつ、それだけでは無く
部分的に壮大なシンフォニックさも見られるシンセ主体のプログレとなっており、
10分越えの大作全4曲構成になっているぞ。

1曲目は早速ジャズロック、フュージョン的なオシャレ感漂うハモンド、
サックス等
が登場、Voも顔を出し途中からロマンティックなピアノ等による
シンフォニックで優雅なムードが放たれフルートソロも聴けるのう・・・!
2曲目はサックス、ピアノムーグが登場、クラシカルなオルガンも聴けるが、
アヴァンギャルドなパートも見られ中盤は叙情性があるな。3曲目はアコギ、Voが
穏やかさを放つが、ノイジーなシンセ、サックスが気だるい怪しさを演出、
中盤はストリングスシンセ、ピアノがクラシカルな美麗さを見せ、シンフォプログレらしい
展開にもなるぞ。4曲目はサックスがアヴァンギャルドながら雄大なシンフォニックさがあり、
淡々とした面もあるがクラシカルさも見られるな・・・!


シンセ主体のジャズ、フュージョン寄りプログレで、前時代的なスペイシーさが目立ち
イタリア在住ではあるがイタリアンロック的な濃厚な憂い、哀愁は見られずそういう要素を
求めると厳しい1枚かも知れんな・・・!とは言えただオシャレなジャズロックという
訳では無く、部分的にシンフォニックだったりロマンティックな憂いが見られたりと、
大作志向の中に美麗さを内包しており、そういう部分は楽しめるな。まぁそれでも
全体的にマッタリ風味で結構なダレを覚えたりはするが・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Time Spiral  Sky And Sea







もどる


inserted by FC2 system