ALESANA







"On Frail Wings of Vanity and Wax"




カリフォルニア出身のカオティックスクリーモバンドの1stアルバム。


6人メンバーがいるうち3人がヴォーカルを担当
トリプルシャウトという他に類を見ないスクリームが聴ける
スクリーモバンドである!音楽的には高音でギャーギャー喚く
タイプの絶叫デスヴォイス、特に疾走、時にリズムチェンジ、
そして時に様々な音楽スタイルを見せる変態的要素を感じさせる
一筋縄ではいかないカオティックな展開を持っているぞ。
2曲目なんか後半で急にブルージーな雰囲気が演出されるし
3曲目は中〜後半のリズム落ちパートでかなり奇妙なフレーズ
登場しカオティックコアのファンにもアピールできるであろう!
4曲目は疾走感溢れる楽曲だが低音デスヴォイスが聴ける
ビートダウンパートも登場する。7曲目はストリングス
音色で始まり非常にメランコリックでエモい雰囲気が楽しめる
短い繋ぎのインストでそれに続く8曲目はどこか淡々とした
雰囲気
を持っており途中アコースティックギターとクリーンVoの
パートが聴けクリーンVoの上手さが伺えるな。そしてサビ(?)と
思わしきパートでは疾走もし低音デスヴォイスも出てくるぞ。
11曲目はピアノが聴け叙情的なバラードとなる。女性ヴォーカル
らしき声も登場しクリーンVoの上手さと相まってなかなかに
しっとりと聴かせてくれるな。13曲目は歪みの薄いギター
何とも叙情的なフレーズを弾きその後スクリーモに変貌するが
その後穏やかなパートも顔を出すぞ。14曲目もピアノバラード
なかなかに良いメロディーを持っている。


デス声は軽めなものの終始喚きまくっておりなかなかに
アグレッシヴだな!クリーンVoも上手いぞ。メタリックだが
ペラペラしたタッピング系シーケンスフレーズの
繰り返しはいかにもスクリーモだが展開、リズムワークは
THE DILLINGER ESCAPE PLAN辺りのカオティックハードコアに
通じるものがあるのでそれ系のファンも聴けるだろうな。
だがまだアレンジ面で未熟な部分も目立ち中盤辺りで
ワンパターンに陥りダレを覚えたりもするがまぁ新人バンド
としてはこんなもん
だろう・・・。後半増えるバラードが
なかなか良いので曲順ずらして効果的にそういう曲配せば
また印象も変わってきただろうな・・・!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 Ambrosia、
Alchemy Sounded Good At The Time







"Where Myth Fades to Legend"




カリフォルニア出身のカオティックスクリーモバンドの2ndアルバム。


トリプルヴォーカルによるアグレッシヴな
絶叫デスヴォイス
を持ち味とするスクリーモバンドの2作目のアルバムで、前作は
カオティックコアの要素を取り入れ変態的な雰囲気を持ちつつも
ツメの甘さが目立ちまだまだのバンドと言う印象を持ったが
本作はそういった弱点が解消されクオリティーアップを果たす事に成功している!

メタル的なツインリードで幕を開けより説得力を増した
デスヴォイス
が登場しクリーンヴォイスも聴けスクリーモ
スタイルを踏襲しつつもよりメタリックになったような印象が
あるな・・・!3曲目では途中ツインリードのソロも登場し
後半はクラシカルなアコギのみになるパートも聴ける!
楽曲のアレンジ能力、構成力は確かに上がっているだろうな!
それに続く4曲目はHELLOWEENの“I WANT OUT”みたいなリフで
始まりドラマティックなスクリーモが展開される!加工された
ファルセット
も面白いぞ!5曲目はかなりメタルに接近しているな。
ビートダウンなどSTORY OF THE YEARを思わせる。7曲目は
ヘヴィなダークさを持ち畳み掛けるような絶叫、低音のデスヴォイスがかなり
アグレッシヴだがクリーンVoも登場しかなりメタルに近いスクリーモ
なっているな。ストリングス系のシンセも登場しドラムもツーバスを連打、
劇的かつ激しい展開が聴けるがメランコリックなアコギも登場し
ツインリードも叙情的なフレーズを聴かせてくれる。8曲目も激しさと
叙情性が融合
したメタルスクリーモだ!10曲目はメタル要素が
減退
しクリーンVoが主体のエモ寄りの曲となる。まぁそれでもシャウトは
バンバン聴けるが・・・。ドラムもかなり自己主張しているな。
11曲目は本作中特に疾走している曲だ!サビのキャッチーさはたしかに
エモ系だがそれ以外はかなりメタルである!喚き散らすデス声はスクリーモ通り越して
ブラックメタル系の声質と化している(笑)。12曲目は前作でも
聴けたフィメールVoが聴けるピアノバラードだ。
13曲目はデスヴォイスがかなりアグレッシヴで凄まじい事になっているのう・・・!
ヘナチョコシャウトが多いこの界隈において異例とも言える迫力の絶叫だと言えよう!


プロダクションもそうだが何よりデスヴォイスがパワーアップ
しており説得力を増した感があるな!クリーンヴォイスの
表現力も上がっている。また前作にあったカオティック要素が
減退
し幾分ストレートになったと言えるのだが前回はまだ
消化不良な部分があったためこれもまた正常進化といえるかも
知れん・・・!変態的要素の代わりにメタル要素が濃くなり
メタラーに受けるのはこっちのほうだろう!クオリティーもかなり
向上しており彼等に最初に触れるなら本作がオススメである!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 This Is Usually The Part Where People Scream、 Seduction、Sweetheart, You Are Sadly Mistaken、Red And Dying Evening、The Uninvited Thirteenth、A Most Profound Quiet、 Endings Without Stories







"The Emptiness"




カリフォルニア出身のスクリーモバンドの3rdアルバム。


MY CHEMICAL ROMANCEの“THE BLACK PARADE”以降
この手のエモ、スクリーモバンドの間でこういったコンセプトアルバム
流行っているのかどうかは知らんが彼等ALESANAも3作目にして
ついにこういったスタイルのアルバムを放ってきたぞ!
そんなわけで今回コンセプト作という事だからか生の
ストリングス
等も取り入れ曲によってはシンフォニックな
アレンジ
が施されたものもあるが音楽的には基本的にHR/HM色濃く
メタルコアのようなへヴィな音にはならずあくまでも正統派の
メタル
に近い質感を持ったスクリーモで、デスVoは高音絶叫低音のガテラル
使い分けまだ若干弱さがあるがクリーンVoは音を外す事も無く
高めのキーでちゃんと歌えておりその点は良いな。

1曲目はSEに始まり正統派メタルに通じるドラマティックな
リードギター
が聴けクリーンVo、高音絶叫、低音ガテラルの
デスVoが交互に顔を出し途中シンセ、ピアノがシンフォさ
演出しつつサビもストリングスがバックで盛り上がり中盤で
クリーンギターによる叙情性を持ったパートも登場する!
ラストは壮麗なストリングス、語りで幕を閉じるぞ。
2曲目もドラマティックで重厚なリードギターが完全に
メタルな説得力を感じさせる曲で絶叫デスVoも目立つ
キャッチーさが濃いな。3曲目はスクリーモとメタルの
中間
のような音で王道のスタイルを見せるアップテンポチューン。
クリーンギターが聴けるパートもありサビはスローで叙情性を
ドラマティックに演出
する!泣きのリードギターが聴ける
この手のバンドには珍しいギターソロもあるぞ!アウトロは語りと
ストリングス
でこの辺がいかにもコンセプトアルバムじゃのう・・・!
続く4曲目は最近のIN FLAMES等を思わせるイマドキのモダンな
メロデス風
の出だしでアグレッシヴさを出すもサビはクリーンで
ノーマルなスクリーモと化す!途中ストリングスも登場し
緊迫感を感じさせるリフ、ドラムロールに続きビートダウン
突入、そしてエモーショナルな泣きのギターソロも登場し
さらにメタルに接近したかのような印象があるのう・・・!
5曲目はスクリーモ然としたミュートリフに絶叫、クリーンVoが聴け
ガテラルがゴボゴボいうビートダウンも登場、スローで
エモーショナルなクリーンパートもバックで終始ギャーギャー喚き
それでいて曲調自体はバラード風だったりするから変態だ!(爆)
唸るベース後はモダンなアグレッションに再びビートダウンだ!
6曲目はアップテンポでパンキッシュなシンガロングも聴ける
ノリの良い曲。勿論途中デスVoも聴けサビはテンポが落ち
ドラマティックな雰囲気になるのう・・・。ギターがバックで
細かいオブリを入れておりその辺も聴いてて面白いな。
途中でピアノ、ストリングス、語りも登場しその後はバックで
ストリングスがシンフォニックな質感を放つも曲調自体が
変わることは無い。7曲目はこれまたメロデス的なリフが聴け
デスVoもギャーギャー喚くがクリーンギターの静かなパート、
王道のスクリーモパートもある曲。哀愁を放つサビが良いな!
8曲目も叙情的なリフが聴けストリングスも壮麗さを出し
劇的な雰囲気を放つがその後はアップテンポでちょいと
変態的なフレーズも登場したかと思えば再びドラマティックな
メロディー、アレンジが聴けたりとせわしない展開だな。
CHIODOSっぽい変態フレージングとピアノが融合した
パートもあるぞ!9曲目はアップテンポながら穏やかなストリングス、
バンドサウンド
が流れるように聴けるシンプルな曲。10曲目は
またノーマルな王道のスクリーモに接近した曲でタッピング
使用したオブリを入れるギター、ビートダウンはあれど決して
へヴィにはならない
プラスティック風の質感を持ったリフ、
ギャウギャウした絶叫と高音域のクリーンVoとまさしく正統派の
スクリーモ
である!11曲目は気だるい哀愁を感じさせその後は
アップテンポでノリの良さを感じさせるも途中クリーンギターが
マイルドで穏やかな表情を見せその後はツインリード、タッピングの
速弾きソロ
も登場、さらに絶叫、ガテラルにブラストっぽい表打ちドラム
爆走しこの辺は完全にメタルだな・・・!後半では壮麗なストリングス
盛り上がりを見せまさに壮大なコンセプトアルバムの閉めを飾るに
相応しいドラマティックな雰囲気が演出されシンガロングも聴けるぞ!


生のストリングスやピアノを取り入れ壮大なコンセプトを
持ったアルバム
という事だが全体的な音楽性は若干
オーケストレーションがあるだけで基本的にはノーマルな
スクリーモ
で、曲展開、フレージング、アレンジはなかなかに
変態的な部分もあるがまだまとめ切れていないのか聴かせ所が
掴みづらく
部分部分でドラマティックに盛り上がる箇所はあるが
全体的には盛り上がりに欠けるのう・・・!カオティックさ、
変態的要素が裏目に出た感はあるな。もうちょいストレート
ほうが劇的さ、壮麗さが判りやすく伝わり良くなったかもな!?
まぁ絶叫やガテラル等のデスVoがいまだ健在メタル要素も濃いのは
我等メタラーには有難い話じゃろうて・・・!この手のスクリーモは
アルバム重ねるごとに丸くなっちまうからなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Curse of the Virgin Canvas、
Artist、Lover、Annabel







"Place Where the Sun Is Silent"




カリフォルニア出身のスクリーモバンドの4thアルバム。


クサメタルに通じる美麗ジャケが思わずジャケ買いを誘発するカリフォルニア産の
ドラマティックスクリーモバンド通算4作目のフルアルバムである!前作は
MY CHEMICAL ROMANCEの“THE BLACK PARADE”以降エモ、スクリーモ界隈で目立つように
なってきたコンセプトアルバムだったが本作も同じで今回はダンテの“神曲”の地獄篇をアルバムのモチーフに
したようである!音楽的には過去作の延長線上にあるスタイルだがメタリックさは気持ち減退し
よりエモに接近、そこにプログレッシヴな要素やクラシカルなピアノやらストリングス、
ホーン
やらをそこまで派手ではないが適度に導入、さらにゲストで女性シンガーも顔を出し所々で
バッキングコーラスを披露したりごく一部だが男女ツインVoのパートを見せたりと
実に効果的な使われ方をしているのも特徴である。

1曲目はSEに始まりピアノ、男女ツインVoが実にロマンティックなムードを演出、
後半のクラシカルなピアノ、コーラスが実に劇的でこの時点でもはやいい意味で
スクリーモバンドとは呼べない空気
が漂っているが続く2曲目はノイジーなギター、
絶叫
ガテラルが登場しギャウギャウ喚き散らしつつもへヴィではなく軽快な
ノリを持ったエモ
となりクリーンVoも登場、バックではホーンの音色も顔を出し
クリーンギターで穏やかになったり勢いを増したりメロウさを見せたりと実に
目まぐるしい展開を披露、アレンジ能力がさらに向上しておるわい!3曲目も
エモ要素の強いバンドサウンドが穏やかで叙情的なムードを醸し出しクリーンVo、
ギターのカッティング
が軽快さを見せ絶叫も登場するが決してへヴィにはならず
エモさで見せる感じ
だな。途中からシンセも一瞬顔を出し中盤はクリーンギター、
ベース
が聴けその後はコーラスメロディアスなギターが聴けるぞ。4曲目は
テープ逆回転と思しきアトモスフェリックな音にギターやヴォーカルが微かに乗り
いかにもエモらしい軽めのバンドサウンド、コーラスがどこかメランコリックな
ムード
を見せる淡々としたミドル〜アップテンポ曲。中盤以降でまたクリーンギターが
穏やかさ
を放つパートになり泣きのリードギターも聴けるぞ。5曲目は軽いギターが
大人しめ
でありつつも明るめのムードを演出するもサビはメロウなバラード風の
空気を醸し出すスロー曲。
バックで絶叫にピアノ、ストリングスも登場し中盤以降の
展開が実にドラマティックで良いのう・・・!6曲目は多少はハードさを感じさせる
ギターリフ
絶叫、ガテラル、コーラス、クリーンVoが細かく交錯しサビで盛り上がる
本作としてはHM/HR要素の強い劇的な曲だ!
ピアノが聴ける中盤以降の展開がまた
ドラマティック
シンフォニックさすら漂わせるコーラスが美しいわい!7曲目は
ピアノ、淡々と歌うヴォーカル、ストリングス、女性Voが聴ける淡々とした
メランコリック
な出だしからミュージカル風のムードも演出される叙情的な曲で
クサさ
を感じさせるのう・・・!8曲目はタイトさのあるダンサブルなリズム
ストリングスリフも微かに聴けアップテンポで軽快に展開するキャッチーな曲だ。
中盤はやはり物静かになりその後はギターソロに絶叫、ストリングス、コーラスが聴け
これまたドラマティックになるぞ!9曲目はストリングス、ピアノ語りのような声が
聴ける短い繋ぎで10曲目は叙情的なピアノから軽快なバンドサウンドが登場し
アップテンポのエモというかメロコア、ポップパンク風のムードを演出!ガテラルと絶叫さえ
無ければまんまメロコアだが中盤以降はやはり定番の叙情パートになるのう・・・!
11曲目はハード寄りのリフ、デスVoメタリックさを出しつつもやはり基本は
エモなミドル曲。
中盤でストリングスも顔を出しラストはコーラス、ギターソロ
締めだ。12曲目はこれまたどこか明るく軽快さのあるキャッチーなノリの曲だが
ストリングスも聴け途中で風変わりな怪しい遊園地っぽさも感じさせるぞ。
13曲目はピアノ、アコーディオン、ヴォーカルが実に怪しいシアトリカルさ
演出する短い曲で14曲目はクリーンギター、ヴァイオリン、男女ツインVoのコーラス
穏やかな叙情性を醸し出すもその後はパンキッシュな軽快さのあるバンドサウンドが登場、
叙情パートも交互に顔を出しサビは盛り上がりを見せるドラマティックさのある曲だ!
中盤以降のギター、ストリングスクサく良いのう・・・!15曲目は穏やかな
クリーンギター
ストリングス、絶叫で始まりメタル的なフレーズを見せつつも
曲調自体はユルめのフィーリング漂うミドル〜スローテンポエモだな。中盤以降は
ビートダウン風リズムハモリギター、ガテラル、絶叫メタルに接近するも
その後はギターソロが聴けつつまたユルいパンク、エモだな。そのまま続く16曲目は
呟くような語りに始まり淡々としたバンドサウンド、加工された声、ストリングス、
ピアノ
が聴けその後は壮大な盛り上がりを見せるドラマティックなエモになるぞ!


所々でピアノやホーン、ストリングス、女性Voシンセを使いつつも決して
シンフォニックになったりクサさを増したりはせずあくまでもエモ、スクリーモの
スタイルでドラマティックに仕上げてきた
印象があるな。個人的には臆面無く
ミュージカル調のクサさを演出
したりシンフォニックにしたりメタリックさ、
へヴィさを出してくれたほうが好み
なんだが純然たるパンク畑のキッズには
こういう音のほうが受けるんだろうなぁ・・・!あまり飛び道具を使わない、
ストレートなサウンドでドラマ性を演出するアルバム
である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 The Temptress  Circle VII: Sins Of The Lion
Vestige  A Gilded Masquerade







"Confessions"




カリフォルニア出身のスクリーモバンドによる5thアルバム。


エモ、スクリーモ出身ながらメタリックさを見せたり、シンフォニックで
シアトリカルな要素を導入
したりと、なかなかに俺等寄りな方向性を見せてくれる
カリフォルニア産のスクリーモバンドによる通産5作目のアルバムである!どうやら
自分達で設立した自主レーベルからリリースされたらしく、音楽的にはここ最近の流れを
汲んだシンフォニックさ、シアトリカルさを前面に押し出した、ドラマティックで
退廃的なカオティックスクリーモ
となっておる!

1曲目は早速のシンフォニックなイントロに続き絶叫ベース、軽めのギター等が
カオティックな暴れっぷりを披露!へヴぃさは無いがテンションの高いブチ切れ
高音絶叫
が自己主張しており実に熱いのう・・・!2曲目もドラマティックさ
放ちつつデジタル要素も見られ、サビはキャッチーさもありつつ疾走するぞ!
3曲目は怪しさを放ちつつヘヴィな印象もあり、メタリックな要素すらあるがサビは
キャッチーな美麗さ、穏やかさが見られ、
中盤はシアトリカルな怪しさと共に
ブレイクダウンガテラル、女性Voも聴けるのう・・・!4曲目は軽快さがありつつ
煌びやかなシンセ
も目立ちエモい叙情性を演出、5曲目はクリーンギターがメロウさ
醸し出しつつリフはヘヴィ寄りで、ガテラルスクリームを交えつつサビは
穏やかなクリーンVoとなるぞ。
6曲目はブレイクダウン主体の構成だが、
それでもキャッチーなクリーンVoも顔を出し壮大さも見られ、さらに途中から
雰囲気が変わりシアトリカルな軽快さ、美麗なコーラス、女性Voも聴けるのう・・・!
7曲目は軽快なノリキャッチーさを放つが、決して安いポップスには陥らず
あくまでもシアトリカルな劇的さを伴っているのが良いな!デスVoストリングスも顔を出し
ドラマティックさを底上げしているのも好印象である。8曲目はカオティックな勢いを放ち、
エクストリームさ穏やかさ変態的に入り混じりつつサビはキャッチーじゃのう・・・!
9曲目もデスVoが目立ちつつキャッチーなサビが光っており、10曲目は淡々とした穏やかさ
見せつつも絶叫が目立ち、怪しげな空気も強いな。11曲目もまた軽快な穏やかさ、
キャッチーさ
を見せつつも絶叫シャウトが自己主張しており、カオティックな面もあるか!?


前作の流れを汲みつつもさらに濃いシンフォニックなシアトリカルさ、カオティックさ
前面に押し出されており、音作り自体は決してヘヴィでも無くメタリックでも無いんだが
テンションの高い絶叫スクリーム、ガテラル等が濃密に絡み合い、それでいてチャラく
ならない程度のキャッチーさ
もあり実にハイレベルな仕上がりとなっておる!何だかんだで
まだまだ中途半端だった前作とは異なり徹底的にドラマティックさ、シアトリカルさ
追求したシンフォニックスクリーモメタラーにも十分にアピール出来るであろう!
この手のスクリーモバンドは決まってアルバム重ねる毎に丸くなってしまうのに対し、
彼らは5作目の本作でもセルアウトしておらず実に嬉しい限りである!本作はさながら
スクリーモ化したA.C.Tと言った所だろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system