ALDIOUS







"Deep Exceed"




日本の嬢メタルバンドの1stアルバム。


嬢メタル・・・!ここ近年良くも悪くもメタルシーンを引っ掻き回してきた
新たなる流行り言葉・・・!
世間一般にメタルを幅広く認知させるきっかけ
肯定的に捉える事も何とか出来なくは無いがやはり大多数のメタラーは否定的に
捉えている
と言えよう・・・!見た目だけで中身の無いアバズレ、J-POP紛いの
セルアウト商法、枕営業、売春婦、夜の女、カネで誰とでも寝るビッチ、
売女、バシタ
等いいイメージはまず持っておらんじゃろう!俺もそうだ!(爆)
そんなわけでここに紹介するALDIOUSは言わずと知れたこの忌まわしき嬢メタルを
シーンに根付かせたA級戦犯
とも言うべきバンドで、音楽的にはとりあえずは
メロスピ、クサメタル
誰が曲を書いているのかは知らんが曲だけ聴くと
意外と悪くはないんだがライヴを観れば判る通りド下手もいい所、レコーディングは
スタジオミュージシャンの仕事という噂が持ち切りでそういう部分も含めまさに見てくれ、
話題性先行の嬢メタルというジャンルを見事なまでに体現しておる!


1曲目はピアノとウィスパーVoが聴けるイントロで続く2曲目は意外とまっとうな
正統派色濃いリフ、ツインリードが聴ける疾走感を持った曲でどこかXっぽい部分
ありつつサビはモロにアニソンなキャッチーさを放っておるのう・・・!ギターソロは
これまた意外にも泣きのプレイを披露しているもどこかぎこちなく速弾きは相当に
たどたどしさがある
なぁ・・・!3曲目はなかなかに印象的なギターフレーズ
幕を開け疾走するもAメロはヴィジュアル系ライクなクリーンギターになるのう・・・。
メロディーもV系でありそうな感じだ。4曲目は結構ベースが前に出て来ておりリフは
ちょいモダン寄りのダークな印象がある疾走メロスピチューンでギターソロはツインリード
披露しているぞ。5曲目はメロディアスなギターが聴ける淡々としたミドルテンポ曲。
ギターソロもまた上手い事下手に弾いておるのう・・・!(爆)6曲目はどこか陰陽座に
通じるムード
を持ったシリアスなリフが聴ける疾走チューン。ヴォーカルがどうも弱く
J-POPカラオケ風
なのが気になるなぁ・・・!7曲目はGALNERYUSのYUHKI氏がゲスト参加した
ピアノ、ストリングスシンセ
が聴けるバラード系の曲。8曲目は音こそ軽いものの
イマドキなムード漂うモダンなリフが聴ける疾走メロスピチューン
ツインリードがいかにもXって感じだな・・・!9曲目はアニソン的キャッチーさ満点の
アップテンポ曲。
ヴォーカルが意外と声を張り上げて頑張っているのう・・・!
10曲目はノリの良いリフが聴けるアップテンポ曲でヴォーカルはウィスパー気味だが
相当加工してそうな感じで例えるなら整形美人と言った所だろうか・・・!(爆)
11曲目はキャッチーなヴォーカル、クリーンギターで幕を開けるこれまた王道を
貫く超判り易いJ-POP臭満点
単調でポップなミドル曲。


俺はキャバクラが大嫌いなんでこの見た目には相当抵抗があるんだがそれはともかく、
プロダクションは悪くドラムなんか相当にスカスカで音をイジリ倒している感
プンプンなのが気になるが演奏に関してはスタジオミュージシャンの仕事なんで
アルバムだとまぁ十分聴けるレベルに仕上がっており全体的に相当簡単な事しか
していない
のでバンド初心者が最初にプレイするメタルとしては非常に良心的だと
言えるだろうな。女性Voでありながら意外とキーは低めで基本的にXとアニソン、
V系要素
を混ぜ合わせた相当にキャッチーなメロスピをプレイしておりメタル初心者にも
取っ付き易そう
で良いがその分速攻で飽きが来そうじゃのう・・・!(爆)
楽曲展開は相当にシンプルありきたりな事この上無くメタルの皮を被った
J-POP
と言われても致し方無いだろうなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Luft  Bind  Dual Personality  Ultimate Melodious







"Determination"




日本の嬢メタルバンドの2ndアルバム。


良くも悪くもシーンを騒がす嬢メタル、メロディックスピードキャバクラメタルバンド
2作目のアルバムである!メンバー全員が女だから嬢メタルなのであってヴォーカルが
女だったらそれ以外は野郎でも嬢メタル扱いになるのはよう判らん風潮だが、
個人的にはシンガーだけ女性のバンドは実力派でそれ以外も全員が女だったら見た目、
話題性先行とのイメージがあるのう・・・!
まぁそれはともかく、演奏面はいろんな意味で
ノーコメント
だが楽曲的には単純過ぎてすぐに飽きが来るものの意外と悪くない
キャッチーさ満点のメロスピ、クサメタル
をプレイしておりこの辺は評価出来よう・・・!
本作も方向性は変わる事無く判り易さ満点のJ-POPアニソンメロスピを聴かせてくれるぞ!

1曲目は早速のドストレート極まりない王道メロスピだが前作より流石に音質は
向上
しており音に厚みを増した感があるな・・・!2曲目もキャッチーさ満点の
疾走チューン
だがノリの良さを出したりモダンかつ淡々としたアレンジも導入したりと
結構工夫が見られるのう・・・。3曲目もまた勢いあるアグレッシヴなギターが目立った
疾走パワーメタルでやはり単純で判り易いが実に好印象である!4曲目はちょいモダンな
ムードも漂わせるリフ
が聴け低いキーで歌うヴォーカルも印象的なミドル〜アップテンポ曲。
ギターソロは速弾きではないもののネオクラシカル系のフレーズを披露するぞ。5曲目は
スローテンポで淡々としたムードを演出しモタついたリフが聴ける退廃的な曲だ。
6曲目はアメリカンHM/HR的な明るいキャッチーさが目立っているがヴォーカルのせいで
アニソンにも聴こえる
ミドル曲。シンガロングがどうもにダサいなぁ・・・!(爆)7曲目は
なかなかにフックあるギターフレーズで幕を開けAメロはV系お約束のギター無しアレンジ
見せるアップテンポチューンだ。8曲目はパワフルさのあるモダン寄りのリフが聴ける
アグレッシヴな疾走曲
だがヴォーカルが相当に抑えた歌い方をしておりこの辺の
コントラストが聴き所だろうか!?9曲目はどこか勇壮なムードを醸し出すギターフレーズ
DRAGONFORCEっぽさを見せるもサビまで疾走はしない淡々としたアップテンポ曲
10曲目は前作同様YUHKI氏が参加したピアノ、ストリングスが聴けるバラード。


本作も方向性は前作と同じ直球メロスピなんだがシンセに頼らずその分ギターが
時折モダンになりつつ
ちゃんと正統派然としたリフを弾いているのは好印象で
この辺は流石に久武頼正プロデュースなだけはあるな。前作と比べて音作りは厚みを
増し演奏もタイトになって来ており
確かなクオリティーの向上が見られるのは良い事である!
嬢メタルの元祖(?)だけに見た目だけで中身が無いだのライヴがド下手だの
散々ディスられているんだが世の中広いモンで中にはメタルの名を冠しただけのただの
アイドルグループみたいな連中、
さらにはアイドル側からのメタルへのアプローチなんて
ふざけたシロモノまで出てくる昨今、まだ口パク当て振りじゃない分マシだと言えるのでは
無いだろうか!?こういうセックスアピールバンドメタル畑から出てくる事自体
昔じゃ考えられない現象だったがこれもメタラーのギーク、ナード化が生んだ
負の産物
じゃろうて・・・!同人メタルがシーンを賑わす様になって久しいが
こういうマイナス面もあるという事か・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Disclose  Spirit Black  Spellbind







もどる


inserted by FC2 system