ALDAARON







"Supreme Silence"




フランス出身のメロディックブラックメタルバンドによる2ndアルバム。


ペイガン系の要素を持ったフランス出身の3ピースブラックメタルバンドで、本作は彼等の
通算2作目に当るアルバムらしく、音楽的にはノイジーなトレモロ、ブラストで爆走し
しわがれたダミ声タイプのシャウトが乗るストレートなブラックメタルだが、ギターが
意外とメロディー重視のプレイを披露しておりリフやリードプレイで哀愁漂うメロウな
フレーズ
を連発、シンフォニックなシンセに頼らないメロディックブラックをプレイしておる!

1曲目は風のSEアコギが乗りメロウさを放つ出だしからいかにもブラックメタルな
ノイジーさを放つトレモロ、ブラスト
で爆走!喚きタイプのダミ声系デスVoも顔を出し
ギターがなかなかにメロディアスだな。2曲目は意外とノリの良さを放つ軽快なリズム
ギターがこれまたメロディーを奏でておりその後はツーバス連打で疾走!絶叫シャウトも
テンションが高いのう・・・!中盤はトレモロをバックにマイルドな語りも聴けるぞ。
3曲目もブラスト、トレモロで爆走し絶叫シャウトも登場!トレモロのメロディーが
やはり印象に残るな。
4曲目もトレモロが劇的さを演出しツーバスも連打され、その後はやはり
ブラストビートでスタスタと疾走!ギターのメロディーは慟哭系のクサさすら醸し出しておる!
5曲目も叙情性満点のギター、ブラストが聴けるが、ノリの良い軽快なアップテンポの
パート
も顔を出すぞ。6曲目は10分ある大作で、クワイア系のシンセ神秘的な幕開けを見せ、
ザラついたノイジーなギターも登場、トレモロも聴けるが淡々としたミドルテンポで展開し
中盤辺りで幽玄なシンセも顔を出すが、終始同じテンポなんで流石にダレるだろうか!?
後半は絶叫と共にブラストで爆走するぞ!


シンセも一部バックで微かに使われてはいるが、シンフォニックさに頼る事無く
ギターの美メロを主軸としたストレートなメロディックブラック
となっており、
叙情性を求めるブラックメタラー十分オススメ出来る良質の仕上がりである!
1曲1曲が長めな印象があるもギターの哀愁漂うメロディーが良いため
そこまで冗長さを感じる事が無いのも好印象だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 L' Homme Souverain  La Legende des Fils  Une Priere au Vent de l'Est
J'atteindrai la Purete







もどる


inserted by FC2 system