ALCHEMY CRYSTAL







"志鋼の扉"




日本のメロディックスピードメタルバンドによる1stミニアルバム。


ありがたい事に直々にうちにコンタクトして来たバンドで、まだキャリアの浅い
若手バンド
ではあるがメンバーの経歴は何気に凄く実力派揃いである事を感じさせてくれる
期待のバンドである!音楽的には歌謡曲的なクサさを内包した日本語詩メロスピではあるが、
ヴォーカルがよくあるハイトーン系では無くヴィジュアル系っぽい部分を見せつつも
オペラの素養があるようで、ベルカント系の朗々とした中音域の歌唱を披露しておる!

1曲目はイントロから早速勇壮さを感じさせるギターフレーズに続きピアノの音色も
顔を出し疾走!
ヴォーカルは思い切りヴィジュアル系スタイルだが湿った色気を感じさせ
朗々とした歌唱歌謡曲クサさのあるメロディーを歌い上げ、サビはメロスピの王道を行く
ポジティヴな開放感を感じさせてくれるのう・・・!
ギターソロは速弾きフレーズに続き
メロディアスなツインリードも聴け、その後のシンセ、ヴォーカルのみになる叙情パートも
定番だが良いな・・・!
2曲目は特徴的なフレーズを披露するギターに始まりシンセも登場し
軽快なノリを放ち疾走!ヴォーカルはV系では無くオペラティックな浪々とした歌唱
怪しくもロマンティックなムードを放ち、サビはまた歌謡曲的なクサメロを聴かせてくれるぞ!
ベースのスラップソロも炸裂しただのメロスピバンドではないスキルを見せているな・・・!
ギターソロはメロディアスさをキープしつつシュレッドも披露、ラストのリードギターがまた
クサい泣きを見せており
良いのう・・・!3曲目はなかなかにアグレッシヴな面を見せるリフが聴け
正統派HM/HR寄りのリードギターも登場、ミドルテンポで展開し朗々としたヴォーカル、
勇壮ながらキャッチーなメロディーライン
YAMA-B氏を思わせるのう・・・!この曲もまた
ギターソロがメロディアスだな。4曲目は穏やかなクリーンギター、V系寄りのソフトな
ヴォーカル
メロウさを放つキャッチーなバラード曲。5曲目はピアノで幕を開け疾走するが
バリバリのメロスピ
と言うよりはいい意味でヴィジュアル系っぽい歎美さを感じさせる
ダークでクラシカルな曲調である!サビは明るめのキャッチーさ、クサさを放ち
VERSAILLESにあってJUPITERに無いモノを感じさせてくれるのう・・・!ギターソロも
メロディー重視
エモーショナルなプレイを披露しておる!6曲目はキラキラした
チェンバロ系シンセ
で幕を開け明るめのキャッチーさを放ち疾走!この曲もヴォーカルの
影響
VERSAILLESに通じるムードがあるぞ!ギターソロ後はデスVoも顔を出すが
まぁこれは蛇足だろうか・・・!?


歌謡曲的なクサメロを武器とするメロスピバンドだが、ヴォーカルが他に無いタイプ
部分的にV系っぽい面もあるが実際はオペラティックな朗々とした歌唱スタイル
大きな個性となっているな・・・!ミドル曲がヴォーカルの声質、メロディーのせいか
GUNBRIDGE、REKIONYAMA-B氏関係のバンドっぽい雰囲気があるのも印象的だな。
プロダクションに欠点があるもそれは大体の国産バンドがそうなんでアルバムを重ねれば
自然に解決する
であろう!疾走チューンは全てキラーミドル曲、バラードも良く
是非ともこのままの方向性でさらなる高みを目指して頂きたい!
国産メロスピ、クサメタルバンド
にまた新たな実力派が現れたと言えよう!
JUPITERに物足り無さを感じるクサメタラーの溜飲を下げさせてくれるバンドである!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 誇り高くあれ  決壊前夜  月夜の鏡  不滅花







"久遠の詠唱"




日本のメロディックスピードメタルバンドによる2ndアルバム。


かなりの有名所とプレイしてきた経験のある実力者が揃った新進気鋭のバンドで、
本作はデビューミニアルバムに続いての2作目となっており、13曲入りの
フルレンスアルバム
ながら値段が安く1500円という破格のプライスである!ミニアルバムで
2500円以上ボッタクるヴィジュアル系連中
に見習ってもらいたい所だな(笑)。
前作以降ドラムが変わっており、さらにデスVoを担当する女性シンガーも
加わった
ようだが基本的な音楽性は前作の流れを汲む、オペラティックなVoを擁する
ドラマティックで劇的なメロディックスピードメタル
である!

1曲目は美麗なピアノ、オーケストレーションによるイントロで、2曲目はオルガンと共に
スリリングなギターが聴け疾走!まだ音は軽いがクサいリードギター、オペラ要素が
強烈に漂う朗々としたクワイア系コーラス、Voが登場!
中盤のデスVoは
どうにも弱く不要
に思えるがソロパートも劇的だな・・・!3曲目は歌謡曲的な
メロディーライン
を見せつつピアノも聴けこれまた疾走!中盤以降は
ホーン系シンセ、弱いデスVoが顔を出しギターソロに続いていくぞ。
4曲目は壮麗なオーケストレーション、ブラスト、トレモロが登場するが、
禍々しさは皆無でどちらかと言ったらやはり優雅な感じだな。
後半のチェンバロパートもまたクラシカルでたまらんわい!5曲目は軽快なリズムに
やけに牧歌的なVoが乗る、どこか軍歌ライクな印象もある朗々とした曲調だな。
6曲目はプログレメタル風な出だしに続きこれまた優雅さと共に歌謡曲的な
クサさ
が見られサビは疾走!VERSAILLESに近い雰囲気を感じさせ、ソロが凄まじくクサく
たまらんなぁ・・・!
7曲目はピアノが聴けるポジティヴな印象のある疾走チューンで、
ベースが何気に唸っているな。8曲目はJ-POP色濃い明るい感じで、こういう曲ばっかに
なっちまうと流石に厳しい所だ(爆)。9曲目もさらにチャラい売れ線ポップスで
バンドの先行きが不安になっちまう
のう・・・!10曲目はオペラVoのメロコアと言えそうな
凄まじく風変わりな青臭い疾走チューンである!(爆)11曲目はこれまた軍歌的な
フィーリング
を漂わせた疾走チューンで、チェンバロ音もキラキラと舞っておりクサさがあるな。
12曲目は穏やかなムードを漂わせたバラード。13曲目は煌びやかなシンセと共に
疾走する北欧ライクかつV系っぽさもあるメロスピチューンである!
ギターソロがまた相当にクサいな・・・!


煌びやかなシンセ様式美系のクサさを放ち疾走するメロスピ、クサメタル
朗々とした本格派のオペラティックなテノールが乗るというかなりの個性派で、
「メタルはハイトーンじゃなきゃヤダ!」という人にはオススメ出来ないがガチの声楽を
学んできたシンガー
だけあって歌唱力は確かである!部分的に歌謡曲的な
クサメロ
が聴けたり、Voが中音域主体という事もあり前作同様VERSAILLESや
JUPITER辺りのV系メタル
に通じる印象も感じられるな。かなり風変わりなバンドで、
プロダクションの軽さ女性Voによる弱弱しいデスVo等欠点も残っているし、
アルバム後半で明るいJ-POP路線の曲が続いてしまうのも評価を落とす部分だが、
ポテンシャルは高く前半のようなドラマティックでシリアスな様式美疾走チューンを
メインにして頂きたい所である!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 憎しみからの追憶  雨涙情歌
戌寅ノ桜  憧れのオリオン  千夜物語  叫奏曲







もどる


inserted by FC2 system