ALBATROS







"Mundo Bosque"




スペイン出身のプログレッシヴロックバンドによる3rdアルバム。


ギターヴォーカルのJavi Fernandez、ドラマーのTolo Gabarroを中心に2002年
結成されたスペイン産のバンドで、おそらく本作が通産3作目のアルバムだと思われる。
どうやら本作製作前に上記メンバー以外が一新したらしく、音楽的にはかなりの
静かさ、穏やかさを感じさせるポストプログレを基本としつつも、ギターやドラム、
オルガン等の音色は70年代的なヴィンテージ感もあり、テクニカルさよりも穏やかで
マイルドなメロウさ
を重視した大人しめの叙情プログレとなっているんだが、
Voはスペイン語辺境臭さを放っているのう・・・!

1曲目は穏やかで静かな曲調で、ジャズと言うかラウンジ的なマイルドさが見られつつ
古臭いハードなギターやオルガンも登場、2曲目はノリの良さが見られつつこれまた
前時代的な音作りで、ダサめのノリの良さがあるか!?3曲目もまたかなりの
穏やかさが見られる淡々とした曲調となり、4曲目は怪しげなエキゾチックさと共
オルガンもクラシカルさを演出しリードギターも目立つぞ。5曲目は穏やかな
空気がありつつノイジーなシンセが登場、6曲目はこれまた相当に穏やかで
まったりした曲
になり、7曲目は淡々としたバラード系だが8分ある大作だな。


ヴォーカルこそ母国語歌唱スパニッシュな空気を醸し出すものの、全体的には
かなり大人しく古臭いオールディーズなプログレとなっており、スリリングさや
テクニカルさ
は見られず、やや静か過ぎる印象がありメロディーにもフックが
無い
ため、聴き込むよりも聴き流しがちになってしまいそうな1枚だろうか!?
中途半端でどっち付かずな感じで、モダンになるならモダンに、レトロになるなら
レトロになるなりで徹底して貰いたい所じゃて・・・!







満足度 70% お気に入り曲 Caminante De Luz







もどる


inserted by FC2 system