A KEW'S TAG







"Silence Of The Sirens"




ドイツ出身のアコースティックプログレ/マスロック/ハードコアバンドによるアルバム。


ドイツはハノーヴァーから登場した、非常にユニークなアプローチを見せる風変わりな
バンド
で、とりあえずはプログレ、ポストロック、マスロックの畑で語られるタイプの
バンドなんだが、彼等の特徴として徹底的にアコースティックギターに拘っているという
点が挙げられ、アコギ、ドラム、Voという最小限の編成ながらアコギでなければ
完全にマスロック、ポストハードコア
と言えるであろう楽曲をプレイしておる!
ヴォーカルもこの手のオルタナ、エモ系の声質となっているのう・・・!

1曲目は早速のアコギの軽快なストロークに始まるが、Voやドラム、リズム
それ以外が完全に一昔前のポストハードコアな感じで、マスロック的な面もあり
2曲目は穏やかなムードが見られYES辺りに通じるプログレ臭を放つも、その後は
これまたアコギのオルタナなマスロックといった塩梅で、後半は大人しいパートから
急に盛り上がり変態的なテクニカルさも見せているな・・・!3曲目も穏やかで
叙情的な面
があるも、アコギが盛り上がる変態的な大作のマスロックと化すぞ。
4曲目はジャズ的なムードが見られ怪しさを演出、途中から盛り上がり5曲目は本作最長の
15分超え
で、穏やかな出だしからギターが次第にカオティックさを放ち始め全体的に
マスロック感が強いか!?6曲目はかなり怪しげなVoメロだが
何気に本作中最もフックがあり、細かいテクニカルさも見られるぞ。
7曲目はまた穏やかな感じだが、大人しくもピロピロしたシュレッドが聴け
後半はかなり静かなアンビエントとなるぞ。8曲目もマスロック的な盛り上がりがあるな・・・!


上記の通り、ギターがアコースティックな点を除けば完全にプログレ、マスロック、
ポストハードコア
な感じの仕上がりとなっており、曲によってはカオティックとも言えるであろう
パートが登場、最早アコギ、クリーンVoのTHE DILLINGER ESCAPE PLANと
形容すら出来そうな面
があるな・・・!演奏もプログレと称されるだけあって
かなりテクニカルで変態的な所があり、ポストロック、マスロック者から
プログレッシャー、さらにはハードコア好きにまでアピール出来るであろう
風変わりの変態バンドである!まぁアコギ主体なんでヘヴィさは皆無で、
これでギターがメタリックだったらとつい思ってしまうのはメタラーの性か!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Heading For The Horizon  A Poisoned Mind
Statues Falling







もどる


inserted by FC2 system