AIR SWELL







"All Lead Tracks"




日本のポップパンク/J-ROCKバンドによる3rdミニアルバム。


四国で結成された若手3ピースバンドで、音楽的にはなかなかにハードでタイトなノリ
感じさせるもメロコアと言うよりはポップパンクに近い感じで、シンセを交えつつ
ヴォーカルメロディー
J-ROCKらしいキャッチーさが強く漂っており基本的には
メタリックでは無いが
曲によってはそんな感じの印象もあり、様々なイマドキ系の
ジャンルの要素を貪欲に取り込んでいる
感じだろうか・・・!

1曲目は意外にも妙にアダルトでマイルドなオシャレ感を放つコーラス、ピアノに始まり
シンセを交えつつなかなかにタイトなバンドサウンドも登場、メタリックさは無く
メロコア寄りの音作り
だが疾走はせずポップパンク寄りだな。サビはキャッチーさがあり
中盤以降ではメタルっぽさを感じさせるハモリギターも顔を出すぞ!2曲目はアグレッシヴな
疾走感
を放ちつつ今風のシンセ煽るようなアジテーションが聴け、インダストリアル寄りの
印象
もあるがヴォーカルパートは妙なオシャレ感もあるな・・・!サビはまた勢い良く疾走だ!
3曲目はアコーディオンに始まり今風の加工Voにピアノ、デジタル音が顔を出し
いかにも今風のチャラさを放つが、途中スパニッシュ風のアコギモダンなヘヴィリフまで登場!
その後はクサいアコーディオンが顔を出しこういうセンスはいかにも日本人って感じだな。
4曲目はモダン寄りのヘヴィさを感じさせるメタリックなギターで疾走!ゲストでROACHのtaama
参加しており弱弱しいデスVoを部分部分で披露、ワイルドなノリも感じさせるのう・・・!曲名だけ見ると
メタルをディスっているような感じだが、実際の歌詞は拝金主義のクソプロモーター、イベンターを
ディスっている
ようだ(爆)。5曲目は淡々としたムード穏やかさを放ち今風のデジタル音が
目立ったマイルドなバラード系の曲
だが、中盤以降はハードなギターリフも顔を出すぞ。6曲目はクリーンギター、
ヴォーカル
で幕を開け何とメタリックなハモリを見せるリフも登場!IRON MAIDENっぽさがあり
メタラーがニヤリと出来る
もその後の疾走感、ヴォーカルはメロコア色が強いのう・・・!


よくあるメロコアともエモともピコリーモとも言えない感じで、様々なイマドキ系ロック、
パンクの要素を導入
しており一括りに出来ない音作りを見せておる!没個性なバンドで
溢れ返っている現状
としては面白いバンドだが、まぁ基本的には今風のチャラいキャッチーさ
目立っておりデジタルサウンド、シンセも多用され硬派なメタラーには喜ばれないバンドだろう・・・!
若手とは思えぬ洗練振りで演奏もタイト、ヴォーカルもよく歌えているんだがこれは最近の
この手のバンド全てが当てはまる点
だからなぁ・・・!それとメタラー的にはどうでもいい話だが、
歌詞が最近のこの手のバンドとしてはストレートにアンガーを吐き出しており、2曲目なんか
キチガイ以外なら誰もが吐き気を覚える、心底腐ったサイコパスの
マザーファッカーのクソ共を強烈にディスっており最高に
共感出来るな(笑)。
死んでしまえ殺人鬼予備軍め!!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 savage  バイバイゲロメタル  No going back







もどる


inserted by FC2 system