AGALLOCH







"Marrow of the Spirit"




USオレゴン州出身のメロディック/フォークブラックメタルバンドの4thアルバム。


コアなブラックメタラーの間で高い知名度を誇るUS産フォークブラックメタルバンド
4作目のアルバムで、イントロを含めて全6曲しか無いが大作志向のバンドのようで
殆どの曲が10分以上あり音楽的にもただトレモロ、ブラストで爆走するだけではなく
チェロ、アコギ、ピアノを取り入れ物悲しさ、メランコリックさを追求した
メロディアスさを持っておりさらにシューゲイザーブラック、ポストブラック的な
静寂のムードもあり自然崇拝バンドらしいフォーク的なフレーズ
随所で登場、初期のULVERと比較される事も多いようだ・・・!

1曲目は川の流れるSE物悲しいチェロの調べが淡々と鳴り響くイントロで2曲目は
早速の激烈ブラスト、トレモロリフで爆走するブラックメタルチューンだが暴虐さ以上にメロウで
悲しい雰囲気
がありその後テンポダウンしてから聴けるギターもメロディアスで良く
ヴォーカルは絶叫タイプチェロ、アコギらしき音も登場しアグレッシヴさよりも
暗いメロディアスさを重視したスタイルだな。中盤から再びブラストで爆走し寒々しい
空気
を放ちヴォーカルの絶叫も掠れ気味になるぞ!3曲目はアコギのストローク、淡々とした
悲しいメロディー
を奏でるギターが印象的なスローチューン。メタル要素は薄いものの
この叙情性がまた良いな・・・!出番は少ないが途中で怪しいクリーンVoも顔を出すぞ。
中盤辺りでギターソロ、ツインリードも聴けメロディー重視のプレイが堪能できその後は
ブラストで爆走するがすぐに終わりニューウェイヴ、ポジパン系の暗く淡々としたリズム、
ノリに戻るぞ。ラストはピアノがベートーベンの“月光”を思わせ幕を下ろす。続く4曲目は
17分以上ある本作最長の大作で、重厚なティンパニ風パーカッション、ホーンのような
ギター(?)
で始まりノイジーさ、古さを感じさせるプロダクションがまるで往年のマニアックな
ユーロプログレ風
のムードを醸し出しアコギが哀愁バリバリのメロディーを奏で民謡というか
スパニッシュというか、そんなフレーズを聴かせヴォーカルはウィスパー系で歌い
アグレッシヴさは皆無、暗く悲しく淡々とした民謡的なムードが濃いのう・・・!中盤辺りで妙に
ヒステリックなヴォーカル
が顔を出しまるで嘆きまくるかのような雰囲気が漂いそして暗くメロウな
ギターソロ
も聴けるぞ!そしてノイジーなパートに突入し本格的にポストロック的な空気が漂い始め
緊迫感も強いがリリカルな音色の木琴か何かも登場、クリーンギター、ベースが
アトモスフェリックさを強烈に放ちメタル要素は完全に消滅、そしてラストで再び
バンドサウンドが顔を出しテンポも上がりブラストというかツーバス連打、ノイジーなギターの後に
再びポストロック的フレーズで幕となるぞ。5曲目はこれまたクリーンギターが聴け暗くも
淡々としたムード
が漂いやはりメタル要素は薄く今度はニューウェイヴ、ポジパン的な退廃的な
ダークさの中に軽快なビートを刻むアレンジになるがツーバスが連打されギターがトレモロを奏でる様は
やはりブラックメタルで、ヴォーカルパートのバックのギターは勇壮かつ叙情的でこの辺がまた
民謡クサさの強い部分だな・・・!ヴァイキングメタルに通じるメロディーラインである!
そして待ってましたのブラスト、トレモロも顔を出し疾走するぞ!6曲目はノイジーな
ギターにメランコリック極まりないチェロが乗りアコギも登場、淡々としたムード
醸し出し語りのようなウィスパーVoも聴けるただただひたすらに暗い曲でUS産とは思えない
北欧的な空気があるのう・・・!オーバーダブされた泣きのギターもまた強烈である!
後半はストリングスのトレモロ、ティンパニが異様に重苦しいシンフォニックさを演出するぞ!


ブラスト、トレモロで爆走するパートが聴けるのはごく一部で全体的にかなり大人しく
淡々としたムード
がありAlcest等に近い部分もあるが個人的にはメロディーラインが
民謡ライクなこっちのほうが好み
だな(爆)。1曲1曲が非常に長いのだが複雑で劇的な
プログレ的展開は無く
どちらかと言えばやはりポストロック的な音作りになっていると
言えるが全体的に漂う暗く悲しいメロディーにセンスを感じさせスローパートが長く続いても
あまりダレを覚えないのは特筆すべき美点である!ブラックメタルにアグレッションよりもダークさ、
メランコリックさ、鬱さ
を求めるリスナー及びメロディー派ならば十分に気に入る事だろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Into The Painted Grey、Ghosts Of The Midwinter Fires、To Drown







もどる


inserted by FC2 system