AFTER THE BURIAL







"In Dreams"




アメリカ出身のテクニカルメタルコア/デスコアバンドの3rdアルバム。


8弦ギターを擁するテクニカルメタルコア/デスコアバンドで、カオティックと言うよりは
知的なプログレッシヴ要素を感じさせる変態的なテクニカルさが持ち味でリズムや曲調等
MESHUGGAHにかなり近いタイプだと言えるが一応はメタルコア畑のバンドなので随所に
ハードコア要素を感じさせる部分を見せているのが特徴だろうか・・・!?メロディアスで
エモーショナルな曲
もしっかりとありそれがMESHUGGAHとの違いだろうな。

1曲目はヒステリックな変態リフ吐き捨てる絶叫タイプのデスVoが聴ける
MESHUGGAHをメタルコア、デスコアにしたかのようなムードプンプンの曲だがあっちのような
完全無機質デスラッシュ系ではなくハードコアが出自である事を伺わせるような部分もあるな。
ギターソロはキレがあり非常にタイト吹き出るような速弾きを披露しているぞ!
2曲目はゴリゴリにへヴィなリフが重苦しさの中に無機質感を放ち変態的なリズム
印象的なかなりMESHUGGAH色濃い曲だ!基本はポリリズムだがバックで浮遊するような
ギター
が聴けるパートもあるな。3曲目はクリーンギター、アコギが顔を出し珍しく
メロウで穏やかなムード
を放ち泣きのリードギターも登場、そしてへヴィなバンドサウンド
挿入されるも変態さ、重苦しさよりも叙情性を重視したメロディアスな曲になっているぞ!
サビはシンガロングも顔を出しこの辺がパンク、ハードコア風じゃのう・・・!一応は
ビートダウンもあるぞ。
4曲目はベースが唸る叙情寄りのリフが顔を出しヴォーカルは
絶叫しまくり
ですぐビートダウンになるが叙情ニュースクールに近い空気があるかも知れんな。
中盤でMESHUGGAHライクな変態へヴィサウンドになるぞ。5曲目はこれまた穏やかなクリーンギター
幕を開けバンドサウンドも登場、どこか退廃的かつキャッチーなリフが印象的でヴォーカルは
例によって絶叫しまくりで途中変態ビートダウンになりギターソロは穏やかな中
かなりのテクニカルさを見せておるのう・・・!6曲目はシリアスさを感じさせる
へヴィリフに絶叫、ブラスト
が登場しベースもゴリゴリに唸り爆走するアグレッシヴな曲だがリフは
メタルコア直系の叙情ハモリ要素もありその後変態ビートダウンになるぞ!そのまま繋がる7曲目は
アコギが穏やかさを出した後ノリの良さのあるバンドサウンドが登場し軽快な中にどこかエモさを
感じさせる曲調
になるぞ。シンガロング系コーラスも聴けサビではクリーンVoも顔を出す!
後半はお約束のようにビートダウンになるのう・・・!8曲目はパーカッシヴな音
電子音っぽいギターフレーズが聴けミドルテンポで重々しくもどこかノリの良いムードを放ちつつ
プログレッシヴな雰囲気も垣間見せる曲。ギターソロは変態さの中に流麗さがあり
実にレガートな澱み無いプレイを聴かせてくれるぞ!


メタルコア、デスコアスタイルを踏襲しているがその実かなりMESHUGGAHに近い
音楽性
を持っており正直フォロワーと言えなくも無いバンドでああいった重苦しく
無機質な変態デスメタル
が好きなら十分楽しめるだろうな。それでいてただへヴィな
だけではなくメロディアスでエモーショナルな曲もしっかりあり個人的にはそういう曲の
ほうが好み
なんでこういったエモい曲をもっとやれば個性も出てくるだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 My Frailty、Pendulum、Bread Crumbs & White Stones、Sleeper







"Wolves Within"




アメリカ出身のテクニカルメタルコア/デスコアバンドの4thアルバム。


8弦ギター近代的なへヴィさを見せつけるミネソタ出身のデスコアバンドによる
通算4作目のフルアルバムである!THE FACELESSVEIL OF MAYA、BORN OF OSIRISから
MESHUGGAH等が引き合いに出される事の多いバンドで、それだけに相当にへヴィ
なおかつ変態的なテクニカル要素を持っているが、やはり基本はデスコアなんで
ビートダウン系の重苦しさ満点のスローパートが目立っている印象があるな・・・!

1曲目は早速のドラムソロで幕を開け不穏さ漂うギターも登場、ビートダウン系の
へヴィなグルーヴィーさ
を放ち重苦しくも怪しげなムードを見せるスローチューンで、
2曲目は意外と正統派寄りのドラマティックなリードギターが顔を出しテンションの
高いシャウトと共に疾走開始!
まぁすぐにビートダウン系のスローテンポになるが
ギターのオブリがまたメタルコア譲りの劇的さを見せているのう・・・!中盤で唐突に
クリーンギタークラシカルさを放つパートが挿入されギターソロもテクニカルだな。
3曲目は今風のへヴィさを見せつつもどこかワイルドでブルージーな味わいを見せる
ギター、ベース
が聴ける変態グルーヴィーな曲。フュージョン風のエモーショナルな
リードギター
変態的リズムを刻むベース、ドラムが印象的じゃのう・・・!ギターソロも
意外とキャッチーだな。
4曲目は意外にも叙情的なアコギ泣きのリードギターが乗り
淡々としたへヴィさの中にエモさを感じさせるが、やはり変態的なテクニカルさ
しかと見せておりリードギターメロディアスかつ手数の多さを披露しておる!
5曲目もまた重苦しさの中に怪しげなリードギターが舞う感じで、どこかエキゾチックな
空気もあるだろうか!?
6曲目は絶叫シャウトに続き劇的なリフを纏いつつ
ブラストビートで爆走!
その後もノリの良いアップテンポで展開しギターフレーズは
何気に明るめのキャッチーさがあるか!?中盤以降は何故かドラムソロになるぞ!
7曲目は淡々とした穏やかなムードを醸し出しつつもヴォーカルは絶叫しており
その後のリズムもまた変態的である。8曲目はDjent系のへヴィな変態ポリリズム
怪しさを見せつつもどこかノリの良さすら醸し出しており、テクニカルデスコア
言うよりもフュージョンがデスメタル化したかのような印象があるか!?エキゾチックさのある
リードギター
も聴けるのう・・・!9曲目はデジタル要素も垣間見れるゴリゴリにへヴィな
ミドル曲。
ギターソロはエモーショナルさ重視だな。


テックデス、カオティックコアと類似したスタイルながらも基本はデスコアなんで
ビートダウン寄りのスローでへヴィな曲、パートが目立っており、疾走感ブチ切れ感
求めると肩透かしになるだろうが一部のリードギター、ギターソロやけにメロディアスで
エモーショナル
だったりフュージョンチックな明るさ、キャッチーさを見せており
この辺が個性と言えば個性だろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Of Fearful Men  Disconnect  Virga







もどる


inserted by FC2 system