A CROWD OF REBELLION







"Zygomycota"




日本のカオティックメタルコアバンドによるミニアルバム。


メタルコアスタイルの咆哮系デスVo女性Voにしか聴こえないメラニー法スタイルの
クリーンVo
ツインVoを配したバンドで、「Crossfaith meets 凛として時雨」等と
各所で評価されており、
いざ聴いてみると確かにそんな要素を強く感じさせる音作り
見せており、ちょいデジタル要素かましたそこまでゴリゴリでは無いメタルコア
凛として時雨を彷彿とさせるカオティックながらちょい和風オルタナ系と言えなくも無い
ピロピロしたリードギター、売れ線寄りのキャッチーなVoと、まさに前評判通りの
サウンドを見せており、
最近良くあるデジタルメタルコア、ピコリーモ(この言葉嫌い)程に
電子音が目立っている訳では無くあくまでもギターメインなのが好印象だが、それでも
女性Voにしか聴こえないメラニー法Voイマドキらしいチャラさを感じさせ
そこまで硬派では無いのが気になるのう・・・!

1曲目はピアノ、デジタルサウンドで幕を開けストリングスやギターも登場、
その後はスクリーモ、メタルコア然とした咆哮シャウトと共にメタリックな
バンドサウンド
も登場!メタルコアと呼ぶにはへヴィさが足りないなかなかに
手数は多く、
サビはクリーンVoも顔を出すぞ!中盤はビートダウンとまでは
行かないがテンポダウンし、
その後はメロウなパートになるのう・・・!
2曲目はメタリックながらもギターはやはり凛として時雨っぽいフレーズを奏でる
軽快なアップテンポ
で、ヴォーカルもやはりデスVoにメラニー法クリーンVoが絡み
サビはキャッチーさもあるな・・・!
後半はデジタルサウンドシンガロングも
顔を出すぞ。
3曲目はよりカオティックコアに接近したストロングなギター
顔を出しシリアスさを演出、ブラストビートも顔を出しブラックメタル的な側面も
見られ疾走!
メラニー法Voが無ければかなりカッコイイ本格派のメタルコアである!
中盤はビートダウンになるぞ。4曲目は凛として時雨をそのままメタルコアに
した
かのようなカオティックな印象を放つ曲調で、クリーンギター、クリーンVoの
パート
なんかまさにそんな感じじゃのう・・・!ラストではピアノストリングスも聴けるぞ。
5曲目はデジタル音を絡ませつつもバンドサウンド、ギター本格派のシリアスさを
感じさせる叙情メタルコア
で、リフワークも往年のメロデス系ハモリで疾走!サビは
クリーンVoチャラいキャッチーさを放つがそこ意外は本格的なメタルコアじゃのう・・・!
後半のギターサウンドはやはり凛として時雨っぽいな。6曲目は穏やかな
クリーンギター、メラニー法Vo
で幕を開けピロピロしたギター、咆哮デスVoも登場、
やはりこの曲も全体的に凛として時雨をメタルコア寄りにしたような感じである。


「Crossfaith meets 凛として時雨」と言う宣伝文句そのままなサウンドを放っており
メタルコア要素は真新しさを感じさせないものの、イマドキらしいデジタルサウンドが
最小限
で基本バンドサウンド、ギターで攻めているのは好印象である!やはり女性Voにしか
聴こえないメラニー法クリーンVo
チャラさを放っておりこの辺がやはりイマドキ系で、
個人的にはもっとコアに、マニアックに攻めてもらいたいモンじゃわい・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 O.B.M.A  BLOOD SPHERE WAITS FOR







もどる


inserted by FC2 system