ABORTED







"Terrorvision"




ベルギー出身のブルータルデスメタルバンドによる10thアルバム。


1995年に結成された、キャリア23年以上を誇るベテランバンドで、
本作は通産10作目のフルアルバムとなっており、音楽的には勢いある暴虐さ、
アグレッション
を強烈に発散するブルータルデスとなっているが、同時に
テクデス程では無いテクニカルさ、タイトさも見せており、爆走しつつギターが
細かいフレーズを披露、意外にもメロディアスなフレーズも目立っており、
Voはグロウル高音スクリームを交えた今風なスタイルだろうか!?

1曲目は怪しいピアノによるイントロで、2曲目はいきなりのブラストで爆走し
ブルータルな勢い
を見せ、細かいギターがテクニカルかつメロディーも奏でており
3曲目も細かいギター、ブラストが聴けるファストなブルデスで、ギターソロが
これまたメロディアスで良いな・・・!4曲目は怪しいフレーズが目立った
ミドル、スローテンポだが勿論ブラストも登場!ブラックメタルに通じる空気もあるな。
5曲目も怪しさ、禍々しさを放つ疾走曲で、6曲目は細かくも禍々しいギター
ブルデス感を発散し疾走、7曲目はミドルテンポで不穏さを演出するが、その後はやはり疾走し
8曲目も禍々しさを放ちつつブラストが聴け、途中で怪しさを放ちギターソロ
かなりメロディアスな泣きを見せており良いな。9曲目はこれまたブラストで疾走しており
ブラックメタルにも近い感じで、10曲目もブルータルに爆走し、テクニカルな印象も強く
11曲目はスペイシーで怪しいシンセに始まりピロピロギターと共に壮大さを演出、
その後はやはりブルータルに爆走するぞ!


ブルデスながら特有のグチャッとした潰れた質感の無い、モッサリ感皆無の
ソリッドでタイトなテクニカルサウンド
を披露しており、オールドスクールな
デスメタルではあるが、近代メタルコア、デスコアを好むリスナーでも
楽しめるであろう洗練されたエクストリームメタルを聴かせてくれるぞ!
ソロや細かいフレーズ等意外とギターがメロディアスなのも好印象だな。
全体的にどうにも似たような曲が多い印象があるが、それはつまらん
捨て曲が無い
という事でもあるからな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system