龍5150







"Colors"




日本のヴィジュアル系インディーズプロジェクトの4thアルバム。


Van Halenのアルバムと同じ名前を持ったインディーズの
プロジェクトで、音楽的にはミクスチャー要素のあるモダンな
メタル
からいかにもV系な雰囲気バリバリのライトな
耽美ビートロック
にこれまたもろにヴィジュアル系スタイルの
男ヴォーカル
を乗せたスタイルまでこなしており、ヴォーカルは
数人いながらも全員同じV系スタイルでシンガーによっては
弱さが目立つも全体的にそれなりには歌えている。
ドラムは打ち込みだがあまり気にならないな。
ちなみにシャウト(デスヴォイス)は無い。

打ち込みのトランスライクなイントロに続く2曲目は
モダンへヴィネス系のリフが登場しヴォーカルはモロV系の
スタイルだ!
演奏も歌唱力もなかなかでチープさは無いな。
ギターソロも少々ラフだがなかなかにタイトである。だが続く
3曲目はヴォーカルのキーが上がりバンドサウンドは
モダンなパワーメタルだがどこかライトでいかにも
バンギャに媚売るV系バンド然としたポップさが前面に
押し出され始め途中ラップまで登場し硬派なメタラーには
厳しそうだ・・・!ここまで聴くと彼等がモダンなミクスチャー要素
携えた骨太バンドだと思うがこれ以降メタリックなへヴィリフは完全消滅
後の曲は全てライトなヴィジュアルポップロック
化してしまう・・・!曲によっては歌謡曲っぽい雰囲気を出したり
ブルージーなフィーリングを持ったバラードもあったり、ギターソロは
ラフながらそれなりに弾き倒すメタル然としたプレイを披露してくれるが
完全に脱メタルし、いかにもライカエジソン、自主盤倶楽部なバンギャが
咲き乱れる目黒の雰囲気満点のナヨナヨヴィジュアルロックとなり
サークルモッシュより恥ずかしい振り付けを強要し始める
方向性に向いてしまうのが肩透かしもいいところである!


2、3曲目こそUVERworldヴィジュアル系にしてさらに
骨太にしたような印象があるアルバムだと思ったんだがなぁ・・・!
全編2曲目みたいなへヴィ要素を貫いてもらいたかったのう!
Dir en greyのようなヘヴィさの無い、軽い音を出すV系バンドが
好きなら楽しめるだろうが初期V系の、あのダークな耽美さは
皆無
である!あくまでもポップ系ヴィジュアルバンドだと言えよう!
だが他にも毎度お馴染み上海アリス幻樂団のカヴァーだが
シンフォニックメタル、シンフォブラックスタイルでカヴァーした
CDもあるようでオフィシャルで試聴したところヴォーカルはキーが
高くてエモコアみたいになっておりシンフォブラアレンジでは
ヘナチョコながらカオティックな絶叫も登場と、正直そっちの方が良い
やはりありきたり過ぎて手垢塗れなのが悔やまれるな・・・!
オリジナルでそういう方向性を追求してもらいたいものだ!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 65% お気に入り曲 Sow...想い。







"シンフォニック東方"




日本のメタルミュージシャンによるソロ名義のカヴァーアルバム。


前のバンド名義によるアルバムは頭の曲こそモダンな
質感
を持ったへヴィなヴィジュアル系だったんだが
それ以降がどうにも失速軟弱な音になってしまうのが
イマイチだったのだが本作はソロ名義となっており
オリジナルではなく上海アリス幻樂団カヴァーではあるが
何とこっち側(つまりクサメタル)の音を出しているのだ!
シンセによるオーケストレーションシンフォニックな
大仰さ
を演出し疾走、メロスピからシンフォニックブラックまで
オーケストレイトされたクッサイメタルが目白押しである!
この方向性でオリジナルを出してくれい!(爆)

期待通りのシンフォニックなイントロに続く2曲目は
さっそくオーケストレーションと共に壮大に疾走
プロダクションは軽いがそれが昔のクサメタルを思わせ
スウィープが登場し非常に弱弱しいクリーンVo
淡々と歌いサビはクワイアも登場しまさにシンフォニックな
メロスピ
を地で行くクサクサな曲調となるぞ!やはりこういう
楽曲が好み
じゃわい!ギターソロも明るいメロスピ系の
雰囲気
を放っており3曲目も疾走チューンでクワイアの質感は
やはり一昔前に隆盛を誇ったイタリアンシンフォメタル
要素が濃いのう・・・!RHAPSODY OF FIREというよりは
THY MAJESTIE、消息不明のHOLY KNIGHTS・・・あの辺に近いな!
ギターソロもそんな感じでラプソ直系のスウィープを交え
明るく壮大な雰囲気がプンプンである!サビもまさにそうだ!
4曲目はSEが怪しさを演出し今度はエクストリームメタルと化す!
非常に弱弱しいヘナチョコさのある絶叫で始まりCHILDREN OF BODOM
思わせるタイプのデスVoが聴けそしてブラストで爆走!ヴォーカルは
かなり弱く厳しいカオティックな高音絶叫も飛び出すぞ!
5曲目は正統派寄りのリフとシンセで爆走しクサいツインリード
登場!ヴォーカルは再びクリーンで昔のクサメタル的な線の細さ
嬉しくなるのう・・・!(爆)ギターソロはスウィープ等を頑張っており
なかなかでその後はANGRAの“Carry On”ソロ後のパートを拝借し(爆)
さらにプログレメタル的質感を見せドラムソロも登場!6曲目も
ポジティヴで明るいソフトなシンフォメタルでギターソロがさっそく聴け
どこか落ち着きのある曲調と言えよう。だがサビはやはり大仰な
クワイア
が登場し疾走しまさしくイタリアンシンフォニックメタル!
7曲目はクワイア音のシンセで始まりブラックメタル的なトレモロリフに弱弱しくも
高音の絶叫が飛び出しブラストで爆走!このプロダクションの悪さがいかにも
プリミティヴな雰囲気があってブラックメタラーは愛せるだろうか!?
カオティックコアに通じるパートもありヴォーカルも弱いながらも狂った
絶叫
を披露しもうちょい説得力があれば化けそうだな・・・!途中なぜか
穏やかなパートになるがそこのヴォーカルは無いだろう(爆)。高音絶叫は
CRADLE OF FILTHの影響が濃いがホイッスルヴォイスを出そうとして
失敗
しているかのような印象もあるなぁ・・・!まぁアレクソ難しいしな(笑)。


半端なV系だった前のアルバムとは大違いである!クサメタル
全盛期のイタリアンシンフォメタル
を思わせる音楽性は
あの頃クサメタルを愛した我々のようなメタラーの琴線に
激しく触れ青き涙で股間を濡らすだろう!(爆)演奏はそれなりで
ヴォーカルは非常に弱くデス声はやりたい事は判るが技術がそれに
追いついていない
感バリバリなのだがそういった点を含めて
愛せるのがクサメタルたる所以・・・だと思う!?ブラックメタルよりは
シンフォメロスピのほうが向いてそうだな。願わくは
この方向性でオリジナルを追求していってもらいたいものだ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 Sky comet、Gods of Mountain、
Fire at the Alive、truth of the world







"シンフォニック東方U-先行編-"




日本のメタルミュージシャンによるソロ名義のカヴァーシングル。


バンド名義でリリースしたオリジナルは微妙だったが
上海アリス幻樂団カヴァーでなぜか質の高い
メタル
を披露してくれた龍5150氏による次に出るアルバムからの
先行シングル的な立ち位置の1枚である!音楽性は
変わらずイタリアンシンフォニックメタルの流れを
組んだクサクサなメロスピである!どうやら10月31日にやる
東方クラブイベントにゲスト出演するIRON ATTACK!でベースを
プレイする
らしく来年にはライヴも計画しているようだな。

1曲目から待ってましたのメロスピで前作と比べて明らかに
プロダクションが向上、まだ音が良いわけでは無いが
これくらいの音質がこの手のメタルには向いている!(爆)
ヴォーカルもまだ弱いが前作よりは良くなっているな。
サビは得意の大仰なクワイアが飛び出し同郷のMASTERPIECE
髣髴とさせる質感だ!ラストではいかにもエピックな
語り
も登場しハイトーンで幕を閉じ実にクサいポジティヴな
終わり方
をするぞ!2曲目はキラキラしたシンセで始まり
これまた明るいクサクサシンフォメタルとなるぞ!
インストパートはANGRAの影響がありそうだな。あとは
前作の3、4曲目のカラオケヴァージョンが収録されている。


プロダクション、演奏、ヴォーカルなど前作と比べて向上しており
ヴォーカルも以前はまだヴィジュアル系の質感を残していたのだが
だんだんとイタリアンクサメタルのスタイルに近づいてきている
感があるな・・・!V系の歌い方は初心者が最初に通る最も
簡単な技術
であっちのシーンで上手いといわれているシンガーも
メタルのシーンじゃヘナチョコの一言で切り捨てられてしまうのだ!
何はともあれようやくやりたい事にスキルが追いついてきた感があり
今後もこの方向性で、オリジナルでこのスタイルを披露して頂きたい物だ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 Guardians Revival、Nostalgic Blood







"シンフォニック東方U"




日本のメタルミュージシャンによるソロ名義の2ndカヴァーアルバム。


慟哭ギタリストIRON氏のライヴにベースで参加した経歴も
持っているヴォーカル、ギターをこなすミュージシャンの
最新東方カヴァーアルバムである!RHAPSODY OF FIRE直系の
オーケストレーション、クワイアが聴ける大仰な
シンフォニックメタル
からCRADLE OF FILTH
インスパイアされたと思しきシンフォニックブラックまで
器用にスタイルを使い分けまだ荒さ、こなれていない箇所こそ
あれどメタラーが聴く価値のある音を出しておる!
ちなみに本作にはゲストでMiddleIslandの紫嬢が参加している。

大仰なオーケストレーションが聴けるイントロの1曲目に
続く2曲目はオーケストレーション、ハイトーンVo、そして
“UNHOLY WARCRY”みたいなスウィープで始まり疾走、
サビはクワイアともろにRHAPSODYだがメロは上海アリス幻樂団
新鮮味が無いのう・・・(爆)。荒さはあるがギターソロも
速弾きしまくっており聴き所である!3曲目もオーケストラと
共に爆走しヴォーカルは低音でV系というよりはYAMA-B氏を
思わせる
オペラティックに歌い上げようとする歌唱を披露し
サビはやはりクワイアだ!4曲目はシンフォブラの質感を
持ったアレンジでいきなりの絶叫は弱弱しくシアトリカルさを
演出しようとした結果裏返ってナヨナヨした声になってしまった
デス声は厳しいものがあるが楽曲自体はまっとうな
ブラックメタル風味
を出しているな。5曲目は前のシングルに
収められていた曲で、明るさを感じさせるライトなシンフォメタルに
仕上がっておりギターもスウィープでルカ風味を出しANGRA風の
ソロ
も聴けるぞ!6曲目は物悲しい雰囲気が演出された
ピアノバラードでヴォーカルも切々と歌い上げ歌唱力も
過去より向上
しているのかこういう曲調のほうが声質的に
マッチしている
のか実にエモーショナルである!サビは
クワイアで盛り上がりやっぱRHAPSODYの“LAMENT EROICO”風だ(笑)。
7曲目はドラムで始まりうってかわってジャーマン風になるぞ!
これはHELLOWEENの“HEAVE METAL(IS THE LAW)”だ!だが
ヴォーカルメロはどこか“HOW MANY TEARS”にも近いな(笑)。
ギターソロはあのドラマティック極まるクサクサフレーズ
その後の掛け合いも忠実に再現だ!しっかしみんな(俺を含めて)
こういうのホント好きやなぁ・・・!(爆)8曲目は再び
ブラックメタルの方向に進みブラストで爆走しオーケストラも聴け
ヴォーカルも高音にガテラルを併用、シアトリカルな歌唱は
まだまだ厳しいがクリーンなコーラスも聴けさまざまな声色を
使い分けようとしている
努力の跡は見られるのう・・・!
中盤ピアノのみのパートになりうめき声も登場、実に
怪しい雰囲気を出しておりCRADLE OF FILTHの影響が濃いな。
9曲目も前のシングルの曲で大仰かつアグレッシヴな勢い
感じさせる王道のシンフォニックなメロスピだ!


プロダクションの軽さ、荒さの残るギター、まだ弱さのあるヴォーカルと
欠点もあるがここまでRHAPSODYを意識し大仰さを
追求
したメタルは最近はもう少なく、上手いミュージシャンほど
洗練されつつベタな音は出さなくなっちまうものなんで
こういう方向性でやってくれるのは貴重で有難い事である!
まぁどの曲もストレートで凝ったアレンジ、展開は無く
先が読めてしまい聴き飽きた上海アリス幻樂団ということも
あってその点が微妙に感じられたのだがどうやら次は
カヴァーではない、完全オリジナルでこの方向性を
追求してくれるようで実に楽しみじゃのう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 MASTER SPARK、
Mighty Girl of the Supernatural、Remilia Is The Law、
Guardians Revival







"四季楽典"




日本のメタルミュージシャンによるソロ名義のオリジナルアルバム。


多くのクサメタラーにとって待望とも言える完全オリジナルのアルバムである!
実は以前にもオリジナルはバンド名義でやっていたのだがその頃は普通の
ヴィジュアル系ポップス
であまりウケがよろしくなく、開き直って
上海アリス幻樂団カヴァーをやり、しかもそれがあんま受けなかった
かつてのスタイルではなく最高にウケるRHAPSODY直系のクワイア入り
超大仰クサクサシンフォニックメロスピ
だったため人気に火がつき今やシーンの
中核を成すミュージシャンの一人となった感がある・・・そして本作はそんな
龍5150氏がかつてのリベンジをせんが如く完全オリジナル攻撃再開してきたぞ!
音楽性は勿論、我らが愛してやまない大仰シンフォメロスピだ!

ホーン、ストリングスが聴けるシンフォニックで大仰な期待を煽る
極めてRHAPSODY的なイントロに続く2曲目はポジティヴな明るさ
放ちオーケストラ、ギターが華麗に舞うシンフォニックなメロスピである!
ゲストによるヴォーカルは上手いというわけではないがこの手のメタルには
珍しいがなり系の歌唱熱さ(暑苦しさ?)を放ちサビはクワイアと共に
大仰に歌い上げるいかにもなシンフォメタルである!3曲目はさっそく
ANGRAの“EVIL WARNING”を思わせるクワイアで幕を開け大仰に疾走開始!
ヴォーカルは龍5150氏によるものだが癖も灰汁も無くなった代わりに
かなり弱くなってしまっておりその辺が気になるも間奏の大仰なストリングス、
対位法的に登場する笛
はかなりクサくスウィープを駆使したやはりラプソっぽい
ギターソロ
も熱いぞ!4曲目も壮麗かつ大仰なシンフォメタルでヴォーカルが入ると
どこかシリアスな雰囲気を放ち緊迫感を演出、メロディーラインはいかにも
ラプソ系
である!語りも登場するが日本語のためどこか陰陽座っぽいのも
面白い(笑)。5曲目は哀愁を感じさせるギターが聴けヴォーカルが入るとアコギも
登場し
大仰さではなくメロウさを放ちヴォーカルはソフトすぎる
結構マッチしているな。サビはかなりクサいのう・・・!ラストの語りが異様に
サンホラっぽい
のはご愛嬌か!?6曲目は本作唯一のシンフォブラックで前にうちが
ライナー書いたオムニバス“えくすとりーむ☆どーじん”に提供された曲の再録で、
ヴォーカルはこれまたうちがライナー書いたImperial Circus Dead DecadenceのRib;y(uhki)氏に
よるものでダニ系の説得力あるデスVoを披露しており、サビはクワイアだがそれ以外は
全てデスVo
になっており途中トレモロが聴けたりブラストで爆走したりシンフォニックな
パートに語りが乗ったりと展開も拡張されておる!後半ではホイッスル交じりの
狂った絶叫
も登場しブラックメタラーおよびDirファンを喜ばせよう!(爆)
7曲目はストリングスリフが聴けつつも曲調は普通のHR/HMに接近しリフも
ノーマルなメタルと化しているな。全体的にメロハー風だがサビはシンフォ要素が
残っている
のう・・・。8曲目はクワイアで幕を開け再びシンフォニックに疾走開始!
明るくポジティヴなギターも聴けお約束ながらもたまらんわい!ギターソロも
速弾きを緻密にこなしテクはあるのう・・・!展開自体は複雑ではないが長い曲で
8分以上あり
ラストは日本語による熱くもこっ恥ずかしいサンホラ系の語りだ!(爆)


やはりオリジナルは良い!カヴァーと違って完全に一から作らなアカン為
労力、苦労は倍だろうし(このシーン限定でだが)見返りも少ない
ミュージシャンの実力が100%発揮されるのはオリジナルに
他ならない
のだ!メタラー、ロッカーならこの意見、共感してくれるだろう!
ギタープレイはラフさを残しつつも達者なものルカっぽいスウィープ
バンバンに放ちオーケストレーションのアレンジも良く楽曲のクオリティーは
流石だがやはり癖の抜けた龍5150氏のヴォーカルが下手ではなく味もある
あまりにもパワー不足になってしまっているのが欠点か・・・!?
あと1曲目と2曲目の繋ぎをミスっているのも気になるっちゃあ気になるが
日本人らしい情緒あるクサメロがバンバン飛び出しRHAPSODYの新譜よりも
高評価
する者も多かろう・・・!本作はそれに値する一枚じゃ!
これまでのカヴァーアルバムで十分に知名度も上がったことだし
今後はオリジナル主体で活動していってもらいたいものじゃ・・・!
彼のようなミュージシャンが今後正当に評価されれば今でこそカヴァーで
茶を濁している
が本当はオリジナルがやりたかったんだ!オリジナルで
名を上げたかったんだ!と考えるミュージシャンやハナッからオリジナルで
勝負するのが本道ぞ!
と気を吐くミュージシャン達も浮かばれよう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







"シンフォニック東方V"




日本のメタルミュージシャンによるソロ名義の3rdカヴァーアルバム。


シーン屈指の分厚いオーバーダブクワイアを最大の武器とする
シンフォニックメタラーによる最新アルバムである!前回はカヴァーに
飽きた
我々が待ち望んでいた完全オリジナルのアルバムで楽しませてくれたが
今回は再び上海アリス幻樂団カヴァー所謂東方アレンジとなっているも
最近の曲(?)が多いのか聴き飽きたフレーズがあまり無くシンフォニックな
ヨーロピアンメタルにはマッチしないクセの強いオリエンタルメロディー
無く違和感の無いシンフォニッククサクサメロスピを派手に展開、
往年のRHAPSODYに飢えたクサメタラーを大喜びさせる仕上がりになっているぞ!

ストリングス、オーケストレーションが重厚さ、壮大さを演出する
イントロ
に続く2曲目はハープの音色メタルサウンド、シンフォニック
アレンジ
が聴け疾走する王道のシンフォメロスピだ!ヴォーカルは
これまでと異なり低音で気持ちパワフルに吐き捨てるように歌っており
GALNERYUS最初期・・・1stの頃のYAMA-B氏を思わせる歌唱だな。
ギターソロは泣きのフレーズで始まりエモーショナルさを増しているのう・・・!
ラストはかなりのハイトーンで歌い上げまだ線は細いが実力は向上しておるな!
3曲目も大仰なストリングスで幕を開けクサくシンフォニックに疾走、
飛翔感を持ったシンフォメロスピでギターソロはもろにRHAPSODYな
スウィープ
を披露しており嬉しくなるな(笑)。ソロ後半は壮大なフレーズを奏で
メロディアスに展開するぞ。4曲目はどこか落ち着きを見せる出だしから
ストリングス、クワイアが聴けその後はブラックメタル然としたトレモロ、
ブラストで爆走し彼のもう一つの持ち味であるシンフォブラとなるぞ!
ガテラルもまだ声量は弱いが説得力が身に付いてきておりサビ(?)は
クリーンVoのコーラスだ。CRADLE OF FILTHの影響が感じられるも個人的には
BAL-SAGOTHテイストもあるような気がするな(笑)。5曲目は大仰な
ストリングス
で幕を開けネオクラシカルなギターも登場するが全体的には
落ち着きを感じさせるアップテンポメタルだな。6曲目も淡々としたミドル曲
ヴォーカルは低音で歌うも線の細さが浮き彫りになってしまっているが
まぁ味のある歌唱でサビは聴き覚えのあるクサいメロディーを低く歌うぞ!
7曲目はギター、ストリングスが高いテンションで登場し疾走する
待ってましたのメロスピチューン
でヴォーカルも水を得た魚のように
得意なキー(?)で歌い
部分的に吐き捨て、サビはテンポダウンしクワイアが
重ねられいかにもRHAPSODYな大仰エピックシンフォメタルとなる!
8曲目は重厚さを演出するホーン混じりのストリングスで始まりブラスト
爆走!シンフォニックブラックと思わせておいてヴォーカルは低音の
クリーンとガテラルが交互に登場、
スローテンポで全体的にダークな
怪しさ
を演出するもサビは聴き覚えある大仰なクラシカルフレーズ
お馴染みのクワイアを披露するぞ!9曲目はキラキラシンセとストリングスで
疾走するシンフォメタルだがギターリフはなぜかブラックメタル風のトレモロ
ミスマッチ感が怪しさを増しヴォーカルは妙にファニーなフレーズを
ファニーに歌い
サビは勿論クワイアだ!オーケストレーションはポジティヴな
壮大さ
がありこの辺はDragon Guardianに通じるものもあるな・・・!
ラストは半音上がるお約束のサビが聴け実にたまらんのう!(笑)


ハイトーンが持ち味のヴォーカルで高音域は以前と比べて段々と
良くなってきているが今回は結構低音で歌う箇所が多いもののあまり
向いているキーじゃないのか声量の無さが目立ってしまっているのが
惜しいな・・・!だがギタープレイは更なる向上が見て取れ安定感ある
速弾き、スウィープ
を披露しガテラルも説得力を増しておるのう・・・!
中盤テンションの低い曲が続きダレを感じさせるも疾走チューンは
非常にクオリティーが高くこの大仰さこそが持ち味だと堂々と言い切れる
強烈な個性を感じさせてくれるぞ!そして今後は何とライヴも予定されており
LIGHTNING、IRON ATTACK!との対バンでプレイするようである!この作りこまれた
大仰シンフォメタル
をライヴでどのように再現するのか!?実に興味深いわい!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Violent Moon、The Last Justice、
Feeling Explosion、Eyeball、Power of Lightning







"東方合体ゲンソウオー"




日本のメタルミュージシャンによる企画カヴァーアルバム。


シーン屈指の大仰クワイア入りシンフォニックメタルをプレイし
往年のRHAPSODYをこよなく愛すクサメタラーを喜ばせる龍5150氏による
2枚同時リリース作の片割れである!たまにゲストを呼びつつも基本的には
自分達で全てを行いアルバムをリリースしているが本作は異例の企画盤
なっており数多くのゲストシンガーを大々的にフィーチャー、元LIGHTNING
激熱シンガー、SUM RIZEのJUN氏やLIGHT BRINGER、Dragon Guardian、
Unlucky Morpheus
でお馴染み天外冬黄嬢、MiddleIslandの紫嬢等
数多くの大物が名を連ねておりJAM PROJECT的な雰囲気を醸し出す
豪華な1枚に仕上がっているぞ!

1曲目はゲストシンガー全員参加で大仰に歌い上げるいかにも
JAM PROJECTライクな空気をプンプン放つキャッチーなメタル
従来のような大仰シンフォニックメタルと言うわけではないな。
サビはお約束のようにシンガロングだ!2曲目はJUN氏がパワフルに
歌うパワーメタル
で後半は若干ビートダウン風のリフが聴けその後は
シンセソロ、ギターソロと続くぞ。3曲目は天外冬黄嬢によるヴォーカルが
聴け珍しく打ち込みのダンサブルなリズムにメタリックなギターが乗る
ポップ寄りの曲だ。アコギに始まり弾き倒すギターソロも聴き所だな。
4曲目は湯毛氏が参加しており知らないシンガーだけど(爆)、大仰な
オーケストラヒットにツインリードが勇壮さを出しヴィジュアル系と
いうわけではないが非メタルのオーソドックスな日本人的歌唱なれど
説得力ある声をしておりなかなかのスキルがあるな・・・!ベースも
何気に目立っており
大仰シンフォニック要素は無いがストリングスシンセ
バックで聴けるぞ!5曲目はいきなりのトランス風イントロに驚かされるも
ちゃんとギター、ベースも聴けるHRながらスローでマイルドな曲だ。
聴き飽きたクサメロをまったりと歌い上げるのは龍5150氏で実にソフトな
歌唱
を披露しているのう・・・!ベースラインも印象的だな。6曲目は
紫嬢が歌う曲でこれまたトランス風シンセダンスビートが聴け一応はギターもあるが
非メタルなアレンジが施されているのう・・・!インストパートはフュージョンライクな
オシャレさ
がありベースソロも目立っているな。7曲目は緊迫感あるシンセ
始まりその後は明るくポジティヴなプログレ的雰囲気を放ちヴォーカルはなぜか普段
ジャケとか描いてるイラストレーターの飛鳥氏
がとっており妙に怪しい声
非シンガーながら味がありクセは強い個人的には好印象だな。インストパートは
チープさがこれまた味を出すホーン系シンセが目立ちやはり80年代の
明るいネオプログレ、ポンプロック的な味わい
があるな・・・!8曲目は再び全員参加
いきなり熱いハイトーンシャウトが聴けキャッチーで軽快に展開する
ポジティヴで明るいメタル
に仕上がっておりサビはシンフォニックなシンセが聴け盛り上がるぞ!
ベースソロ、シンガロング、ギターソロと続く後半も熱いのう・・・!


JAM PROJECT的なコンセプトにしたからか音楽的にもこれまでのような
大仰シンフォニック・エピックメタルメロスピ、ブラックメタルではなく
正統派と言うわけではないがキャッチーさを前面に押し出した判りやすい
オーソドックスなHR/HM寄り
の方向性となっており珍しく打ち込みリズム
使われダンス、トランス系のアレンジも目立ち大仰極まるシンフォニックな
シンセは無いな。正直言うとこの参加メンバーで普段通りのシンフォメタルを
やって頂きたかった
なぁ・・・!(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 限界突破、Like a Fire、Go!風神戦隊-射命丸-、
Battle Burning







"RE:Start!!"




日本のメタルミュージシャンによる過去曲で構成されたアルバム。


上海アリス幻樂団カヴァー所謂東方アレンジクワイアバリバリの
大仰シンフォニックメロスピ
と、このシーンにおいて最も需要のあるスタイル
クオリティーの高さを提示し一気にビッグネームにのし上がった感のある龍5150氏だが
実はそれ以前はオリジナルモダン要素入りのポップなV系ロックをプレイしており
今とは全く異なるスタイルでその頃は本人が言うように(爆)確かにイマイチであった・・・!
本作はそんなかつての黒歴史時代のスタイルを今に蘇らせ当時の曲をリレコーディングしたり
未発表曲を掘り起こしたりしてあえて茨の道を突き進んだアルバムなのだ!

1曲目はモダン要素入りながらもキャッチーさのあるリフで始まるSIAM SHADE
思わせる典型的なジャパニーズポップロック。ギターソロはスウィープで始まり
メタリックさは十分にあるな。2曲目はアグレッシヴさのあるモダンなリフ、
ハモンド
ノリの良さ、緊迫感を演出するもヴォーカルは実にソフトなV系歌唱
やはりポップさが濃いな。3曲目もギターこそハードロック寄りだがバリバリ
ポップさの強い曲
である。4曲目は打ち込みみたいなピアノ、シンセが目立った
やはりライト極まるポップスだ。5曲目もピアノ入りポップ曲。あろう事かラップまで
取り入れられておりシンフォメタルのイメージは灰燼に帰すだろう・・・!(爆)
ギターソロは一応メタルの速弾きなのが救いだな・・・。6曲目はIMPELLITTERIみたいな
リフ
に縦横無尽な速弾きギターソロが乗り期待させるもヴォーカルメロディーはやはり
完全ポップス
でガッカリじゃのう・・・!(爆)これまたラップも登場し7曲目もギターは
ハードロック寄り
だが基本はポップスである。聴き所はやはりギターソロくらいか・・・!


本人自ら不人気アルバムと自虐コメントを残すこのスタイル、思うに明るいポップ曲ばかりで
占められているからコアなリスナーほど拒否反応を示すのだろう・・・!もうちょい
哀愁メロディーを増やすとかSIAM SHADE初期Janne Da Arcみたいにポップな中に
メタルのソリッドさ、テクニカルさがあったりするとまだ喜ばれるだろうがここで聴けるのは
確固たる志が無いままメジャーに行き大人達にいいように利用された
そこらのV系バンド
みたいな楽曲ばかりである!(爆)ヴォーカルも終始ソフトなV系臭プンプンな歌い方で
アルバム後半はラップまで登場、メタルもパンクもプログレもV系も、テクノ、トランスも
ジャズもフュージョンもヒップホップもクラシックも音響、ノイズ、前衛音楽

行き着くところまで行き着いた超コアな音楽マニアの到達点と言える
この同人音楽シーンに生息するようなリスナーはある意味こういう音楽性を避けるため
地下に潜った
わけで今更こんな方向性のアルバム聴かされてもリアクションに困ってしまうわい!
クオリティーが低いのではなくただ単に好みではないだけなのだが、ありとあらゆるジャンルを
網羅できるシーン
だからこそこういうクオリティー度外視の当たり外れが出てきてしまうのだろう・・・!
ただこれは聴く側の人間の我儘であってやる側の人間としては売れる売れない関係無くやりたい事を
やりたいようにやった結果
なんでそういう精神性は決して否定できるものではない!
メジャーでこういう音楽性だったら金儲けのためにやっていると否定されても仕方ないのだが
インディーズになると逆にシンフォメロスピのほうがバリバリ売れ線でこういうスタイルは
ファンが付かないというのは実に興味深い現象じゃのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 59% お気に入り曲 adovance.







"シンフォニック東方W"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる4thカヴァーアルバム。


去年(2010年)にLIGHTNING主催のライヴイベントで5150名義では初となるライヴを行い
フロントに立ち、腰を痛めていたにも関わらず実はアルバム以上に歌える実力派である事を
見せ付けたシンフォニックメタラー龍5150氏による最新東方カヴァーアルバムである!
オーディエンスも皆シンガロングしまくりでライヴの盛り上がりっぷりもかなりのものだったなぁ・・・!
今回も方向性は変わる事無く全て自身で行うRHAPSODY OF FIRE直系の大仰なクワイア、
打ち込みオーケストレーション多用のシンフォニックメロスピで数曲でシンフォブラック
聴かせてくれるいつもの安定したスタイルでこれまでアルバムを追い続けてきたファンなら
従来通り楽しむことが出来よう!

1曲目はピアノが実にダークなムードを出すいつもとは異なるホラー映画的な
イントロ
だが続く2曲目はいつも通りのポジティヴさ、大仰さを持ったシンフォメロスピ
ギターフレーズはDRAGONFORCEまんまな所がありニヤリとさせ疾走感もそんな感じか!?
ヴォーカルは低音部分がV系っぽくサビは期待を裏切らないクワイアである!さながら
シンフォニックになったDRAGONFORCEといった所か!?ギターソロもいかにもそれっぽい
ピロピロ&アーミング
でラストはハイトーンVoも聴けるぞ!3曲目はいきなりクワイアで
始まり
どこかHEAVENLYを彷彿とさせるメロディーを歌いヴォーカルは荒々しい歌唱
披露、木琴のようなピコピコキラキラな(?)シンセの音色も印象的でサビはやはり
大仰なクワイア、オーケストレーションがRHAPSODYライクなムード満点でその後の
ストリングスリフもそんな感じだな(笑)。ギターソロは速弾きパートを途中で織り交ぜつつ
ストリングスとユニゾンしたメロディアスなリードプレイを披露、ラスト間際では
ブラストビートも聴けるぞ。4曲目はいきなりのデスVoで始まるシンフォブラック
やさぐれムードのある咆哮、トレモロギター、オーケストレーション、妙にファンシー
木琴系シンセが怪しくも大仰な雰囲気を醸し出すがそこまで邪悪な感じじゃないのはこの
シンセのせいだろうか!?5曲目はピコピコ要素のあるシンセにオーケストレーションを纏い
疾走するノーマルなシンフォニックメタルに戻りピアノがバックでピロピロ鳴らすフレーズが
印象的
でサビはいままでのスタイルを崩さない大仰クワイア、オーケストレーション
盛り上げるシンフォニックさ満点パートである!ギターソロもしかとしたテクを披露し
ギタリストとしてももうちょい評価されてもいいだろうなぁ・・・!6曲目はベース、
ストリングス
に始まり今度はどこか初期のDARK MOORで聴けたようなギターフレーズが聴けヴォーカルは
低音で歌いパワー不足さも否めないがライヴで歌えないシンガーよりは
全然マシだ!(爆)
インストパートはストリングスが舞いそしてギターソロが登場するぞ。7曲目は大仰で
ダークなオーケストレーション、バンドサウンド
が聴けるスローテンポのシンフォブラック
ガテラル系の低音デスVoはしかとした説得力を放ちそしてブラストで疾走、高音絶叫も交え
クワイアも登場するぞ!インストパートはベースソロからギターソロに繋がるも短く
そこが惜しいか!?8曲目は再びシンフォニックに疾走するメロスピチューンだがヴォーカルが
いきなり荒っぽい低音の歌唱を披露し面食らうのう・・・!その後はいつも通りのクリーンVoで
ギターソロも速弾きを交えつつメロディアスかつ大仰なプレイを披露する!


いままでのアルバムと特に変わらない、強いて言えばイントロのムードくらいなものなので
これまでのファンなら何ら違和感無く楽しめよう!まぁ正直言ってマンネリなのだが
新機軸を求めてポップアルバムをリリースされても困るし(爆)、このマンネリが
丁度いいのかも知れん
なぁ・・・!この手のカヴァーシーンは年々レベルが上がってきている
今更方向性を変えてクワイア、オーケストレーションによる大仰シンフォメロスピという
持ち味を失うのはかなりの痛手となろう!まぁそのうちまたオリジナル第2弾をやってくれる
ようなのでそれが楽しみじゃのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"四季楽典-第二章-"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる2ndオリジナルアルバム。


基本は東方アレンジをメインに行うシンフォニックメタルミュージシャンによる
待望のオリジナルアルバム第2弾である!人様の曲のアレンジと異なりやはり
完全オリジナルは勢作に時間が掛かるのか久々のリリースになったわけだが
今回もまたコンセプトアルバムとなっておりオーケストレーション、クワイア
バンバン取り入れた大仰なシンフォニックメタルを基本としつつ特にプログレッシヴ
いうわけではないが語り、台詞も登場し部分部分で強烈にSound Horizon臭を感じさせるのが
大きな特徴である!またゲストも多く参加しており豪華な印象もあるのう・・・!

1曲目は妙に線の細い裏声によるクワイア風コーラス、ホーン等のオーケストレーション
大仰なムードを醸し出すシンフォニックなイントロで期待感を煽り続く2曲目は
早速壮大なオーケストレーション、リードギターが聴け疾走するシンフォニックメタルだ!
ヴォーカルが入るとマイルドになりちょいV系要素が感じられるも女性Voも顔を出し
サビ前はサンホラライクな恥ずかしい台詞速弾きと共に切り込みそして疾走!
これまたサンホラ色濃い語りの後に聴けるギターソロ、シンセソロのバトルも熱く
プログレ的なアレンジ
も顔を出すのう・・・!3曲目はかつてのSONATA ARCTICA
彷彿とさせる明るい疾走感を感じさせるメロスピチューンでヴォーカルの声質も
どこか北欧メタルでありそうな歌い方で面白いな・・・!歌詞は英語サビは明るく
ポジティヴな飛翔系の王道メロ
で実にストレートな曲調である!ギターソロもシュレッド、
スウィープ
を交えつつツインリードも聴けるぞ。4曲目はダークなムードを感じさせる
オーケストレーション、バンドサウンドが聴けデスVoが登場!メタルコア的咆哮ではなく
オールドスクールなデスメタル風のゲロゲロ声ホイッスルVoも交え
ブルータルな曲調になっているがサビ(?)は穏やかなクリーンVoのコーラスが聴け
ブラストで爆走するわけではないのでブラックメタルとはちょいと異なるムードがあるのう・・・!
絶叫はどこかダニ・フィルスっぽいな。展開も面白く中盤では行進するような大仰なパート
顔を出し終始デスVo、絶叫が強烈な1曲である!5曲目は疾走するシンフォブラ系
早速のホイッスル絶叫に始まりギャウギャウ喚くデスVoが目立つもその後紫嬢による
日本語詩の妙にマイルドで中性的なクリーンVoも顔を出しサビは非常にクサいメロディーを
歌い上げる!
デスVoは様々な声色を使い分けておりRib:y(uhki)氏も上手くなったモンじゃのう・・・!
中盤は狂った呻き声各種に語りが聴けそしてメロディー重視のギターソロが登場だ!
6曲目は穏やかなアコギで始まりストリングス、ベース、ドラムマイルドな
ムード
を醸しだす大人しめのバラード。ギターソロはクリーンな音に近くエモーショナルな
プレイ
を披露しているな。7曲目はチェンバロ、ストリングス語りが乗りピアノ後
大仰なバンドサウンド、オーケストレーションが顔を出すも疾走はせずヴォーカルパートは
アコギも聴けマイルドな空気があるがサビは疾走し盛り上がる!
中盤は語りにストリングス、ピアノ、鐘の音でシアトリカルさを演出、そして再び疾走し
ギターソロ
になるぞ!8曲目はダークなオーケストレーション、語りに始まりサンホラ臭
プンプンと放ちそしてクワイアと共にシンフォニックメタルと化す!ヴォーカルは男女ツインVo
男Voは龍5150氏によるものでやはりマイルドさが強く女性シンガーはちょいとアニメ声質だが曲調はまさしく
シンフォメロスピ以外の何者でもないぞ!ギターソロも実にドラマティックである!
9曲目はピアノ、ストリングスが聴け紫嬢によるエモーショナルな歌唱が印象的なバラード寄りの曲。
後半で盛り上がりを見せメロディーも十分にクサくキャッチーじゃのう・・・!
10曲目はストリングス、リードギターが聴けアップテンポになる後期STRATOVARIUSのような
雰囲気を持ったキャッチーな曲。龍5150氏のヴォーカルも味があり声を張り上げたり
ラストでハイトーンを披露したり
と頑張っておるのう・・・!11曲目は聖歌のような裏声コーラスに始まり
アコギ、ソフトなヴォーカルが聴けバックでホーン系の音が聴けつつも大人しく
穏やかな雰囲気
が強い曲。ギターソロも叙情的でエモーショナルでその後オーケストレーションが
盛り上がりを見せ
そしてシンフォ系のユーロプログレとなるぞ!めくるめく展開を見せ
聴き手を翻弄、
この辺のセンスは完全にユーロプログレクサメタラーのみならず
プログレッシャーにも激しくアピールしユーロロックプレス読者がガッツポーズしそう
空気プンプンである!12曲目はストリングス、シリアスな内容の割りに妙に軽い(?)語りで幕を開けオーケストラ、
バンドサウンドが盛り上がり基本に戻ったRHAPSODY OF FIRE直系のシンフォニックメタルとなるぞ!
ラストの語りはこれまたモロにサンホラじゃのう・・・!

またM3会場限定で特典CDも配布されておりかつての東方ナンバー2011年ヴァージョンとして
リレコーディングされた曲が収録され大仰かつストレートなシンフォニックメロスピ
仕上がっており現在の演奏、歌唱力、レコーディング技術で今に蘇っているぞ!テクニカルギタリスト炭酸氏による
実にタイトなギターソロも大きな聴き所じゃわい!ベースも唸っており龍5150氏の
ハイトーンシャウトもかなり説得力を感じさせるようになってきたな・・・!


カヴァーアルバムではRHAPSODY OF FIRE要素をメインにしつつもメロスピ的な疾走感
重視し2曲ほどシンフォブラックをやる感じだがオリジナルアルバムでは流石に
気合の入り方が違うのか基本は押さえつつもより練られたアレンジ、曲展開
そこかしこで堪能でき非常にクオリティーの高いアルバムに仕上がっているのう!
もうそろそろいい加減オリジナル1本で活動してもいいんじゃないかと思えるが
やはり保守的甚だしいシーンの流れがそれを許さないのだろうか・・・!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 89% お気に入り曲 全部







"東方合体ゲンソウオー弐式"




日本のメタルミュージシャンによる2nd企画カヴァーアルバム。


普段はRHAPSODY OF FIRE直系大仰なクワイア派手にブチ込んだ
シンフォニックメタル、メロスピ
CRADLE OF FILTHタイプのシンフォブラックスタイル
東方の楽曲をアレンジしカヴァーしつつオリジナルもたまにリリースしてくれるようになった実力派による
企画アルバムの2作目である!本作もまた東方アレンジではあるがこっちはそこまでHM/HRではなく
JAM PROJECTの影響を色濃く受けたスタイルを見せておりゲストシンガーを複数呼びそれぞれで
各曲を歌う
全員参加でシンガロング、コーラスを披露する楽曲も収録されておる!

1曲目は女性Vo早速のコーラスで幕を開け一応バンドサウンドはハードロックであるが
そこまでメタリックではないJAM PROJECTムード満点のキャッチーな曲でアニソン風の
ムードが強い
のう・・・!サビはお馴染み過ぎる和風フィーリング満載のメロディーラインで
ギターソロはガッツリとメタル的なプレイを披露してくれるぞ!2曲目はピアノで始まり
マイルドなムードを持ちつつも決してV系ではない男Voが聴け曲調はやはりJAM PROJECT系
雰囲気漂うスタイルでホーンオーケストラヒット等のシンセも目立っているな。サビは
クサく
ギターソロは引っ込み気味だがメロディー重視で流麗なプレイを披露しておる!
3曲目はベースが唸り攻撃的な印象を放つ待ってましたの疾走メロパワでヴォーカルもJUN氏による
パワフルな歌唱
で本作でも特に熱くアグレッシヴなメタルチューンである!リフはどこかXっぽいか!?
サビが実に熱くハイトーンも強烈でギターソロがこれまたネオクラ系のプレイでたまらんわい!
ラストのパワフルすぎるハイトーンシャウトがこれまた凄まじいぞ!4曲目はホーン系シンセが目立った
勇壮かつ明るめのミドル曲でヴォーカルは3人で入れ替わり立ち代りに歌っており紫嬢も普段の
パワフルな歌唱ではなく抑え目のマイルドな歌い方を見せているな。インストパートはシンセが
煌きを見せギターソロもメロディアスなプレイを披露
している。5曲目は本来シンガーではない
飛鳥氏
によるクセの強い男Voが早速顔を出し低音気味で歌い味を出しており紫嬢も参加、曲調は
ポップ寄りの明るめの曲だな。6曲目はDRAGONFORCE直系の爆走メロパワ、メロスピチューン
シンフォニックなシンセもバックで目立ちドラムがまた手数多いのう・・・!サビはマイルドな
クワイア風コーラス
も顔を出しこの辺はいつもの5150スタイルでギターソロ前はなぜかデスVoも登場!
ソロはこれまたモロ・・・というかまんまDRAGONFORCEブラストビートも聴けるぞ!7曲目は
アコギ、クリーンギターが枯れたブルージーな味わいを演出する淡々としたムード漂う渋めのバラード。
サビでバンドサウンドが挿入され盛り上がりを見せこの辺はHM/HRバラードの流れを汲んでいるな。
龍氏の中性的なヴォーカルはこういう曲調だとちょいとマッチしていない感もあるが完全に
ブルージーと言うわけではない
のでまぁ大丈夫か!?8曲目は再び全員参加の曲で曲調としてはやはり
淡々としたマイルドなムードが強いミドル曲でサビはテンポアップしコーラスが盛り上がるぞ!


JAM PROJECTスタイルの企画盤という事でハードロックタイプのバンドサウンドこそあれどシンセも
かなり目立っておりそこまでメタリックではなくメタラーが目を引くのは超正統派メロパワチューン
3曲目とDRAGONFORCEタイプの6曲目くらいだが東方アレンジなんでメロディーは良くメタルではなく
ヴォーカルメインのアレンジと考えればなかなかに悪くは無いな・・・!ギターソロは流麗かつ
メロディアスなプレイ
を魅せておりこの辺はちゃんとHM/HRしており龍氏のギタープレイも
達者になったもんじゃて・・・!





オフィシャルサイトで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 Steel of Fire、SAMURAI SWORD







"シンフォニック東方X"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる5thカヴァーアルバム。


ここ最近は待望のオリジナルアルバムをリリースしたりシンガーを複数集めて
JAM PROJECTタイプの企画盤をリリース
したりと前にも増して精力的な活動を展開、
今後は再びライヴも決まっている一人シンフォニックメタルプロジェクトの最新作である!
本作はお馴染みの壮大なシンフォニックメタルアレンジ分厚いクワイアを聴かせてくれる
東方アレンジの通算5作目のフルアルバムとなっており基本シンフォメタル、メロスピ
一部ブラックメタルという基本の流れは崩さず音楽性も一切変えず安定感を見せておるのう・・・!

1曲目はストリングス、ホーンによる華やかなオーケストレーションが聴け
聴き飽きたフレーズを披露するイントロで続く2曲目は壮大なシンフォニックサウンド
スローテンポのバンドサウンドで始まるもすぐに疾走!まるでDRAGONFORCEライクな
ギターフレーズ
が聴けるもやはりオーケストレーションがあるというのが大きな
違いとなっているな。
サビはやはりお馴染みのコーラスワークが冴え渡りつつも
DRAGONFORCEっぽい所もあるな。ギターソロはまさしくDRAGONFORCEな高速ピロピロ
披露しておる!3曲目は何とMANOWARの“HAIL AND KILL”を拝借したオマージュ曲と
なっており
イントロから非常にドラマティックな出だしを見せヴォーカルはやはり
エリック・アダムスのパワフルさには及ばないが気持ちシャウト気味に歌い熱さを
出しているな。サビはまさにそのまんまじゃ!4曲目は邪悪なブラストで爆走、定番の
シンフォニックブラックと思いきやヴォーカルが入ると邪悪さは消えシンフォニックメタルとなり
途中でデスVoも顔を出しシンフォメタルとシンフォブラの融合というこれまでに無かった
試み
を見せておる!インストパートはなかなかにテクニカルなアンサンブルを見せ
和のフレーズも顔を出しつつ流麗な速弾きも披露、ギターテクもまた向上しているな・・・!
5曲目はどこか牧歌的なクワイアで幕を開けハイトーンと共に疾走!王道を突き進む明るめの
シンフォニックなメロスピ
となりサビのクワイアが良いのう・・・!ギターソロもドラマティックで
その後のクワイアはライヴで盛り上がりそうだな。6曲目は緊迫感あるストリングス
始まりブラストと共に爆走するシンフォブラックとなるぞ!ヴォーカルはガテラルで咆哮し
DIMMU BORGIRに通じるムードを出し途中呻き声も顔を出すがサビはうってかわってクリーンVoが
マイルドに歌いクワイアも聴けるシンフォメタル
となるぞ!ブラックメタル要素が強いが
この曲もシンフォブラックとシンフォメタルの融合と言えそうだな。中盤ではピアノも聴けるぞ!
7曲目もまた大仰なオーケストレーションで幕を開け疾走、今度はRHAPSODY的なスウィープが登場し
ストレートな疾走感に満ちたシンフォニックメタルとなるぞ!クワイアのソフトな質感
どこかFAIRYLANDに近いか!?オーケストラとギターソロ、シンセが絡み合うインストパート
聴き所だな。8曲目は再びシンフォニックブラックとなり邪悪なムードを漂わせ疾走、ガテラルが唸り
リフ、ピアノが変態的な怪しさを演出しオーケストレーション付きのDEATHSPELL OMEGA
言えそうなカオティックさを見せるぞ!後半はキラキラシンセが聴けクサさもあるのう・・・!
9曲目は明るいヴォーカル、ハイトーンで幕を開けストレートに疾走する飛翔系の
シンフォニックメロスピ
だ!速弾きとメロディアスなプレイをバランスよく配したギターソロも良いのう・・・!


DRAGONFORCEやMANOWARを拝借したりこれまでに無かったシンフォニックメタルと
シンフォニックブラックの融合
を見せたりと多少の新機軸を見せつつやはり根底にあるのは
過去作と比べ一切軸がずれる事の無い大仰疾走クワイア満点シンフォメロスピである!
方向性は一切変えず単純にクオリティーを向上させた感があり悪く言えばマンネリだろうが
カヴァー、アレンジアルバムならこんなものだしメタルというジャンルはマンネリを
よしとする傾向がある
んでこれで良いのじゃ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 全部







"神竜物語"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる3rdオリジナルアルバム。


シンフォニック東方で知名度を上げつつここ近年はついにオリジナルにも着手し
多くのクサメタラーを喜ばせている一人シンフォニックメタラー新たなる
オリジナルアルバム
である!ジャパニーズアキバギーク要素の無いいかにも
クサメタルなジャケ
も嬉しいが中身もそれに見合ったストレートなメロスピチューン
大半を占めており“四季楽典”のようなコンセプトに合わせたシアトリカルで
幅広いファンタジックアルバム
とは異なるスタイルを見せているな・・・!
また今回もゲストが数名参加しておりヴォーカルでRib:y(uhki)氏が1曲、そして
KNIGHTS OF ROUNDのVocchang氏半数以上で歌っておりこの事からも普段の
シンフォニック東方同様大半がメロスピナンバーである事が伺えよう・・・!

1曲目はダークなムード漂うピアノに始まりストリングス、ホーンも登場し
ファンタジックながらも厳かさを漂わせるイントロで続く2曲目はチェンバロと
ギター
で幕を開けハイトーンと共に疾走開始!シンフォニックさの強い大仰な
実に5150らしいメロスピチューン
飛翔感漂うサビがポジティヴじゃのう・・・!
ラストのハイトーンが特に強烈である!
3曲目はこれまた明るさのあるギター
幕を開けブラスト&ピロピロで爆走、DRAGONFORCEの影響を強烈に感じさせるメロスピとなるぞ!
勿論シンフォニックさもしかとありサビのバックでオブリを入れるストリングスが
また良いな・・・!
ギターソロもDRAGONFORCEっぽさがあるがメロディアスさも
忘れてはおらん!
後半で目立ち始める鐘の音も印象的じゃのう・・・!4曲目は
シンフォニック東方でも必ず最低1曲は収録されているシンフォブラック系の曲で
Rib:y(uhki)氏が歌っており
やはり本格派のデスVoを聴かせよりダニ・フィルスっぽさ
増している感があるがサビはクリーンのコーラスになるぞ。中盤以降は怪し気な
V系クリーンVo
と共にオーバーダブされたコーラスも聴けそして得意のホイッスルと共に
再び爆走!
さらに怪し気なリズム、チャーチオルガンも聴け展開も面白いのう・・・!
5曲目はどこかHELLOWEENっぽいキャッチーさを持った軽快なアップテンポ曲でメタルと
言うよりはハードロック、メロハーっぽい印象があり龍氏の爽やかなヴォーカル
ポップさのある曲調にマッチしているな。ギターソロがまたクサいぞ!
6曲目は再びRHAPSODY色濃いシンフォニックメタルになりクワイアやオーケストラも登場、
疾走しまくりではないがメロディーが相当にキャッチー最近のルカ・トゥリッリにも
是非とも見習って頂きたい1曲
だと言えるか!?(爆)中盤以降で疾走しやはりラプソっぽい
ギターソロ
も聴けるがメロディー重視なのが良いな。7曲目はクワイアではない
ホーリーさのあるQUEEN的アカペラコーラス
で幕を開け大仰に疾走!これまた
RHAPSODYに近い雰囲気があるもAメロはテンポダウン淡々とした展開を見せつつ
メロディーは良くそしてサビで再び疾走するぞ!中盤は怪し気な
雰囲気
を放ちクワイアにデスVoも登場しちょいブラックメタル風になりそして
ポジティヴなギターソロが登場、ブラストも聴けアグレッシヴになるがその後は
本作の特徴と言えそうな穏やかなアカペラコーラスパートが顔を出すのう・・・!


やはり俺は東方よりもオリジナルが好きじゃのう・・・!(爆)“四季楽典”高品質な
コンセプトアルバム
だがこういう一切の奇をてらわないストレート極まりない王道の
キラキラシンフォニックメロスピメイン
で統一したアルバムもまた良いな。まぁ普段のシンフォニック東方と
スタイル的には一切変わらず
新鮮さは無いのだがこの手のシンフォニックメタル、
メロスピ
が好きなら決して不満を覚える事の無いハイレベルな1枚である!
今後も継続してオリジナルのアルバムを作って頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 神竜物語  My spirit lives on  魔曲崇拝
喜びの歌を 〜聖域より告ぐ〜  聖戦







"シンフォニック東方 ガールズサイド"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる企画カヴァーアルバム。


ついこの間のM3オリジナルアルバムをリリースしクサメタラーの喝采を浴びた
5150
が僅か一ヶ月の時を待たずしてアレンジアルバムをリリース!しかも何と
2枚同時という無謀な試みを見せてきたが本作は過去のシンフォニック東方とは異なり
ガールズサイドと称し女性Voをフロントに立ててきた!まぁ言うならばアニメタル・レディー
言った所かも知れんが気になる女性シンガーのみーや嬢先日行われたライヴゲストで
顔を出し見事な歌唱を披露した
Dragon Guardianにも参加した経歴のある実力派
声質的にはメタル的な勇壮さの無いFuki嬢と呼べそうな感じでまぁアニソン要素は相当に
強い
がそれを差し引いて十分過ぎるほどのパワーがあり説得力も抜群である!

1曲目はやはりお馴染みの定番と言えるポジティヴさ満点の疾走大仰
シンフォニックメタル
だがヴォーカルが変わった分雰囲気も若干異なり
バンドサウンドが意図的に軽めになっておりクワイア女性Voとの対比
より男らしいムードを放っているか!?ギターソロもドラマティックさがあるな。
2曲目はオーケストレーションがバックで派手さを出しつつもバンドサウンドは
意外と軽快さがあり
そこまでメタリックなアグレッションは無いがギターソロ後半は
疾走しブラストも聴けるぞ!3曲目はドラムソロに始まりやはり疾走!音はそこまで
厚くは無い
パワフルさはありオーケストラもバックでうっすらと聴けるがどちらかと言ったら
メロパワ、メロスピ寄りか!?サビ前のハイトーンVoは実に見事で
ギターソロ
がなかなかにメロディー重視のエモーショナルさがあるのも聴き所だな。
4曲目はストリングスホーンが混じったオーケストレーションが聴けやはり疾走!
ヴォーカルメロはどこか憂いがあるような印象があり音作りも相まって軽くなった
Dragon Guardian
と呼べそうなムードがありクサく泣くギターも登場するぞ!
サビはマイルドな印象もあるがメロは良くクワイアも聴けるのう・・・!
5曲目はアコギとヴォーカルが聴けるシンフォニック東方としては非常に珍しい曲調
穏やかかつキャッチーで美麗本格的バラードに仕上がっているぞ!
6曲目はメロウなピアノで幕を開けやはり勢いあるシンフォニックメタルと化す
大仰な曲だが爆走はせずサビでようやく疾走感を見せるのう・・・!中盤は何と
モロにプログレメタルと化しテクニックがある所も見せているな・・・!


ヴォーカルが女性に変わっただけのシンフォニック東方と言えなくもないが
逆に言えば安定したクオリティー、方向性過去作のファンは安心だし
それでいて女性Voという事で新鮮味もしかとありこっちはこっちで楽しめる
良質の1枚だと言えよう!女性Voという事でブラックメタル曲は無いがその代わりに
シンフォニック東方としては初のバラードまで収録されておりガールズサイドもまた
十分にアリ
だと思うが如何だろうか!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 いざ、倒れ逝くその時まで  Shout for Shout  
夜明けのジェラシー  無敵のSoul!!







"シンフォニック東方 T"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによるリメイクアルバム。


先日催されたM3に続き速攻でリリースされた新譜のうちの1枚で、本作は何と
かつてリリースされたシンフォニック東方の原点である1stをそのままリメイクした
アルバムである!
だがリメイクモノと言ってもDragon Guardianが1stをリメイクした
アレ
とは異なりヴォーカルも歌詞もアレンジも一切変えずただただそのまんま今の
クオリティーで録り直すという
スタンスを見せている!

そんなわけで本作に収録されている楽曲はかつて聴いたシンフォニック東方の1stそのまんま
新曲も無ければアレンジが大幅に変わる事も、そもそも一人なんだが参加メンバーが
変わる事も一切無く
ただただ単純にプロダクション、演奏、ヴォーカル等の
クオリティーが底上げされており
正直1stを持っている身としては新鮮味は無いのだが
本作のコンセプトが1stを持っていない人に向けて作るという感じなんでこれが正しい
やり方である!
ギタープレイもそうだがヴォーカルも余裕が出てきている感じで4、7曲目の
ブラックメタルチューンなんか絶叫シャウトダニ・フィルスの真似しようとして
失敗している感
相当に減退しており説得力が出てきている印象があり良いのう・・・!


映画のリメイクは得てして失敗する事が多いんだが(爆)、本作は新鮮味と引き換えに
今現在のスキルで過去作を忠実に再現
する事に成功しておりまさに安定の1枚と言えそうな
感じである!部分的にクワイアやオーケストラを増やしても良かったかと思う半面
安心して聴けるのは良いな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"東方合体ゲンソウオー参式"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる3rd企画カヴァーアルバム。


シンフォニック東方四季楽典超劇的なシンフォニックメタル
プレイしシーンの中でも高い認知度を持つ龍5150氏による複数のシンガーを招いた
アニソンサイド企画プロジェクト
通算3作目のアルバムである!音楽的には
シンフォニックメタルでもメロスピでもブラックメタルでも無くJAM PROJECT
流れを汲んだストレートなアニソン系ハードロックとなっておりメタラーには
物足りなさがある
かも知れんが参加シンガーがこれまた豪華で目立った所では
何とLIGHTNINGの勇舞氏が参加しておる!

1曲目はノリの良いリードギターが聴けるアップテンポのキャッチーな
ハードロック
全シンガーが参加アニソンというかJAM PROJECTを思わせる
ストレートで判り易いムードがあるのう・・・!リードメロに始まりタッピングを
披露するギターソロ
も聴けるが短い辺りやはりメタルではなくアニソン系ロックの
流れを汲んでいる
のだろうか!?ラストはハイトーンだ!2曲目勇舞氏が
熱きヴォーカルを聴かせる
も曲調はどこかアメリカンロックに通じる明るめの
雰囲気を持ったアニソンハードロック
でサビは実にキャッチーじゃのう・・・!
こういう曲でも彼の熱いヴォーカルはマッチしておるな。ギターソロは結構
テクニカルか!?
3曲目もまた明るいムードが強いがこっちはシンセも目立った感じだな。
ヴォーカルを取るのはやかん氏なる無名のシンガーだがソフトな歌い方からサビで
聴かせる勇舞氏ライクな熱い歌唱など確かなスキルを感じさせ今後仕事が増えそうか!?
4曲目は前のシンフォニック東方ガールズサイドでも実力を見せていた女性シンガーの
みーや嬢がヴォーカルを取る曲
で基本はやはり明るいポップロックなれど何とサビで
メロスピばりに爆走
シンフォニックな盛り上がりを見せておる!この曲は
シンフォニック東方と大差無いアレンジになっており嬉しくなるな(笑)。ソロパートは
プログレメタル的なテクニカルさを見せやはり爆走!やはりこういう曲調のほうが
好みじゃのう・・・!
5曲目は再び明るめのポップなアニソンロックとなりヴォーカルの
湯毛氏はソフトな声質で歌いつつもハスキー成分がありこれまた曲調にマッチした
ヴォーカル
だと言えるな。6曲目はこれまた勢い良く疾走するメロスピチューン
龍氏自らがハイトーンで歌いオクターブ上でハモりを見せブリッジになるとテンポは
ダウン
するもサビはシンフォニックな盛り上がりを見せておるのう・・・!ベースソロ
始まりギターソロが切り込みクラシカルなキメも見せるインストパートがまた熱い!
和の要素を見せるエモーショナルなタッチも披露しギタリストとしてもまた成長を
見せているな・・・!
7曲目は何とオリジナル曲でこれまたシンガー全員が参加、
ピアノとヴォーカル
による切々としたバラードとなっている。


ゲンソウオー関係はどちらかと言ったらポップで明るいアニソンHRという事で
メタラーは敬遠しそうな所だがこっちはこっちでまたアルバムを重ねる毎に
クオリティーの向上を見せており
演奏、プロダクションは勿論明るいロックの
聴かせ方
というものを心得てきた感があり非クサメタルでもこっちはこっちで
十分に聴き応えがある仕上がり
になっているのう・・・!4、6曲目のようなガチの
メロスピナンバー
もしかとあり今まで本シリーズを避けてきたメタラーも聴く価値があるぞ!




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 正義の魂  Ready Go!!  Burning Heart
Daredevils Soul  Brave is Forever







"シンフォニック東方Y"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる6thカヴァーアルバム。


ハイトーンシンガー及びコンポーザー/アレンジャーとして評価されがちだが
EIZO Japan・・・と言うかさかもとえいぞう氏の香港ライヴギタリストとして
参戦
する等ギターテクニックも確かなものがある実力派ミュージシャンによる
最新アルバムである!ここ最近は企画盤を多々リリースして来た印象があるが
本作は再び王道に立ち返ってのシンフォニック東方で音楽性も過去作同様の
ストレートなシンフォニックメタル、メロスピ
ブラックメタルとなっており
順当にクオリティーを上げて来ている印象があるな・・・!

1曲目はオーケストレーションによる厳かなイントロで続く2曲目は得意の
大仰なオーケストラサウンド
と共に勢い良く疾走!王道を行くシンフォニックな
メロスピチューン
で最初のインストパートはシンセソロが顔を出しDRAGONFORCE風の
アレンジ
を見せているな。ギターソロ部分もやはりDRAGONFORCEライクである!
3曲目は思い切りX JAPANの“Rusty Nail”っぽいムードを放つオマージュ系の
ポップなミドル曲。
バックではストリングスが使われておりシンフォニックな印象
しかとあるがYOSHIKIもストリングスはよく使うしな・・・!(爆)4曲目はブラックメタル系
シンフォニックさを放ちつつも禍々しさがありブラストも炸裂!過去のブラックメタルと比べて
邪悪なムードが強いが全体的にはDIMMU BORGIRっぽさがあるか!?5曲目は再び
王道のシンフォニックなメロスピになりギターソロはメロディアスで明るくキャッチーな
印象
があるのう・・・!6曲目はメランコリックなピアノで幕を開けシリアスなムードを
漂わせるシンフォニックメタル
でサビも盛り上がりメロディーがクサめじゃのう・・・!
7曲目は大仰系シンフォニックサウンドでありつつこれまでとは異なる焦燥感を放つ
イントロ
で幕を開けるがその後はストレートに疾走するシンフォメロスピとなるぞ!
オーケストラ入りのDRAGONFORCEと呼べそうなムードがありインストパート後半の
ウォーウォー言うシンガロングコーラス
もそんな感じか!?8曲目はブラックメタルチューンでやはり
シンフォニックさは健在だがこれまた禍々しいイーヴルさがあり、潰れたしわがれ声で
喚くデスVo、枯れた質感のギターサウンド等
まさしくブラックメタル以外の何者でも無い!!
ダニ・フィルス系悲鳴風ハイトーンも部分的に顔を出すぞ!9曲目は再び勇壮さ満点の
王道シンフォニックメロスピ
でサビも実にストレートなポジティヴ系メロディーを
ハイトーンで歌い上げ
ギターソロもメロディアスさがありキャッチーじゃのう・・・!


いつも通りの安定のシンフォニック東方・・・と思わせておいてRusty Nailオマージュ
炸裂させたりブラックメタルチューンがより禍々しく本格的になっていたりと
基本路線を踏襲しつつも少しずつ異なる要素を取り入れている感があり
プロダクションや演奏面もまたタイトさを増した印象もあるな・・・!こうやって
レベルを上げて行った段階で作られるオリジナルアルバムがまた楽しみになってくるわい!




オフィシャルで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 Like a Universe  Moment of Death  Rising sun of winter
Providence  Believe in your noble soul  Sacrifice  Silent Destiny







"四季楽典 最終章"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる4thオリジナルアルバム。


基本は東方アレンジ系なれどここ近年はオリジナル方面でも優れたアルバムを
多々残してきている実力派シンガー/ギタリスト
による待望のオリジナルアルバムだ!
前回のオリジナル“神竜物語”は特にこれと言ったコンセプトは持たず、ストレートな
楽曲勝負
で来たが今回はコンセプトアルバム“四季楽典”の最終章である!
アラン・ムーアスーパーマンのラストエピソードを、ニール・ゲイマン
バットマンのラストエピソードを描いたように本作もまたラストエピソードである!
今回もまた多数のゲストミュージシャンを迎えて制作されたようだが、果たして
どんなキラーチューンが聴けるのであろうか!?


1曲目は早速の怪しげなクワイア、オーケストレーションカオティックに幕を開け
疾走もするがAメロは相当に穏やかじゃのう・・・!女性Voも顔を出しサビは
メロスピ的に疾走、
得意のクワイア系コーラスも顔を出すぞ!中盤では語り
顔を出しつつプログレ的アンサンブルも披露、サンホラ的な側面も垣間見せ
その後はジャズ的なアレンジになりさらにシアトリカルで大仰なパートから
メロディアスなギターソロ
に突入、懐の広さを見せつけておるわい!ラストの
ギターソロ
も実にエモーショナルでギタリストとしてもスキルの向上が見られるのう・・・!
2曲目もまた大仰なシンフォニックさを放つ疾走チューンで、ヴォーカルでLIGHTNINGの勇舞氏
参加しており凄まじくパワフルでアグレッシヴなシャウトを披露しておる!リフワークも
ストロングさがありライトなメロスピとは異なる骨太さを感じさせてくれるわい!
3曲目はメロウなピアノ、ストリングスツインの女性Voが乗るバラード系で、
途中アコギも顔を出すが決してメタリックな盛り上がりは無い、オーケストレーション
メインのシンフォニックで穏やかな、ある意味ポップス的なバラードである。
4曲目はピアノ、オーケストレーションが盛り上がりしなやかさを伴った疾走感を放つ
シンフォニックメタルで、ヴォーカルは龍氏だがこれまで以上に凄まじくしなやかな
歌唱
を披露しており、女々しいと取れなくもないが表現力の向上とも受け取れよう・・・!
ミドルパートも多くファストでは無いが曲調自体は文句無しのシンフォメタルである!
サビのメロディーがいい意味でサンホラライクなのも嬉しくなるな(笑)。ギターソロもメロディアスだ。
5曲目は得意の(?)ブラックメタルチューン禍々しいブラスト、トレモロで爆走!
オーケストレーションも目立ち
ヴォーカルはRib:y(uhki)氏と龍氏のツインで、共に
デスVo、絶叫シャウトを披露しているがその一方でクワイア的コーラスも聴けるぞ!
中盤は静かになり怪しげな声ピアノが登場、その後はまたブラストで爆走だ!
6曲目はうって変わってポップ寄りの曲調になりハモンドも登場、バンドサウンドもメタリックさは薄く
ライトなマイルドさ
があるのう・・・!7曲目は再びシンフォニックメタルとなり出だしから大仰な
盛り上がり
を見せるもシンフォブラ的側面もあり、みーや嬢によるハキハキした
フィメールVo
のみならずRib:y(uhki)氏によるデスVoも聴けるぞ!途中でブラストも炸裂し
後半は怪しげなアカペラコーラスも聴けるぞ。8曲目はこれまた大仰で勇壮な出だしから
ある意味アニソン的なキャッチーさを見せJAM PROJECTライクなノリを見せるぞ!
勇舞氏のヴォーカルも多少荒々しいが曲調にマッチしているな・・・!9曲目は大仰なオーケストラに
低めのチェンバロ音
が聴けハイトーンVoと共に疾走!様式美要素も内包したシンフォニックな
メロスピチューン
となるが龍氏のヴォーカルはこれまた抑え目でアッサリ風味があるのう・・・!
10曲目はラストを飾る大作で、女性Voで幕を開け語りと共に大仰なシンフォメタルと化し疾走!
サビがまた相当にクサくたまらんなぁ・・・!中盤はプログレメタルと化し緊迫感ある
アンサンブルを披露、
その後は唐突にまったりしたアレンジを見せるが勇壮なストリングスも登場、
ギターソロパートはハードロック的なノリを見せるがその後のフレーズはクサいぞ!
ソロ後はホーリーな聖歌風コーラスが聴け神秘的なムードを演出、後半は再び疾走だ!


やはりこの“四季楽典”シリーズは良いな!普段のシンフォニック東方と異なり
サンホラ直系のコンセプトアルバムだからか曲展開が複雑で、いい意味でプログレ的な
難解さ、緻密さ
を見せておりシアトリカルさ満点のめくるめくアレンジに翻弄される
快感
を堪能出来るのう・・・!まぁ個人的に好みでは無い曲もあったが総じてクオリティーは高い!
本シリーズはこれにて終焉
だが、今後もこういったドラマティックでシアトリカルな
オリジナルのコンセプトアルバム
を生み出して頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 イハイ  凱主論 〜我らが正義の法典×業火輪〜  人形
歴史なき世界樹  皇帝  もし死二場所ヲ求ムならば  四季楽典







"東方合体ゲンソウオー肆式"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる4th企画カヴァーアルバム。


IRON ATTACK!のツアーによってギタリストとして明らかな成長が見て取れる龍氏による、
JAM PROJECTタイプの企画アレンジアルバム通算4作目である!本作もまた実力に
定評のあるシンガー
を複数招き、シンフォニック東方とも四季楽典とも異なる
アニソンハードロックと表現出来そうな音楽性を見せ付けておる!

1曲目は早速のキャッチーなコーラスワークで幕を開け勇壮なギターも登場!
Aメロはピアノをバックにメロウさを見せるもその後はハモンドやバンドサウンド
盛り上がりヴォーカル毎にアレンジも表情を変えていくのう・・・!シンセも相当に
派手さ
を出しておりオーケストラヒットもかなり目立っておるわい!ギターソロも
流麗なプレイだな。2曲目はバンドサウンドこそライト寄りなれど、これまた相当にシンセ
目立っておりハモンドやら何やらが派手に炸裂!硬派な正統派メタルでは無いが勇舞氏の
ヴォーカルが楽曲にマッチしておるな・・・!
3曲目はタッピングするギターハモンド
顔を出し、なかなかにストロングな疾走HM/HRとなるがヴォーカルはみーや嬢によるアニソン色濃い
女性Voである。
ギターソロパートがまた盛り上がるがその一方でメロディアスな
プレイ
も披露するぞ。4曲目はイマドキらしいトランス系のシンセが相当に目立っているが
バンドサウンドはハードロックしており、ハモンドやピアノも顔を出しヴォーカルは
熱さを見せつつも勇舞氏程では無く、もっとオーソドックスなタイプの男Voだな。
5曲目はハモンド、バンドサウンド明るめの盛り上がりを見せ、やかん氏によるヴォーカルも
熱唱型勇舞氏に近いタイプのノリを放っているのう・・・!6曲目はアコギも顔を出し
マイルドな落ち着き、穏やかさを見せるまったりとした曲調になるぞ。ギターソロは
泣きのプレイ
エモーションを放っているな。7曲目は1曲目同様シンガー全員参加曲で、アニソン色濃くも
ハードロック的な熱さ、勢い、キャッチーさを放っておりサビも相当にクサいぞ!


シンフォニック東方四季楽典と言った派手で大仰なクッサイ
シンフォニックメタル
とは異なるアニソンハードロック路線なんで、メタラーには
上記2作と異なりあまり受け入れられ無さそうな企画だったんだが、それでもアルバムを
重ねる毎にクオリティーを向上させて来ており、
単純にロックとして優れたレベルに
到達して来ている
印象があるな・・・!楽曲目当てで下手なアニソン聴くよりは
こっちを聴いた方が遥かに楽しめるだろう!
個人的な好みとは異なるが質の高さは
十分に認識出来る、
そんなアルバムである!




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 MAX POWER!!!!  最後の最後の最後まで  Beat awake true heart
Final Explosion 〜In to the Heart〜







"シンフォニック東方Z"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる7thカヴァーアルバム。


カヴァー/アレンジモノ一つとってもシンフォニックメタルのみならず何気に幅広い
素養を見せ、
さらにオリジナルにも着手し高い評価を得ている実力派ミュージシャンによる
東方シンフォニックメタルアレンジとしては通算7作目に当るアルバムである!
本作も基本的なラインは過去作と変わらぬ、大仰で壮大なオーケストレーション、分厚い
クワイア系コーラス
を導入したストレートなメロスピサウンドを主軸に一部で禍々しい
ブラックメタルも披露すると言ったスタイル
だが、どうやら今回はオーケストラ以上に
バンドサウンドに力を入れた
らしく、細かい部分でのギタープレイフックを放っているな・・・!

1曲目は大仰なオーケストレーションエピック的な盛り上がりを見せるイントロで、
続く2曲目はいかにもな判り易い明るさを持ったメロスピサウンド壮大な
オーケストレーションが乗り疾走!
ギターソロはスウィープを交えなかなかに
流麗なプレイを披露しているな・・・!3曲目はこれまた勢いのあるメロスピで、
ストリングスオーケストラも目立っているがそれ以上にギターが細かいプレイを
放り込んでおり
主張が伝わってくるのう!ギターソロはポジティヴさのあるメロディアスな
プレイ
を披露しており一部でちょいとGALNERYUSっぽいフレーズもあるか!?4曲目は定番となっている
ブラックメタルチューン
で、早速のブラストで爆走を見せるもストリングスも聴け
シンフォニックブラックのスタイルを見せておる!デスVoもなかなかに野蛮な
吐き捨て
となっており禍々しさを見せているが、ちょい和風なピアノコーラスワークも顔を出すぞ。
5曲目は再びシンフォニックメタルに戻るがギタープレイが目立っておりAメロ等
意外にも正統派っぽいノリを見せているが、その後はデスVoも披露されアグレッシヴになり
サビは相当にソフトでマイルドなクリーンVoである。ギターソロは弾きまくりのプレイではあるが
メロディアスさもありネオクラシカルな側面も見せるぞ!6曲目はこれまた明るくも勇壮なクサさ
惜しげも無く放つシンフォニックメロスピだが、Aメロのリフ等どこかXっぽい感じもあり
サビは相当に高いキードラマティックに歌い上げ盛り上がるぞ!ギターソロもまたポジティヴな
メロディアスさ
がありどこか“Silent Jealousy”っぽいか!?(爆)7曲目は早速の禍々しさを
醸し出すイーヴルなブラックメタルチューン
で、ブラスト、絶叫と共に爆走しつつバックでは
壮大なオーケストレーションも登場!デスVoもシアトリカルさのある喚き絶叫
披露しており後半はノイジーなギター語りも聴けるのう・・・!ラストはクワイア風コーラスも登場だ!


いつになくギターオリエンテッドな仕上がりを見せていたり、シンフォニックメタルにも
デスVoを導入
していたりと新機軸も見られるが、基本的には従来通りのシンフォニック東方で
これまでのアルバムを愛聴してきたクサメタラー
であれば本作でも十分に楽しめよう!
東方アレンジではあるが近年の知らん曲ばかりなんで「またこのフレーズか・・・」みたいな
食傷気味の気分になる事も無いのがいいな(笑)。本作も捨て曲の無い高品質アルバムである!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"東方合体ゲンソウオー肆.伍式"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる企画カヴァーシングル。


シンフォニック東方シリーズで人気を博す実力派による企画プロジェクトのシングルで、
こっちのシリーズはシンフォニックメタル的な側面もあるんだがそれだけに留まらない
幅広い素養のアレンジを持ち味としており、
本作は3曲入りのシングルだが三者三様の
アレンジ
を見せておりJAM PROJECTライクなアニソンメタルの熱さを放っているぞ!

1曲目はオーケストラヒットコーラスを交えつつメロパワ的に疾走!部分的に
ハモンドが使われている辺りが東方合体ゲンソウオーらしい所で、ヴォーカルも
勇舞氏とみーや嬢、龍氏によるトリプルVoスタイル豪華な印象があるのう・・・!ギターソロも
勢いのあるシュレッド
熱さを見せているぞ!2曲目はチャーチオルガンで幕を開け荘厳な印象があるも、
その後はトランス系のシンセが顔を出しこのシリーズらしい、JAM PROJECT的な雰囲気を
強烈に発散しているぞ!
後半では雄々しい低音の男クワイアが聴けギターソロに突入!
3曲目は琴に尺八の音色が顔を出すも、そこまで和なコテコテさは無く基本は爆走しまくる
メロパワチューン
となっているのう・・・!ヴォーカルは龍氏オンリーで勢いのあるハイトーンで
熱く歌い上げており、
ギターソロもドラマティックさを見せているぞ!4曲目以降は本作収録曲の
ヴォーカル無しカラオケヴァージョン
である。


アルバムだとポップ寄りのハードロックも見られるが、本作は曲数の少ないシングルなんで
そう大きく印象の異なるアレンジは施されておらず、どの曲もJAM PROJECTに通じる
豪華で熱いアニソンメタルを下敷きとした大仰なメロディックパワーメタルとなっており
メタラー好みの仕上がりを見せているだろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 全部







"シンフォニック東方["




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる8thカヴァーアルバム。


IRON ATTACK!とのコラボレーション企画である5150 ATTACK!完全オリジナルのバンドJORMUNGAND
話題を呼んだ、同人シンフォニックメタルのビッグネームによる最新作である!もはや恒例、定番
通り越してマンネリの領域にあるシンフォニック東方だが、本作もマンネリ上等と言わんばかりの
不動、普遍の音楽性を見せており安定の仕上がりと言えるだろう・・・!前作は何気にちょくちょく
新機軸も見られた
んだが、本作は再び基本に立ち返った印象があるだろうか!?

1曲目はメロウなピアノと共に大仰なオーケストレーションが聴けるイントロで、続く2曲目は
ハイトーンVoと共に大仰さを放ち疾走!ギターはポジティヴな明るさを見せており分厚いクワイアと
共に聴けるサビ
もまた明るい感じだが、過去作と比べてよりヴォーカルのキーが上がっており
強引な勢いすら放たれておる!
3曲目はノイジーさのある出だしに続きこれまたシンフォニックな
大仰さ
を放ちつつ疾走!リフがメロパワ寄りの刻みを見せており、スウィープを交えたソロ
早速顔を出すがAメロは穏やかなヴォーカルアプローチだな。ギターソロもポジティヴな印象が
見られるメロディー重視のプレイ
である。ラストでギターをバックにまたやけに高いハイトーンVoが聴けるぞ!
4曲目は定番のブラックメタルアプローチな1曲で、早速のミシン的ブラストで爆走し禍々しい空気を発散!
ヴォーカルもブラックメタルスタイルのしわがれた吐き捨てシャウトである。5曲目はソフトさのある
クワイア
で始まりハイトーンVoも早速炸裂し勇壮さを放ちつつ疾走、この曲もポジティヴな印象が強く
ギターソロは結構クサいフレーズを披露しておる!6曲目は再びブラックメタルスタイルとなり禍々しく疾走!
ヴォーカルも妙に怪しげな呻きシャウトを見せシアトリカルな印象もあるだろうか!?中盤は穏やかさのある
シンフォニックパート
になるが禍々しさも残っているぞ。7曲目はピアノで始まり泣きのギターも聴けるバラードとなり
メロウさを発散、ギターソロも胸を締め付ける盛り上がりを見せてくれるのう・・・!ラストはまた相当に高い
ハイトーンVoを披露するぞ!
8曲目は再びポジティヴに疾走するシンフォニックなメロスピチューンとなり
サビがまたフックを放っているのう・・・!ギターソロが相当に強烈なクサメタル臭を発散しており
さらにエモーショナルな泣きも見せ構築美を感じさせてくれるぞ!


本作も過去作と大差無いポジティヴに疾走しまくるメロスピ色濃いシンフォニックメタル
メインにしつつ数曲でブラックメタルのアプローチを見せており安定の1枚になっているが、
本作から見られる要素
として過去作と比べて明らかにヴォーカルのキーが上がっており、
ただでさえハイトーンスタイルのヴォーカルより高音になっておる!まぁ無理をしている感も
あったりする
んだがここまで高い声で歌えるのは他に無い個性だろうか・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部







"Heavy Metal Touhou"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる9thカヴァーアルバム。


オリジナルバンドJORMUNGANDクサメタラー間で話題を呼んだ、実力派アレンジプロジェクトによる
最新アルバムは定番、恒例のシンフォニックアレンジから一転し、何とシンフォニック要素を廃し
王道のメロパワ、メロスピ
正統派HM/HR、果てはLAメタル、アメリカンHMライクなスタイルを
見せており脱マンネリの姿勢を打ち出し始めた感があるだろうか!?

1曲目は細かいギターリフ、シンセと共に疾走するメロパワ、メロスピチューンとなり、
リフの作り等どこかLIGHTNING、IRON ATTACK!に近い印象もあるがキラキラシンセも目立ち、
ヴォーカルはやはり細めのハイトーンである!ヤケクソな疾走感、明るさDRAGONFORCE
通じるがソロパートSONATA ARCTICAの“San Sebastian”みたいなシンセフレーズも聴けるぞ。
2曲目は正統派HM/HRらしさ漂うリフワークノリの良さを発散、ヴォーカルはやはりかなりの
ハイトーン
である。3曲目は穏やかなアコギ、Vo叙情的なリードギターが聴けるバラード系の楽曲で、
4曲目はLOUDNESSの“Crazy Night”を拝借した、力強さを放つミドルテンポ曲となり
5曲目はアメリカンHM、LAメタル要素の強いミドルチューンでGUNS N' ROSESインスパイア
部分が目立っているな・・・!6曲目は勢い溢れる軽快なファストチューンで、Aメロは
ヴォーカルのバックでデスVoも聴けリフはストロングさがあり、ギターソロは
RAINBOWでありそう
だろうか!?7曲目は2曲目のカラオケヴァージョンである。


非シンフォニックメタル王道路線のHM/HRをプレイしており、別企画の“東方合体ゲンソウオー”
通じる印象もあるがこっちはアニソンHMでは無くあくまでも正統派HM/HRなのが違いだろうか!?
共に活動していた経験からかIRON ATTACK!に通じる印象もあり興味深く聴けるが、やはりこの手の
リフ主体のストロングさが重視される正統派HM/HRだと音の軽さ、ヴォーカルの線の細さが
気になってくる
のも事実じゃのう・・・!勇舞氏のようなパワータイプのヴォーカル
やはりこういったタイプのHM/HRにはマッチするだろうな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 Shriek in Dawn  Scream and Shout
Darkest Moon







"東方合体ゲンソウオー伍式"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる5th企画カヴァーアルバム。


JORMUNGANDの2ndアルバム“Screaming Trance”と同時にリリースされた、カヴァーモノに
おける最新アルバム
で、普段一人でやってるシンフォニック東方と異なり、こっちの
“東方合体ゲンソウオー”シリーズは複数のシンガーをゲストで招き、音楽性もどちらかと
言ったらJAM PROJECTタイプアニソン色濃いハードロックとなっていた・・・のだが
アルバムを重ねる毎にオーソドックスなハードロックからメロパワ寄りになりつつあり
俺等好みの方向性に接近してくれているのも特徴である。本作も基本はJAM PROJECTな
アニソンメタル
ながらパワーメタル的な面もあり、JORMUNGANDと並んで良質な楽曲を
聴かせてくれるのう・・・!


1曲目はオリジナル曲のようで、早速のアニソン然とした熱いキャッチーなコーラスが聴け、
ポジティヴさ満点のギターも登場し穏やかさも見られるが、サビはまたキャッチーで
複数のシンガーが盛り上げてくれるのう・・・!
ギターソロもかなりメロディアスだな。
2曲目もまたポジティヴな明るさを醸し出す軽快な疾走曲で、ワイルドなリフも聴けつつ
やはりキャッチーさが強いな・・・!3曲目はシンセ、ハモンドヘヴィ寄りのリフが聴け疾走!
ピロピロギターのオブリも顔を出しテクニカルさもあり、JORMUNGANDの方向性に近いだろうか!?
ヴォーカルも同じみーや嬢だしな(笑)。ギターソロも弾きまくりな印象があり熱いぞ!4曲目は厳かな出だしから
アニソン色濃く相当にキャッチーなコーラスが登場しこれまた疾走!シンセも目立ち後半はオーオー言う
漢コーラス
も聴けるぞ!5曲目はワイルドさのあるギターシンセも乗りモダンなヘヴィさも見られるが、
サビは明るめだな。ギターソロがまた相当にクサく、クサメタラーのツボを突いておる!
6曲目はオーケストラヒット、クワイアと共に疾走しシンフォニック東方の流れを汲む
シンフォニックなメロスピとなるも、Aメロ以降で失速するのが惜しいな・・・!
サビはまたクサく爆走してくれるぞ!7曲目は女性Voで華やかさを放ちつつこれまた疾走!
コーラスも明るめ
シンセも目立ちAメロは穏やかな感じだが、サビは例の如く疾走し
シンガー全員参加コーラス
熱くもキャッチーなアニソン臭を強烈に放つぞ!


“東方合体ゲンソウオー”シリーズらしい、アニソン然とした熱さを感じさせてくれる
パワーメタル路線で、JORMUNGANDに通じる空気もあるがこっちは複数の男Voの影響で
硬派寄りな印象だな・・・!
タイトル通り未だにシーンに根付く東方なんだが、
それっぽさなんざ微塵も感じられず
普通にオリジナルみたいに聴けるのが好印象だな(笑)。
多数参加のゲストシンガーも皆いい仕事をしており豪華な印象も強いが、単純に曲の良さで
楽しめる良質な1枚
だと言えよう!正統派でもメロパワ、メロスピでもエクストリームメタルでも無い、
アニソンメタルと言うジャンルの中ではJORMUNGANDと共にトップクラスのクオリティーがあるだろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 瞼に火を灯せ  Burning Gain  ALIVE
ヒソウテンソク  Battle Field







"シンフォニック東方\"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる10thカヴァーアルバム。


ここ最近はオリジナルのバンドであるJORMUNGANDにも力を入れつつあるシンフォニックメタル系
ミュージシャン
による最新作で、前回は脱シンフォニックし、HM/HRとしてオーソドックスな
スタイル
を見せたりもしたんだが今回は再びシンフォニック東方である!そんなわけで
音楽的には安定の、メロパワ、メロスピ的疾走感にオーケストレーション、
分厚いクワイア、ハイトーンVo
を基本とし、一部ブラックメタルも聴けると言う
定番のスタイルとなっておるのう・・・!

1曲目は壮麗かつ大仰なオーケストレーションによるイントロで、2曲目はキラキラシンセ
交えつつリードギターと共に大仰に疾走!サビは爽快感がありメロスピ色濃い
ポジティヴさ
もあるか!?ゲームミュージック風のギターソロも印象的だな・・・!
3曲目はハイトーンVoで幕を開けこれまた疾走!サビもやはりポジティヴでメロスピらしく、
ハイトーンがかなり高音じゃのう!4曲目はキレのあるリフが聴けつつシリアスに疾走!
シンフォニックブラックのスタイル
を見せておりヴォーカルもそれ系のデスVoだな。
途中顔を出すピアノも冷たさを演出しているのう・・・!5曲目は過去の限定CD収録曲リメイクで、
高音ハイトーンVoで幕を開けリードギターも登場し疾走!スウィープを連発する
ギターソロ
雄々しいコーラスも聴き所だな。6曲目は大仰なオーケストラ、
クワイア
と共にシリアスさを演出し疾走、Voも抑え気味に歌っているがコーラスや
ギターソロパートは盛り上がり、他の曲とは異なる雰囲気があり聴き応えあるな・・・!
7曲目はシンフォブラックスタイルのファストチューンで、大仰さと共に禍々しさ
見られシンフォニックさも目立っているぞ。どこか勇壮な印象もありエピックブラック
質感もあるか!?8曲目はキラキラシンセも聴けつつポジティヴな明るさを放ち疾走、
ブリッジ以降では珍しいオペラティックな歌い回しも見られるのう・・・!ネオクラ要素漂う
ギターソロ前のキメフレーズ
がたまらんわい!


シンフォニック東方らしい、定番、安定のクオリティーを誇っておりメロスピ好き、
シンフォニックメタル好き
には今回も嬉しい仕上がりを見せており楽しめるわい!
マンネリと捉える向きもあるかも知れんが、JORMUNGAND東方合体ゲンソウオー、
それにかつての名盤である四季楽典を見るに龍氏は実際は幅広い楽曲を書ける
コンポーザー
なんで、本シリーズではあえてマンネリを楽しむのが吉だな。




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"百花繚乱"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによるシングル。


シンフォニック東方等で安定のクオリティーを見せつつ幅広い素養を持ち
評価されているハイトーンシンガー/ギタリスト/コンポーザーである龍氏の
最新シングルで、シンフォニック東方では意図的にマンネリなサウンド
我々クサメタラーを喜ばせてくれるが、別バンドのJORMUNGANDで見られるように
HM/HR以外のセンスも持ち合わせているだけに今回は何と完全に非メタルな、
ライトなJ-ROCKスタイルとなっておる!
ここで歌っているシンガーは
IRON ATTACK!のKira氏によるバンド、Bandit RevolverのKAMIKAZE-KID氏
新鮮な組み合わせとなっているだろうか!?

1曲目は一応はハードロック的なギターが聴けるも、楽曲自体は明るくキャッチーな
J-ROCK寄り
の印象があり、マイルドなVoも含めアニソン的な空気があるか!?
2曲目はデジタルシンセが聴ける和なムード漂う軽快なインストとなり、
3曲目は和楽器も交えつつ軽快な疾走感を放つキャッチーなハードロック寄りの
J-ROCK
となり、ギターソロは勢いがあるな・・・!4、5曲目はヴォーカル曲の
カラオケヴァージョン
である。


HM/HRでは無いライトなJ-ROCKではあるが、ギターはハードロック的なプレイ
キチンとソロもあり、演奏もヴォーカルもしっかりしているのでよくある
下手糞でクソつまらん軟弱オルタナ連中のような惨事にはならず、
硬派な音しか認めないようなメタラーで無ければ十分に楽しめるサウンドとなっているな・・・!
ある意味男VoになったJORMUNGANDと言えなくも無いが、やはり完全バンドサウンドで
テクニシャン揃い
のあっちと比べるとそこまで派手では無いだろうか!?
やはり俺はメタラーなんで、こういう曲ばかりになってしまうと厳しいが
たまにシングルで聴くには丁度良い塩梅だな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 百花繚乱







"saturations"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによるミニアルバム。


シンフォニック東方やかつての名盤“四季楽典”、最近ではJORMUNGANDでシーンに
確固たる立ち位置を築いた実力派プレイヤー、コンポーザー、龍氏による最新作は
僅か前にリリースされたシングル“百花繚乱”の流れを汲んだ作風となっており、
シンガーは再びBandit RevolverのKAMIKAZE-KID氏で、音楽的にも煌びやかで
シンフォニックなシンセ
が聴けつつもライト寄りの音作りで、HM/HRでは無く
質の高いJ-ROCKと言いたくなる方向性を向いているのう・・・!

1曲目はストリングス、ピアノにコーラス、ドラムがメロウかつ軽快なムードを演出、
派手ではあるが軽めのギター非HM/HRな質感を放ちJ-ROCK寄りな空気があるな・・・!
グロウル入りコーラスやギターソロはHM/HR寄りか!?2曲目もシンセが目立ち、J-ROCKと言うか
アニソン的な面がありグロウルも登場、3曲目はバラード的な面もあり穏やかさがあるぞ。
4曲目はシンセが派手さを出しつつ軽めのギターオルタナ、J-ROCK感を演出、男Vo
よりライトになったJORMUNGANDと言えそうか!?5曲目はより派手で勢いがあり、
グロウルも聴けベースソロも登場、ギターもハードさが出て来ただろうか!?
6曲目はポップ寄り穏やかでマイルドなソフト路線だな。


上記したよう“百花繚乱”と同スタイルの煌びやかな非HM/HRのJ-ROCK寄りサウンドだが、
あっちで見られた和の要素は無く鼻に付くチャラさが見られず、演奏もヴォーカルもハイレベルなんで
よくあるクソみてぇなオルタナ連中とは全てにおいて比べ物にならない程
高い水準にある
のはやはりHM/HRのプレイヤー、コンポーザーだからだろう・・・!
俺は勿論メタラーなんでこういうジャンルは門外漢だが、それでも昔はそれなりに
こういうJ-ROCKもつまみ食い程度に聴いてきたんで、たまに聴くには新鮮で良いな。
そこいらのカスバンド
が束になっても敵わないクオリティーの高さだしな(笑)。




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 geting on  激情サチュレーション
Let it Fire  Higher







"saturations volume2"




日本のシンフォニックメタルシンガー/ギタリストによる2ndミニアルバム。


女性VoJ-ROCK風HM/HRバンド、JORMUNGANDとしても活動するコンポーザーにして
シンガー/ギタリストである龍氏によるプロジェクトで、かつてはシンフォニックメタル
クサメタラーを喜ばせて来たんだが、近年は方向性を変え、以前のようにクサメタラーの
需要は無くなってしまったものの、様々な素養を持ったコンポーザーとしての地位を
確立したかのようである・・・!本作は過去2作“百花繚乱”、“saturations”
延長線上にある方向性を向いた1枚で、シンガーも同じなら音楽性も同じである。

1曲目は軽快なギターに始まるライトでありつつハードロック的な楽曲で、
サビでは野郎コーラスも顔を出しキャッチーさを演出、2曲目はいきなりの爆走で始まるが
メロスピと言うよりもメロコアに近い空気があり、エレクトロニカ音も顔を出し終始明るさが
漂っているな。3曲目はよりJ-ROCKに接近した感じでアニソン的なキャッチーさもあり、
ギターソロもJ-ROCKに近いプレイである。4曲目は穏やかな印象のある
キャッチーなバラード寄り
で、5曲目は今風シンセが暴れシンガロングが登場、
これまたJ-ROCKに近い勢い、ノリの良さがあり、ギターソロはHM/HR的である!
6曲目もまた勢いあるアップテンポチューンで、HM/HR的な印象もあるが
正統派には程遠いJ-ROCKでサビもまさしくそんな感じだな。7曲目はかなりソフトなVo、
アコギ
が聴ける穏やかなバラードだ。


かつてのシンフォニックメタル要素は消滅し、J-ROCK的な路線となっており
硬派なメタラーは好みに合わないだろうが、メロスピならぬメロコア的な
疾走チューン
もしかとあり、ギタープレイはHM/HR譲りのプレイが聴け
KAMIKAZE-KID氏によるVoも曲調にマッチしており、ジャパメタ臭を漂わせた
J-ROCKとしてはやけに巧いVo
という声質で歌い上げているのう・・・!
前作同様流石はHM/HRコンポーザー、ミュージシャンだけありそんじょそこいらの
下手糞センス無しオルタナ小僧どもとの格の違いを見せ付けてくれる1枚である!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 go go calling!!  directions







もどる


inserted by FC2 system