2012年ベスト






第1位  MINSTRELIX "TALES OF HISTORIA"




最強クサ神堂々の復活!オリジナルシンガーだったリオウ・フィガロ氏復帰により
持ち前の圧倒的クサさを見事に蘇らせた珠玉のテクニカルクサメロスピが我ら
クサメタラーを蹂躙する!民謡的な楽曲ポップ寄りの曲アクセントに挟みつつも
メインを張るのは芳醇極まりない劇的クサメロに彩られた疾走キラーチューンの数々!
あるべき姿で帰って来てくれた彼らに惜しみない賞賛を与えたい!



第1位 Veiled in Scarlet "IDEALISM"



まさかの1位2連続!悩んだ結果MINSTRELIXVeiled in Scarlet、どちらも甲乙つけ難く
このような順位になったが、最強激クサメロデスバンドSERPENT今この時代に再び
蘇った!
SERPENTで聴けたクラシカルなワルツ的クサメロを見事に踏襲したその徹底的
クサメロ姿勢
世のクサメタラーを窒息死させるに十分な破壊力を秘めておる!
安易にメタルコア、デジタル系シンセに走らないオールドスクールなメロデス要素
徹底しているのもまた頼もしい限りじゃ・・・!



第3位 Ceui "Labyrinthus"



非HM/HRのフィールドからまさかの超絶クサメロミュージシャン現る!アニメタイアップ曲こそ
イマイチなもののそれ以外の楽曲のクサさたるや近年稀に見るレベルで単純なメロだけなら
上の2組に決して引けをとってはいない!今後はくだらんタイアップなぞやめにして
本気でクッサイ楽曲のみを追求して頂きたいモンじゃて・・・!



第4位 CROSS VEIN "Birth of Romance"



国産フィメールVoクサメタル新たなる新星現る!世間じゃやれ嬢メタルがどうのだの
見てくれのセックスアピールだけのくだらんブームで湧いているが俺達はメタラーだ!
音楽に求めているのはセックスでは無い!クオリティーの高い楽曲なのだ!彼らCROSS VEIN
そんな売春婦メタルとは一線を画す、まさしく本物の実力派メタルバンドである!



第5位 DIABLO SWING ORCHESTRA "Pandora's Pinata"



ゴシックメタルスイングジャズミュージカル要素を大々的に取り入れる変態振りが
頼もしすぎるハイクオリティーキワモノバンド
だ!明るく楽しく、怪しくクサく、他に
類を見ない個性的極まりない音作りがインパクト抜群の実力派だがあまりにも変態過ぎて
国内盤と未だに無縁
悲しきバンドでもある(爆)。まぁ安い輸入盤のほうが有難いので(笑)
今後も我が道を貫き通して頂きたい
モンじゃ!



第6位 LUCA TURILLI'S RHAPSODY "Ascending To Infinity"



RHAPSODYを脱退したかつての名コンポーザーソロ名義で復活を遂げた!
バンド名変更後どうも微妙になっちまった感のある本家側を尻目にいち早く
かつての姿に戻り元祖フィルムスコアメタル、ハリウッドメタルの意地を見せてきた!
ボーナストラックのカヴァーも嬉しい1枚である!



第7位 -LostFairy- "不思議な少女のオペレッタ"



近年盛り上がりを見せまくっている同人クサフィメールゴシックの中でも特に
個人的にハマったのがこの1枚
である!形骸化も甚だしいこのジャンルだが
やはりクサさは特筆すべき美点よ!チェンバロストリングスクラシカルな
クサメロ
を放ちまくりまさかのエクストリームメタル要素まで導入!まさしく
現代に蘇ったMALICE MIZERが如し!



第8位 PHOENIX RISING "MMXII"



垢抜けなさ満点の舌っ足らずヴォーカルクサさ満点の楽曲がクサメタラーの間で
話題を呼んだ王道スパニッシュクサメタルバンドである!生のヴァイオリンや
聖歌風クワイア、キラキラチェンバロ
シンフォニックさを見せつつも基本は
クサメロ疾走メロスピスタイル!王道ながらもそれが良いのだ!



第9位 IRON ATTACK! "Star Dust"



東方アレンジ系ながら問答無用の硬派パワーメタル振りが最高に頼もしい
慟哭ギターの雄によるフルヴォーカルアルバムだ!LIGHTNINGでも強烈極まりない
パワフル過ぎるヴォーカル
で我々の度肝を抜いてくれた超・実力派シンガー
勇舞氏
がここでも凄まじ過ぎる熱唱を披露!もはや漢と言う他無い!



第10位 GALNERYUS "ANGEL OF SALVATION"



現代ジャパニーズメタルシーン最高峰の実力派バンドによる、初の15分越えの大作
良くも悪くもだが話題となった1枚である!正直同年リリースされたEP微妙も
いい所
だったがやはりフルアルバムでは期待を裏切る事は無い!本作もクッサクサの
疾走メロパワ
でありながらバカテク極まりないプログレッシヴな演奏スキル
これでもかと言う程連発!その一方でエモーショナル過ぎる泣きのギターにかけても超一流
言うのだからたまったものでは無いのう・・・!




以下、惜しくもベスト10には入らなかったものの俺の心に強い
インパクトを与えた傑作アルバム群





Resonecia "Gebet"、"Schuld"

THOUSAND LEAVES "IMMORTAL VENGEANCE"、"LUNATIC DAWN"

IRON ATTACK! "Deamon's seal〜魔界の封印〜"、"PAPER MOON"

LAMB OF GOD "Resolution"

摩天楼オペラ "Justice"

ELUVEITIE "Helvetios"

ANCIENT MYTH "Akashic"

NIOBETH "Silvery Moonbeams"

PARADISE LOST "Tragic Idol"

DRAGONFORCE "The Power Within"

GILDIA "Crimeneige -白吟の妖精-"

ASCENSION "Far Beyond The Stars"

IT BITES "Map of the Past"

VESPERIAN SORROW "Stormwinds of Ages"

SPAWN OF POSSESSION "Incurso"

PATHFINDER "Fifth Element"

HOLY KNIGHTS "Between Daylight And Pain"

HAMMER HORDE "Vinlander"

CRIMSON SHADOWS "Glory On The Battlefield"

ICARUS THE OWL "Love Always, Leviathan"

TK from 凛として時雨 "flowering"

THE AGONIST "Prisoners"

BETRAYING THE MARTYRS "Breathe In Life"

六弦アリス "六弦アリス 初期Best"

BLACK MESSIAH "The Final Journey"

SILENT DIFFERENCE "BELIAL"

TRACEDAWN "Lizard Dusk"

Kissing The Mirror "TOWARDS THE RISING"

NOXIOUS "The Remnants Of A Chaos"

ALHAMBRA "SIEGFRIED"

REGNUM CAELORUM ET GEHENNA "Dimersity 01:Meus Vitualamen Exertus Muto Vestri Universitas"

AGE OF ARTEMIS "Overcoming Limits"

Undead Corporation "一撃"

lynch. "INFERIORITY COMPLEX"

FOLLOWBANE "Ceremonia"

SOUND STORM "Immortalia"

Satanic a la mode "Iron Girls' Power E.P."

THY MAJESTIE "Shihuangdi"

AS I LAY DYING "Awakened"

ENSIFERUM "Unsung Heroes"

REIN XEED "Welcome to the Theater"

BETWEEN THE BURIED AND ME "Parallax II: Future Sequence"

BIG BIG TRAIN "English Electric Part One"

KERION "CloudRiders Part 1: Road To SkyCity"

Dragon Guardian "THE BEST OF DRAGON GUARDIAN SAGA"

BALFLARE "Downpour"

MYPROOF "Metal For Silent Fury"




あとがき


昨年のベストは海外バンドが上位となり半数が海外バンドだったが、2012年は何だかんだで
国産バンドの活躍が目立った1年
となった感があるな・・・!デス系にパンク、ハードコア、
オルタナにヴィジュアル系やプログレ等
幅広く聴いてはいるつもりだし、そんな中にも多々
良質バンド
に出会えたが年間ベストとなるとやはりクサメロ系で占められる辺り俺もまだ
クサメタラーなのだろう(爆)。
海外バンドは悪くは無いアルバムが多いものの全体的には
小粒な印象
があり、クサメタラー的視点だと国産バンドがクサさにかけては
上手だった印象のある1年だったか!?


そんな2012年だが個人的に憤っている事もあり、それは国産クサパンク、クサオルタナ勢
ことごとくセルアウトの毒牙にかかりつまらなくなってしまった事である!BIGMAMA、
ONE OK ROCK、Dirty Old Men
10-FEET、鴉と、藍坊主はまだコアさもあったが基本的に
クオリティーが低くどうにも物足りんわい!
安定しているのはGOOD 4 NOTHINGHAWAIIAN 6
言ったメロコア勢質が高いという訳では無いTHE BACK HORNくらいなモンか!?
惜しまれつつ解散してしまったVERSAILLESラストアルバムが微妙だったし、非HM/HR畑の
メジャーシーンは改めてクソである
という事を思い知らされた1年になっちまったわい!(爆)

個人的な出来事だとやはりまさかの人生初Web TV“ももてつNMカフェ”出演がデカかったのう・・・!
まぁ知っての通り(?)滑舌悪い上に早口なんで俺のパフォーマンスは正直アレだったかも知れんが
殆どトークの上手いIRON氏が喋ってくれたんで助かったわい(笑)。トーク、司会の出来ない
お笑い芸人
一発屋で終わっちまうのが世の常なんで俺はお笑いは出来んな(爆)。まぁそれはともかく、
マジでどうでもいい個人的な事言うと音楽関係の充実振りに反してプライベートは相当な
厄年
だったんだがまぁマジでどうでも良いのう!(爆)ちなみに2012年最高の映画
ラジニカーント主演の“ロボット”だったがこれもどうでも良いわい!今年はまさかの
“キック・アス”の続編
が気になるが2013年、今年もバリバリ音楽を聴きライヴに足を
運びたいと思う!
だがとりあえずOzzfestは行かなくてもいいな(爆)。
難波章浩MUCC(断じてムックでは無い!!!)で一体誰が喜ぶのであろうか!?






もどる


inserted by FC2 system