2009年ベスト






第1位 Dragon Guardian "DRAGONVARIUS"



越中詩郎アメトーークで人気者になったように、
ディスクユニオン爆発的な売り上げを記録する最強レベルの
クサメロ
を携えし超絶ファンタジックシンフォニックメタル!
知り合いだから褒めるわけではない!
そう思われるのが嫌で
むしろ彼らを上回るアルバムを必死で探したが結局見つからんかったわい!
BURRN!でもまさかの高評価!それに値する悶絶名盤なのだ・・・!



第2位 MINSTRELIX "Reflections"



かつてたった1曲ネット上に上げただけでマニアが
初めてTENGAというものを知ったオナニストが如く狂喜乱舞した
スーパークサクサ様式美テクニカルメタルバンドのリメイク盤だ!
前任者とは異なるタイプの女性ヴォーカルは賛否分かれ俺も
違和感を覚えつつ気付いたらハマっていた、そんな1枚である!



第3位 IRON ATTACK! "THUNDER CONCERT"



慟哭ギターの名手が80年代当時のイングヴェイを
今に再現するかのようにネオクラシカルなギタープレイ
前面に押し出した様式美の名盤ここに現る!我らメタル者にとって
フリフリがついたシャツと言えば南海キャンディーズのしずちゃんに非ず!
我らが王様、イングヴェイなのだ!!(爆)



第4位 Unlucky Morpheus "So That A Star Shines at Night Sky"



ポール・ギルバートに認められしギタリストという
肩書きももはや不要になりつつあるテクニカルプレイヤー
織り成す爆走の中に煌くポジティヴなクサクサ美旋律!
上手すぎるギタリスト
上手すぎる女性シンガーによる
高次なコラボの結果が本作だ!他にも同レベルの名盤
年内にリリースしたがあえて本作をプッシュしよう!



第5位 SKYWINGS "THE ADVENT MELODY"



まるでXのシンガーTOSHIの再来かと聴きまごうほどに
よく似た声質のヴォーカルが華麗なるメロスピを歌う!
時に明るくポジティヴに、時にドラマティックかつシリアスに、
叙情性に満ち満ちた日本人ならではのクサさが詰まった
デビュー作にして早くも名盤の登場だ!



第6位 DESTROY DESTROY DESTROY "Battle Sluts"



ここにきてようやく外タレである!(爆)年の頭に
いきなりリリースされたメタルコアながらも初期チルボド
通じるシンフォニックなクサクサメロデスをプレイする
テネシー州ナッシュヴィルからやってきた頼もしきメタルガイ!
いやー、メタルって、ホント、良いモノですねぇー。
それでは、
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ(笑)。



第7位 PAINTBOX "Trip,trance&travelling"



クサメタル系がランクを占める中唯一非クサメロの
ハードコアバンド
が登場だ!ここまでアーティスティックなハードコアは
非常に珍しくエモ、スクリーモでもポストロック、マスロック、
カオティックコア
でもない純然たるハードコアなのにこの
ドラマティックさ!めくるめく音の洪水!サウンドスケープ!
泣きまくりのギター!こんなバンドが存在していたとは・・・!



第8位 CELESTY "Vendetta"



デビュー作で話題となりつつもその後は尻すぼみ的に
存在感が薄れていった
フィンランドの若きメロスパーが
4作目にしてついに1stの衝撃を上回る!かなりマトモに
なってきたヴォーカル、エピック要素満点の大仰クサクサ
シンフォニックメタルサウンド
はかつての、全盛期の頃の
RHAPSODYDARK MOORを思わせるわい!この手のメタルは
日本にお株を奪われた感があるが本場ヨーロッパの
バンドだってまだまだ負けちゃいないぜ!



第9位 Hawaiian6 "BONDS"



元祖国産クサクサメロコアバンド待望の新譜は
やはりメタルには無いパンク、ハードコア特有の胸を焦がす
哀愁の激情
に満ち満ちており、初期衝動と洗練、激しさと美しき
クサクサ美メロ
という相反する要素を見事に内包する
一大ドラマティックパンク絵巻がこれでもかの勢いで展開される!
数多くの後続バンドが出てくる中流石の風格を漂わせておるのう・・・!



第10位 メリー "アンダーワールド"



ヴィジュアル畑から唯一のランクインは彼らメリー
最新アルバムと相成った!唯一無二の個性派シンガー、ガラ
エモーショナル極まるハスキーヴォイスがメタリックさ、
へヴィさこそ無いものの十分以上に荒々しく激しいアグレッシヴな
バンドサウンドとともに聴き手の喉笛を噛み切らんとする!
歌謡曲ばりのいい意味で甘ったるい芳醇なクサメロと激しさが
共存し後半に控えし15分の大作はまさに彼らの真骨頂!
ここまで個性的なバンドもそうはおらんだろう・・・!




以下、惜しくもベスト10には入らなかったものの俺の心に強い
インパクトを与えた傑作アルバム群


順不同、シングルは除外。



THE AGONIST "Lullabies for the Dormant Mind"

Asriel "QuoVadis"

Kissing The Mirror "Ill Vision 〜Locus of the Eastern Dream II〜"

梨丘いるま "Hollow Mellow"

CONVERGE "Axe to Fall"

LIV MOON "DOUBLE MOON"

BIGMAMA "and yet, it moves 〜正しい地球の廻し方〜"

Ether "wish"

THE BLACK DAHLIA MURDER "Deflorate"

Krik/Krak "黒い森"

ATREYU "Congregation of the Damned"

ENSIFERUM "From Afar"

MEGADETH "Endgame"

CROW`SCLAW "Blacker Than The Blackest Black"

BLACK MESSIAH "First War of the World"

地獄カルテット "この世の地獄物語"

ALESTORM "Black Sails at Midnight"

KILLSWITCH ENGAGE "Killswitch Engage"

FACT "FACT"

BLACKGUARD "Profugus Mortis"

AMBERIAN DAWN "The Clouds of Northland Thunder"

MARCHEN STATION "For The Sake Of God"

MiddleIsland "曝獣"

愛良良 "Mystery of the seven stars"

YAMAGEN'S DEVILELIET "Death Charge"

屍忌蛇 "TRIBUTE OF MASKED RIDER"

SADIE "MASTER OF ROMANCE"

六弦アリス "紅蓮の少女 〜その名を呼ぶは、死神なり〜"








あとがき


フハハハものの見事に日本のバンドばっかりじゃ!!(爆)
今年は日本のバンドが特に強かったと言うわけでは無いが
海外のバンドがどうにも煮えきらず・・・もちろん悪くはなく
良いアルバムは多かったがあともう一歩って所で国産バンドの
やりすぎで芳醇なクサさに及ばなかったし、非クサ系も俺を
心底驚かすインパクトがあとちょいの所で足りんかったのう・・・!
最近出てきたカオティックかつブルータルデスコア勢
好みなんだがやはり幾つも聴いてるとワンパターンなんで
どうしても飽きが来る
しなぁ・・・。まぁそういう訳で
2009年のベスト、国産バンドに偏っている点を除けば
例年以上にクサ系が多くを占めた、久々に実にクサメタラーらしい
結果
になっているのではなかろうか!?

そして個人的な部分でも今年は例年以上に熱く激しく
面白おかしく
そして壮絶な年に仕上がった感があり(!?)
M3コミックマーケットといった即売会イベントでは
毎回何かしらの企画にかかわりそしてついにやっちまったぜ
年の瀬に人生最大の悪ノリ、(アマチュア)漫画家デビュー!!(爆)
これまでの人生において俺は他人と比べて結構ムチャしてきた
思うが去年はやりすぎだな(笑)。他にも屍忌蛇先生の
TRIBUTE OF MASKED RIDERライヴ
後ハコの渋谷CYCLONE
打ち上げに参加したはいいが結局終電を逃しかろうじて
東京駅に着いたもののそこから3時間かけて歩いて帰ったり
カラオケでDir en grey歌いすぎてホイッスルヴォイスを習得したり
V-ROCK FESTIVAL汗一つかかずに過ごしたりその他モロモロ
いろいろな出来事が起こりこの1年あっという間じゃったわい!


さてゼロ年代も幕を降ろしついに時代は2010年!
地上波終了は2011年
地球崩壊は2012年か!!
まぁそれは置いといて(爆)、今年の抱負はやはり特に無い!
またいつも通りメタルを中心に良さげな音源かたっぱしから
漁っていく
予定じゃ!それとV-ROCK FESで思い知ったのだが
今年からは無闇無節操にライヴの予定入れずに心底行きたいと
思ったライヴのみ足を運ぶ
事にするかのう・・・!
不景気なんでな!(爆)そんなわけで今年も行くぜ!
メタルの海に、ピョ〜ン!!






もどる


inserted by FC2 system